コージー
コージー
京都市在住で、オーディオをはじめたばかりの新参者です。 6畳ほどの専用室でニアフィールドリスニングの究極形をめざして奮闘中です。気楽に音楽をと考え、エソテリックRZ-1とタンノイ・Precision…

マイルーム

よりよいニアフィールドリスニングをめざして
よりよいニアフィールドリスニングをめざして
邦楽・洋楽のヴォーカルものをよく聞きますので、それに特化しすぎた構成かもしれません。クラシックなども作業用に聴きますが。。。。
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

足元を強化

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月30日

いろいろな機器の変遷を経て、自分にとっての最善のシステムが固まってきましたので、オーディオラックなどの基盤固めに着手しました。

これまでは、赤松集成材を使ったオーダーメイドのラックを使用しておりましたが、機器が固まっていなかったため、棚の高さ調整ができる金属レール式を採用しておりました。40キロの耐荷重をもつステンレスレールなので、頑丈でしたが、やはり側板と密着していない分、ラックの揺れにつながりやすいので、振動に弱いのが気になっていました。部屋が狭いので、高めのラックを使うので余計そうなりますよね。

また、機器の下の板が何かによって音が全く違ってくる。オーディオボードをいろいろ試しまして、一番好印象だったティグロンのフラグシップTMB-300をアンプやプレーヤーの下に導入したところでしたから、ラックもティグロンと同じバーチを使うと効果的ではないかと思ったのです。
(ちなみにアンプやクリーン電源にはティグロンのTMB-300を使用しましたが、これはファントムアース効果で細かい音も拾うようになるので、クラシックには良く、逆にボーカルものはボーカルが背景音にうずもれてしまいました。上流に音のエッジを効かせ勢いを出すクリプトンのAB-HR5を使用するとボーカルもくっきりしてベストミックスとなりました)。

ティグロンのラックも検討しましたが、ティグロンのラックは背を高くするほど制振効果は薄れるとショップに言われ、断念・・・・。広い部屋なら横置きにするので、こんなに悩むことはないでしょう。。。。泣

そこで家具職人さんに依頼してオーダーで作成してもらうことにしました。製作思想としては
①狂いの少なさと音質面からバーチの無垢積層板を使用する。
②30ミリの極厚の板を使用し、耐荷重性と全体重量を上げ、制振性能を高める。
③ヤマハGTラック、MASTAZラック、山越木工房のバーチラックといった素晴らしいラック群と同じ、フラットな底面で床と密着させ、重量によって制振性能を発揮することにする。機器の多さと設置スペースの狭さから背が高くなるので、スパイクでは耐久性や安定度に不安があるから、GTラックの底面思想を採用したのです。
④木の響きと耐久性を兼ね備えるため、GTラックと同じくウレタンオープンポア仕上げとする。

完成したのがこちらです。


幅610ミリ、奥行500ミリのスペースに、ラックと機器の総重量300キロがかかりますので、制振性能も高く、びくともしません。棚板と側板は完全固定されていて、一切揺れません。機器の下には棚板30ミリとTMB-300の厚みが加わり、63ミリ厚のオーディオボードがあるも同然です。

音もよくなりました。非常にタイトな音になり、余計な付帯音が消えました。かといって声や楽器の余韻は消えることがない。ラックの構造や材質は非常に重要なんですね。赤松ラックの三倍の重さのラックになりましたが、音質は重量に比例する(笑)。

もちろん、広い部屋の方は別の方法と苦労があるのでしょうが、ニアフィールドの最高を目指す最適解を探すための苦労もこれはこれで楽しいものです。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. コージーさん
    初めまして!バズケロです。

    素晴らしいラックを用意されましたね!

    >音質は重量に比例する

    すごく共感いたします。
    低域や安定感にもろ効きますよね!
    ニアフィールドにはニアフィールドでしか出来ない世界があります。
    これからも思い切りオーディオと音楽を楽しみましょう!

    今後ともよろしくお願いします。

    では、では

    byバズケロ at2018-10-30 22:53

  2. バズケロさま

    レスありがとうございます!
    部屋が狭いので、ラックも既製品を買うことはできず、いろいろ吟味しないといけませんでしたが、それゆえの楽しさもありました。
    ルールのない野球がつまらないのと同じく、制約があるからこそ人は楽しめるのだ・・・と前向きに考えるようにしています(笑)。

    しかし、試行錯誤して知識や経験が増えてくると、仕方なしだったニアフィールドに、最近は、積極的な意義を感じるようになってきました。

    byコージー at2018-10-31 20:08

  3. コージーさん

     素晴らしい & カッコの良い ラックに変えられましたね (^_^)

    ぱっと見、以前(マイ・ルーム掲載)とアマリ変わりがありませんが 上辺りのゴチャゴチャ感が一掃されてスッキリとされていますね。 

     高さは1500mmくらいでしょうか?  もっとかな…? 

    ラック自体、各所のボード、そして価格だけではなく重量もヘビー級の機器たちですから、全体の重量はとんでもないことになっていますが・・・ やはり一抹の不安が (@_@)

     何らかの形で床と一体化させたいところですが(笑) ソレは無理でしょうから・・・  バンド等で最悪、前方には倒れない策を講じられた方が良いかと思いますよ。  私は他人様に言える立場ではありませんが(笑) アレでも多少は対策してますから (^_^)/

     高くそびえるラックを見て チョッと心配になりました 

    アコス・・・。

    byアコスの住人 at2018-11-01 07:38

  4. アコスの住人さま

    そうですねー、地震対策は考えないとなとは思います。
    京都は比較的地震が少ないし、自宅の地盤が堅固なので後回しにしておりました。この前の大阪都心の地震でも京都は震度4程度でした。

    実は購入時にエスカートの免震ボードSEISIS-C6555を敷こうかなと思いましたが、その250キロを誇る耐荷重性能をも上回る総重量なので断念しました。おかげでラックの制震性は高まりましたが。。。。

    byコージー at2018-11-01 12:35

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする