nk
nk
現在所持製品 ヘッドホン: audio-technica ATH-A700X,ATH-A2000X,ATH-ADX5000 bayerdynamic T1 2nd ヘッドホンアンプ…

マイルーム

HPシステム簡易図
HPシステム簡易図
現在の構成
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気にいられユーザー

日記

戯れ事 今後やってみたい事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月07日

電源ケーブルをBL型のラダーケーブル変更後、かなり満足出来ている状態ですが
まだ、出来そうな事、やり残しいるなぁと思う事をがいくつかあります

ジッター・ノイズ対策
何度も書いてますが一つはトランスポートとDAC間のジッター・ノイズ対策
DSDAC側の処理が優秀で中途半端に行っても結果が出なさそうなので
細かくするよりは一括で行いたいというのが現状であり
予算を考えると当分は手を付けたくない状態です

ヘッドホンリケーブル
ちょっと前に気がかりなって来たのはヘッドホンのリケーブルです
現在は純正バランスケーブルを使っていますが特に大きな不満はないんですが
DAC側への3本目のBL型ラダーケーブルを投入後にやってみたい思う事があります
自分の中で前から余計な物を排除して、DSDACの音を引き出した上で
何か欲しい物があれば手を加えようという事を考えていました
(ジッター対策は含まれんのかというツッコミはなしで・・・)
現在はDSDACが支配的になっており、正に特徴がそのまま出ている状態と考えています
 若干柔らかめでボーカルが近いかなぁと思う所がありますので、出来るのであればリケーブルにてこの辺りを微調整してみようかと考えています
少し硬質な音にし、音場を広くするかボーカルを半歩ぐらい下げる、それ以外は現状維持でいいというのが理想ですが、如何せんリケーブルの線材についてはレビューにて読んだ事があるくらいで、実際に作ってもらったりした事がなく、知識はほぼゼロなのでどういったものにしたらよいか全くわかりませんので、かなり難しい事になりそうですね・・・

トランスポート
 これもちょっと大掛かりになりそうなんですが、目的の大きくは音質向上というより、操作性の向上です
ベアボーン等の小型化をして、他の人よりちょっとひねくれて、なんちゃってネットワークオーディオと称して、タッチパネル機能付きのモバイルディスプレイを使ってみようと考えており、PCの利便性をそのままで操作性を向上させる目的とし、さらにはネットワーク設定等のめんどくさい作業をしなくてもよいので、ヘッドホンオーディオのみしかしない自分にはかなり有用だと考えていますが、構想だけで終わるかもしれませんがやってみたいことの一つです

再生ソフトウェア
 さて誰しもやっていて当たり前だと思うのですが
自分はfoobar2000を使っていますが特に特殊な事はしておりません
JPLAYを含め様々な音が良いと言われるプレイヤーがありますが
音質を求める者にしては今だに何もしていないのは怠慢かなと・・・
この辺は金額投資が大きくなく、時間を掛ければ出来る事なので
どこかでケリをつけないといけませんね

ステップアップトランス
 ふと考えてしまったのですが自分の使っているヘッドホンアンプV281は115V仕様の為、U-1500EDというステップアンプトランスを安定化電源の間にかましています、電源ケーブルをラダー型に統一しているのにこいつから出ている電源ケーブルは無造作に全く普通の黒い電源ケーブルというのも何か納得がいかない状態になって来てしまいました・・・さらにBL型ラダーケーブルを注文するか、通常の余ったラダーケーブルを使うが思案中です
 さらに考えてしまうのが、トランスを使うと音がモッサリし間延びするイメージが強く、安定化電源もトランスが入っており、さらにステップアップトランスという組み合わせは音に何かしら影響を与えている可能性は否めず色々考えてしまい、kojoのクリーン電源が魅力的に見えてしまいます
 一番の理想はkojoのようなトランスレスのクリーン電源にて100Vと115V両方同時に出力できるものが一番でしょうがそんなニッチなものはないですし、あってもアンプを変更できるぐらいの値段になりそうですね・・・
波形歪率を抑えたいというのがありますので電源タップ等では代用できる気がしません

こうやってみると自分の中では、トンデモない音をヘッドホンで聴いているなと思っているんですが色んなレビューや自分に出来そうな事を見るとまだまだ余力があり驚きですね・・・
別の所でも書きましたが自分は凄い音の基準を知らない為、自分が始めに聴いた音からのレベルでの比較になります
SoundBlasterシリーズやDA-100でATH-A2000Xを使って聴いていた音とは異次元の音が出てるのは実感しています(今更遅いですが自分が趣味に掛けた値段としても異次元過ぎですが・・・PCも総額では変わんないかも知れないですが使うまでの期間が短すぎ・・・)
自分の環境との比較としてではなく、興味としてハイエンド環境で「ヘッドホンでここまでの音が出せる」っていうのを一度は聴いてみたいですね
 そういえば昔からグラフィックカードも同じように追っかけて来た覚えがあり、買う買わないは別として最新の技術でここまで出来るのっていうのを見るのは好きで、ちょっと前にみたnvidiaのレイトレーシング技術によるデモは凄い事になってましたね
まぁ実ゲームでのフレームレートはまだまだ快適とはいえませんが二世代後ぐらいでは実用的になってるでしょうね
 話はそれましたが、音となると実際の機器を通した音を聴かないとわかりにくいのでそういう環境が近くにない事が惜しく感じました

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こんばんは。雪ひらです。先日はコメントありがとうございました。

    >>再生ソフト
    私もかつてはfoobar2000ユーザーでした。それは音質というよりはUIのカスタマイズ性を優先してのことですね。
    DeviantArt等の海外フォーラムにはスタイリッシュなskinが豊富にあります。
    ex.
    https://www.deviantart.com/extremehunter1972/art/CaTRoX-1-April-2014-368146015

    しかし2年前からJPLAYを使ってます。
    PCをネットワークオーディオトランスポートと捉えて、タブレットのBubbleUPnPで選曲する方法です。
    foobar2000のASIOドライバーにJPLAYを介入させる使い方もありますが、純粋なPCオーディオより音源をネットワーク経由させた方が「何故か」音は良いです。
    ただしPCオーディオよりもシステムは複雑化します。
    ルーターに接続したLANケーブルからオーディオ的な見方が出来てしまうので、気になる人は沼ですね。さっそく企業用のハブなんて買っちゃってますし。
    音源は今のところlacie製のUSB-HDDなんですが、NAS導入予定なのでさらにLANケーブルが増えて自ら沼に入っていきます(笑

    by雪ひら at2018-11-09 21:27

  2. 雪ひらさんどうもです

    skinのご紹介有難うございます
    自分はあまりskinはいじらないでリスト再生させるぐらいでしかfoobar2000を使ってないのでプレイヤーとして使い続ける選択はあまり意味がないですね
    とりあえずUSBDACを始めて使った時に標準プレイヤーより良いからというぐらいで使っており、新しく環境を変えるのが面倒で敬遠しているだけですね・・・
     ネットワーク経由の方がUSBよりノイズやジッターを受けにくいというような内容は見た事があり、解説も多少読んだ覚えがあります
     ネットワーク経由となると機器が増えて接点が増える、ケーブルと接続する機器、接続する機器の電源が増えるという悲しい連鎖が怖いです
     USB回りの音質解消が余りなかったという体験があるというのも大きな要因でどうしても転送間の所に投資を行う気持ちが中々わいてこない状態です
     自分は普段使いのPCをトランスポートとしているので必要最低限の構成のベアボーンにするだけでも大分変りそうです
     電源回りは逆に分かりやすいかったので躊躇なく投資していますが雪ひらさんのような振動対策は何もやってないも同然ですね
    この辺はラックを買ってから一機に行おうと考えています

    bynk at2018-11-10 00:08

  3. こんばんは。
    USB周りの投資に対してあまり改善が感じられなかったとすると、LANはさらに効果が小さいと予想されます。
    元々の伝送方式としてLANの方が優れているのだと思います。
    USBケーブルはかなり高めのグレードにしないと不満が出る(最低3万~)のですが、LANは5000円くらいのケーブルでもUSBほど癖が出ないし、音が薄くなりません。
    MERGING NADACがRavenna , SforzatoがDirettaを採用して、USBでなくLANでPCと接続することを選び、まだ普及度はともかく音質は高い評価を受けているようです。
    (私は古いマルチビットの音の方が好きなので、LAN DACは選択外となります)

    個人的な経験ではUSBケーブルの変化幅が一番大きくて、その次に電源ケーブルです。
    クリーン電源は未導入ですが、DACとHPAはJ1 Project . PC周りはkriptonのタップと分けています。kojoのDA-6あたりも良いかなぁと思ってますが、この場合クリーン電源に全ての電源を接続するのか、今までのように分けるのか、といった選択が出てきます。
    twitterのオーディオ界隈を見ていると「一緒に取ることの弊害の方が大きい」という認識のようです。

    by雪ひら at2018-11-10 20:47

  4. 雪ひらさん情報提供有難うございます

    USB周りに関しては、推測の域は出ませんが、DSDAC自体に各入力端子にジッターリデューサーを搭載し、内部に独自のカスタムクロックがある為、ある程度のレベルで対策が施されており、現状のUSBアクセサリ(iDeffeder3.0)とUSBケーブル(aim電子 UA03)を使用した程度では変化が少ないという事だと思います
    音質の変化幅を求める場合はI2SからDDC+OCXOクラスのクロックぐらいでないと変化は見込めないと考えています

    電源周りを分ける事に関してはDACとHPAを分ける事ぐらいしか
    考えていませんでしたね
    100VA程度のカスタム電源を2つ作成するか
    デジタル、アナログの分かれた電源タップを安定化電源に接続してそこから電源を取るという手段ですね
    安定化電源とケーブルのお陰で静寂さは初期とは比べ物にならない程上がったので、電源周りはDACのケーブルを追加したら一旦一休みですね

     最近では電源周りより、雪ひらさんが行っているタップ等への振動対策は全く手をつけていないので、そっちが気になっています

    bynk at2018-11-11 14:47

  5. こんばんは。
    振動対策ですが、ラックのスパイク受け(SilentMount)を例外として金属系のインシュレーターを機器に試してみてどれも個人的に好ましい方向へ作用しなかった経験があります。(Kripton IS-HR50等)
    転機が訪れたのはブラックラビオリとの出会いです。これは金属系インシュレーターによくある高域のピーク点が皆無で、重心の下がった安定感のある低域となります。私が購入したのは先代モデルの中古なので、現行品はもっと良くなっているかもしれません。
    4個セット×2を入手して、まずHPAに敷こうと思ったら高さが足りなかったんです。それでDACに3点支持、電源タップ2台は横長なので2個ずつの配置となりました。手で揺すればゆらゆらするんですが、あまり気にしないことにしています(私は結構適当なんですよ。。。)
    余った1個は、何とPioneerのリッピングドライブです(笑
    リッピング時の動作音は接地面から伝わる振動が軽減されたのか、だいぶ静かになりましたが、これによる音質の違いを真剣に考えてしまうと手持ちの音源の再リッピングを。。。?という流れになってしまうので、思考停止です。

    by雪ひら at2018-11-11 20:41

  6. 雪ひらさんこんばんわ

     振動対策による効果はどのようなものになるかは自分にはまだ未知数なので何とも言えませんが、振動を抑える事によって音のボワつきを減らしてみようという事が主題になりそうです
     ラックも決まっていない状態でのただのイメージですが金属系のスパイク型にするのが良いのかなと考えています

     改めて雪ひらさんの環境を見るとDACやアンプへの投資と同じぐらい細かい足回りに結構気を使っていますね
    自分はどうしても、足回りに使うものへの影響度が未知数と感じる為に後回しになったり予算をケチってしまう方向へ行きがちです
    はじめに出会う物の印象次第になりそうですね

    bynk at2018-11-11 21:42

  7. こんばんは。

    DSDACでヘッドホンシステムですか。以前DSDAC使ってたときは脚元で結構変わりましたので、硬質に引き締めたいのであればその辺で調整すると良いかも知れません。

    私の場合は純正の足を外して、某ショップ製のアルミ製の脚に換装していました。どんな置き方をされてるのか分かりませんが、金属・非金属・木材など色々試すと面白いと思います。

    ラダーは電源ケーブルとSPケーブルを前から使ってるのでなんとなく想像は付きますが、好みもあるので貸出視聴なんかも含めて色々試すのが一番ですね。


    そういえば「ヘッドホンでここまでの音が出せる」というお話、私はもうヘッドホンから離れて久しいので大したことは言えませんが、ある場所で聴いたdCSのBartokで聴くヘッドホンはなかなか良かったと思います。もうすぐ日本でも聴けるようになるはずなので、機会があれば聴いてみてはいかがでしょう。

    byQ at2018-11-14 22:54

  8. Qさん こんばんわ

     DSDACの音が割と柔らかく優しい音なのであえて他の機材をモニター調して、歪を減らすためにラダーケーブルにする事によって丁度良い加減の音にする事を考えていました
    大体予想通りの音になったのですが、まだ若干調整したいなという所で今回、久々のFWアップデートがあったので試してみると、今回のSnowmassの音は自分にはドンピシャでしたね
    音場が少し広く感じ、立体感も増したのにボワつきが減ってスッキリした音になっていました

    Bartokの値段が桁外れですね・・・
    自分には一生縁がないDACだと思いますがそういう音を知る事も楽しそうですね

     

    bynk at2018-11-15 22:32

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする