コージー
コージー
京都市在住で、オーディオをはじめたばかりの新参者です。 6畳ほどの専用室でニアフィールドリスニングの究極形をめざして奮闘中です。気楽に音楽をと考え、エソテリックRZ-1とタンノイ・Precision…

マイルーム

よりよいニアフィールドリスニングをめざして
よりよいニアフィールドリスニングをめざして
邦楽・洋楽のヴォーカルものをよく聞きますので、それに特化しすぎた構成かもしれません。クラシックなども作業用に聴きますが。。。。
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

リッピングの改善をめざす③

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年06月07日

サブシステムにネットワークプレーヤーを導入しました。
メインシステムはfidata xs20を使用しており、大変な高音質でして、モニターや余計なUSB端子などのノイズ源も徹底排除したストイックなモデルです。サブシステムは実験的な試みをしようとデラのN100を購入しました。これの兄貴分のN10は70万円という別電源仕様のド級ネットワークプレーヤーで、このN100を何とかN10やXS20に肉薄させたいと思い立ちました。

まずプラスチック製の脚を外して、クライナのT-propの三点支持に交換します。これでタオックの脚であるN10をインシュレーターでは超えたはずです(笑)。


XS20のようなSSDではないので、N100の如き回転系のHDDは振動対策が重要で、N10がタオックのインシュレーターを奢っているのはその点を熟知してでしょうから、脚交換は最優先です。

さらに電源ですね。私はシームレスに電源供給できる出川式がかなりデジタルに重要だと考えていますので、エーワイ電子にN100用電源を特注しました。SIC出川式は当然のこと、内部配線材やアダプターケーブルもPC-TripleC仕様にしてもらったり、私なりの音質改善のための拘りも反映していただき、良質な電源を供給します。もちろん、それだけでは全くダメで、光城DA-6の補正済み電圧一定のクリーンな電源を、IsoTek Sigmasのフィルターを通してノイズを徹底除去した後に、特注アダプターに流し込みます。



見た目だけはN10並みになりました。三分の一のコストなのにです(笑)。はっきり言って電源部はN10を遥かに凌駕しています。

さらにN100は無駄にUSB端子がありますから、アコリバのRUT-1で埋め、使わないLAN端子もRLT-1で埋めていきます。これがないとN100は外来ノイズでシャリついてしまいます。

さらに、デラに接続するLANケーブルはRLI-1GB-TripleCを入り口と出口のダブル使いでノイズカットします。選曲指示や楽曲情報をやりとりするだけで、音楽データそのものをやりとりしませんが、万全のLAN由来のノイズ対策をしておくに限ります。ルーターの電源もIFIの低ノイズアダプターを使用しました。

そして一番重要なのはN100とD-10XをつなぐUSBケーブルですが、はっきり言えば材質うんぬんよりもノイズ対策と「短さ」だと思います。これもいくつか試していますが、それは後日ご報告するとして、現時点ではクリプトンのUC-HRの50センチを使っています。

ハイレゾをダウンロードして聞いてみますと。。。。
XS20の8割ほどの音質にはなっていると思います。音のキレはよいし、響きや濃密さも非常に高い。2割の足りないところははっきり言えば実在感と言いましょうか、メインシステムのような、人が目の前で歌っているという感覚までは達しないところです。しかし、そうしたホログラフィックな音というのは、余韻まで含む細部に至るまで情報を引き出しつくして、それを寸分違わぬように正確に組み立てて出力しなくてはなりませんから、はっきり言えば、N100のみに帰せられるマイナスではないでしょう。システムの総合力が問われます。XS20は非常に繊細で、それに比すればN100は大味ですが濃密です。

しかし、非常に聞きやすくて、濃い音になったという点では、メインシステムとは異なる高音質を楽しめるので満足度は非常に高いです。メインシステムと同じ方向性ではサブの意味はない。聞きやすくて音が濃くて、それでいて細かい音も充分高度に再現してくれるというのはラックスマンの高品質なシステムの為せる業でしょう。手間はかかりますが、XS20の三分の一の投資で8割の音が出せればコスパは最高です。こういうハイエンドに肉薄しつつも手を出しやすい価格帯の製品が増えるとよいですね。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. コージーさん
    サブシステムも進化が止まりませんね!

    N100はコンパクトでコスパの良いNASと思いますが、DC電源なので、自分で電源対策できるので良いですね。これにインシュレーターや空き端子対策すれば、クオリティアップできるのが魅力です。

    エーワイは出川式電源を特注で作ってくれるので、私も検討したことがあります。筐体が大きくなるので、そのときは市販の電源にしましたが、値段の割にしっかりした作りで好感持てます。

    ハブとNucleusはいずれ出川式電源に交換したいと考えてます。

    byvanilla at2020-06-08 07:42

  2. コージーさん、こんにちは。

    サブシステム、いろいろやられていますね。メインと違う音作りもさぞかし楽しいことかと思います。

    コージーさんから以前お問い合わせのございました、ウェルフロート用の小型フルコンメカという物がようやくできて来ました。現在拙宅でA4サイズで検証中ですが、思わず笑ってしまう出音となりましたので、将来N100の下に使われてみるのも面白いかと思います。

    出川式電源もエーワイ電子の物で良いかと思いますが、いろいろな物がございますので、機会がございましたら他の出川式も試されてみるのも面白いかもしれませんね。

    振動対策や電源対策はとても奥が深いと思いますので、効果が上がるので病みつきになりますが沼にも入りやすくなりますので困ったものですね。(笑)

    byHarubaru at2020-06-08 12:15

  3. vanillaさま

    完成されたものを購入するのもよいですが、自らカスタマイズするのも楽しいですね。N100はコスパ良いので、おそらくネットワーク部を外部機器に委ねるLAN接続にするとN10との差はほぼなくなると思います。出川式は理論的にも出音的にもよいですよー!エソテリックもデジタル機器の一部に取り入れていますし。


    Harubaruさま

    ウェルフロートでは大変お世話になりました。実はリッピング機器の下に敷いておりますが、効果絶大です。回転系にはとくにプラスですね。機器そのものの振動抑制プラス、他機器への振動の伝播を防ぐのが素晴らしいです。

    byコージー at2020-06-08 23:02

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする