nk
nk
現在所持製品 ヘッドホン: audio-technica ATH-A700X,ATH-A2000X,ATH-ADX5000 bayerdynamic T1 2nd ヘッドホンアンプ…

マイルーム

HPシステム簡易図
HPシステム簡易図
現在の構成
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気にいられユーザー

日記

ついに来た! 交流安定化電源 その実力や如何に!? 後編

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年08月25日

さてさて、手持ちのラダー型ケーブルで何とか電源を取る事が出来たので
スイッチをONした所、無事電源が入りますが・・・

うるせぇ・・・

危惧していた部分の一つに動作時の騒音レベルです
冷却用のファンがついている事、トランスを内蔵しているとの事でしたが
取りあえずトランスより、とにかくファンが煩いですね
自分のPCにはGeforceGTX980tiの3連ファンがあるんですが
こいつの全快と大差ない音が出てます
ファンに関してはこちらは想定範囲で煩かったら交換しようと決めていました
後日変わりになるファンを取り付けようと思います
※分解や改造は危険ですのでマネしないでください
 勿論、メーカ保証も受けられなくなります

さて今度は電圧レベルを調整するんですが・・・
ボリュームノブ軽すぎますね・・・
とにかく、回し安すぎてちょっと当たると電圧レベルが変わります
案の定ちょっと手が当たって電圧が一機に下がって機器がフリーズ等
のトラブルがあり、一瞬背筋が凍りました
再起動後にとりあえず問題なく動いているので取りあえず一安心・・・

さて前置きが色々長すぎましたが、肝心の音質についてです
これも一筋縄では行かない事がわかりました
ラダー型ケーブルが一つない為、普段の構成と変わってしまい
代用としてJPA-15000をアンプ、またはDACに繋いでみるという構成に
なったのですが、何とも聴きなれていない音を聴くので
聴き比べてもあまり違いが分かりにくい状態です

今まで
PMC-540EZ→ラダーケーブル→DAC
U-1500ED→ラダーケーブル→アンプ

想定していた構成
JPA-15000→交流安定化電源
(100V)→ラダーケーブル→DAC
(100V)→U-1500ED→ラダーケーブル→アンプ

実際に今回試した構成
(ラダーケーブルが一本使えない為、どちらかがJPA-15000になる)
ラダーケーブル→交流安定化電源

パターン1
PMC-540EZ→JPA-15000orラダーケーブル→DAC
交流安定化電源(115V)→ラダーケーブルorJPA-15000→アンプ

パターン2
交流安定化電源(100V)→JPA-15000orラダーケーブル→DAC
U-1500ED→ラダーケーブルorJPA-15000→アンプ

前編に書いたように入力端子が端子台だった為、想定外の構成になり
アンプやDACにJPA-15000を一ついれるだけで音の傾向が変わるので
電源の効果かはたまたケーブルで変わったのか
混乱している状態になりました
さすがにJPA-15000の先端をぶった切って電源コードに使用とは思いませんでした
(必要ない場合は放流しようと思っていますので・・・)
取りあえず、電源用の電源コードを先ずは購入しないと音質を比べ難いと判断し
結局、またほぼお預け状態です

この後ふと思ったのですが、電源コードで音が変わるならクリーン電源で音が変わるというより前段の電源コードが増えた分で音変わってるんじゃないの?・・・
 一応、電源なしの状態と電源ありの状態で聞き比べて、大きな差を感じなかった事からの一つの疑問として浮かびました
 ただ、アンプの場合にトランスを使うよりも電源の方が若干モッサリ感が減ったかなという印象はありましたがプラシーボの可能性も否定できません
 様々な疑問を抱えたままですので、まともな環境を構築出来たら再度、リベンジを取らせて頂きます

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. nkさん、こんにちは

    この手の電源て、商用電源側と交流の位相がずれているので、感電しないように気をつけて下さいね。

    商用電源と出力側アース間で、25Vとか75V位かっている場合がありますので安易にアース接続すると危ないです。

    波形整形、電圧増減補正、雷などのサージ、瞬電対策ならUPSを使うという手もあります。10分ごとの最大最小、入出力電圧、使用電力などのログも自動的に取れます。

    https://www.apc.com/shop/jp/ja/products/APC-Smart-UPS-1500-LCD-100V/P-SMT1500J

    byねこ@2 at2018-08-28 02:32

  2. こんにちは、nkさん。

    業務用とは、予想外でした。
    外観は、見るからに業務用で頼もしいですね~
    あとは、肝心の音質ですけれども、その評価自体は、もう少し運用が定まってからのようですね。

    あと、余談ですが、ファンの音については、過去にボルトアンペア製のクリーン電源?であるGPC-Tを導入した際に、トランスの唸りが酷すぎて、そのまま押し入れの奥にしまい込んだ件を思い出しました。

    この時の出来事がトラウマとなったことから、うちでは「トランスが唸らない。」ことと、「ファンレスであること。」は、うちで導入するオーディオ機器の必須要件となっています。

    ・・・トランスが唸らないことを重視しすぎると、音質に悪影響があるという話もありますし、発熱する機器には空冷ファンを付けた方が安全性が高いのも間違いないことからすれば、この辺りの優先順位をどのように考えるかは悩ましいところですね。

    bykaku18 at2018-08-28 21:02

  3. >>ねこ@2さん どうも初めまして
    交流の位相のズレまでは考えていなかったですね・・・
    周波数設定があるくらいだから大丈夫と信じたいです
    アースについては気を付けます
    UPSに関しては波形歪率がわからなかったので視野に入れてませんでした

    >>kaku18さん
    ファンは本当に煩いです・・・
    かなり分解しないと外せそうにないので躊躇してます
    後、ファンのコネクタがPCパーツ系の物と違うので変換ピンか同系統のファンを探さないといけません
    ファン交換でなくても抵抗をかませばいいのかも知れませんが・・・
    ただ、音楽を聴いている時は聞こえませんので何とか我慢出来ている状態です
    次に電源買う時は間違いなくkojoのインバータ形式の物を買いますね
    まぁ今回のように試してみるのも楽しみの一つですので、失敗を苦にせず面白いものがあれば導入してみる次第です

    bynk at2018-08-28 23:06

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする