makkoro
makkoro

マイルーム

オーディオシステム
オーディオシステム
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / ~2ch
現在のシステム: CDP:CHORD Blu MkII DAC:CHORD DAVE Pre Amp:EAR 912 Power Amp:Accuphase A70×2(BTL) …
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

ステレオアンプのブリッジ接続かフラッグシップのモノブロックか

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月10日

現在愛用しているメインアンプAccuphase A-70も、その後継機A-75の登場によって過去の製品となってしまった。現在A-70を使っていて特に不満はないが、後継機A-75やフラッグシップのモノブロックA-250が気にならないと言えば嘘になる。
そこで今回改めてA-70 ブリッジ接続の効果を検証してみた。プリアンプはEAR 912、スピーカーはSonus Faber Stradivari Homage。
まずはA-70一台でジャズを聴いてみた。パワー不足でスピーカーをドライブし切れていないという印象はなく、普通にジャズを鑑賞できた。
次にA-70 ブリッジ接続で同じ曲を同じボリュームで鳴らしてみた。一台で聴いた時とは一聴して明らかに鳴り方が違う。ドラムやピアノのアタック音が強くなり、ベースもブンブン鳴り、躍動感、スケール感も増し、楽器の音が飛び出してくるかのようで、実にエネルギッシュな鳴り方である。ブリッジの弊害を語る人もいるが、アキュフェーズのアンプはS/Nが良いので、ノイズの増加は聴感上は感じられず、ダンピングファクターの低下も、圧倒的なパワーアップの余裕がそれを上回った。LUXMANのアンプでブリッジの効果を検証された記事と同様の印象である。
(http://community.phileweb.com/mypage/entry/2512/20120708/)
再度A-70一台に戻してみると、最初の印象とは異なり平面的で迫力の無い鳴り方に聴こえてしまった。ブリッジを聴かなければ、特に不満はなかったのに…。今回ブリッジ接続の効果を再確認することができた。病み付きになるような力感・躍動感である。A級ステレオアンプ一台にはもう戻れない。
今回の検証で、A-75一台に買い替える選択肢は無くなった。残るはA-75ブリッジかA-250への買い替えである。A-70ブリッジ→A-75ブリッジは、良くなることはあっても、悪化することはないだろう。ただ、コストに見合うだけの変化があるか否か。
A-250はA-70よりも一台当たりの物量投資が優り、S/N・スケール感ともにA70二台を凌駕すると、あるオーディオ通の方から助言を頂いた。確かに普通に考えてフラッグシップのモノブロック最新製品が劣る訳がない。ただ捨て切れないのは、A-70ブリッジで再確認した力感・躍動感である。A250は100W/ch、ダンピングファクター1000、A-70 BTLは理論上は240W/ch、ダンピングファクター 400。出力の違いとダンピングファクターの違いが、鳴り方の違いとして一体どのように表れるのであろうか? メーカーに問い合わせてみたところ(A-250とA-75 BTLの比較ということで)、好みの問題もあり難しい質問なので比較試聴して欲しいとの回答。絶対に買い替えるなら比較試聴をお願いするが、場合によっては今回は見送る可能性もあり、申し訳なくてそう簡単に試聴をお願いできない。
そこで、皆さまにご意見を頂戴できれば幸いです。

次回の日記→

←前回の記事

レス一覧

  1. サービスとしてあるんですから
    お借りしてもいいんじゃないでしょうか。

    仮にお借りして購入しなくても、
    真摯に感想を伝えるだけでも意味がありますし
    ここでレビューを書けば十分貢献になると思いますよ。

    byHermitage at2018-10-10 18:39

  2. Hermitage様

    レスありがとうございます。
    そう言っていただけると、敷居が下がる思いです。
    いっそのことレンタル料を払う仕組みだと、
    もっと気軽に利用できるんですけどね…。

    bymakkoro at2018-10-10 20:40

  3. makkoroさん

     A60に未だにしがみ付いている(笑) アコスの住人と申します。  よろしくお願い致します・・。


     私も 1台の使用と 2台の使用(BTL)での違いは 同様に感じています。  A60を新品(一台は中古)で買えた時代ですから 随分前の話になりますが・・・

     今の部屋を造り スピーカーはB&WのNautilus801の時代ですね。 プリは・・・ No38Lだったかな?  A60の購入動機は不純で(笑) 「A級を使ってみたかった」 「Accuphaseを使ってみたかった」と言うだけですね。  前の家ではMC7300×2(BTL仕様にして)を使っていましたが 上手く引き取り手が見つかったので 素早くドナドナ! 数か月は手持ちのパワーアンプ(POA3000ZR)で鳴らしていました。 そのうち 新築の話が持ち上がりまして アンプどころじゃなくなったんですが(笑) 約9ヶ月にも及ぶ建築中にはアンプの選択もアーダコーダとしておりました。 

     私は元々 大きな音での再生が好きなものですから MC7300も 途中から2台にしBTLとして使っていました。 MC7300も使用期間は長く 先代のスピーカーである4344からの継続でした。

     家(部屋)が出来上がり しばらくはPOA3000ZRで鳴らしてましたが、さすがに我慢の限界で(笑) A60の中古が出てたので「エイヤァ!」で購入。 ステレオ(1台使用)で鳴らしていたのだが さすがに無理と判断!(部屋も8畳から20畳へとアップしてた) 急遽2台目を購入。 

     Nautilus801はバイワイヤリングが出来るので・・ 2台のA60を使うと ① BTLで片ch240w(8Ω)として使うシングル接続か、② 50w+50wのままバイアンプバイワイヤリングとして使うかの、2者が選択出来ました。  試聴の結果 選んだのは前者のBTL。 50+50で高低をバイアンプでは どうやら破綻して仕舞うようでした。  その後、幾度かこの接続を試しましたが 結果は同じでした。


    長くなりそうなので 次に続きます。

    byアコスの住人 at2018-10-10 21:06

  4. アコスの住人様

    レスありがとうございます。
    BTL支持派のご意見、嬉しく存じます。
    私の前SP B&W 803Diamondでは、左右バイアンプが最も好ましく感じましたが、左右バイアンプも試されましたでしょうか?

    bymakkoro at2018-10-10 21:22

  5. こんばんは。

    好みもあるのでBTLかモノラルか微妙なところですが、Accuphaseの良いところは自宅試聴が可能なこと。遠慮無用でお願いしちゃいましょ~

    かく云う当方もだいたい自宅試聴で後戻りできなくなって購入してしまうことが多いです、、、(笑)

    byゴンザエモン at2018-10-10 21:40

  6. つづき・・・

     今年に入り 運命の出会いで(笑)4365を購入。 それも2セット! 1セットでは買っていなかった(笑)

     問題は。。 どう鳴らす? どう駆動する?でした。  A60はステレオアンプですから A60が1台で、2台のスピーカーが鳴らせます(当たり前ですね(笑))  プリから2本のプリアウトで接続すれば可能です・・アンバランス出力ですが(プリの事情による)   ところがA60には 「DUAL MONO」と言う仕様がある。 1本の接続で左右に振り分ける機能です。 4365は重ねてあるのですが(笑) これで上の4365、下の4365を それぞれ50wで駆動してる事になります。 

     最初はね 「どうかな~?」 「大丈夫かな~~?」と思っていたのですが 単純にスピーカーが倍になってる事で 大きな不足は感じていません。  時にはヴォリュームを90%まで開けていますが(笑)   当初は アンプも行っちゃえ!(買っちゃえ!)と思っていましたが 今後の事を考えて自重しました(爆) 


     それで本題ですね・・・  借りられるものは借りていいんじゃないの? アキュフェーズは認定店でしか店頭販売は許していませんから 懇意にしてるショップが認定店なら 貸し出しの要望は受けてくれますよね。  購入の意思有無は 店とmakkoroさんとの信頼関係でしょうが。。(笑) 

     私は Stradivari Homage とは趣味趣向が違うであろう!ですから どちらが良いかは分かりません。 面白いのはA250の方だと思いますがね。 

     私は パワーアンプの更新はマダマダ先になりそうですが 今だったらmcinに戻ってみたいですね。 MC452あたりが狙い目なのですが・・・ アキュの様な便利な機能は無いので プリの変更もか? とハードルがどんどん上がっています(笑) と言う事で まだまだ先送りです・・ (^^♪ (^^♪ (^^♪ 


     ** 追伸 

    素晴らしい機器たちと お部屋。  見せて く・だ・さ・い・ネ。

    byアコスの住人 at2018-10-10 21:41

  7. ゴンザエモン様

    レスありがとうございます。
    自宅試聴すると、やはり購入に至る率が高いのですね〜。
    圧倒的な差を実感して購入に至るのなら、それでよいのですがねぇ…。

    bymakkoro at2018-10-10 21:49

  8. アコスの住人様

    つづきレスありがとうございます。
    JBLにMcIntoshはいかにもマッチしそうですね!
    A-250に軍配との予想ですか〜、やはりそれが順当な序列ですよねぇ…。

    bymakkoro at2018-10-10 22:08

  9. 左右バイアンプ・・・

     makkoroさんへ

    今、左右バイアンプ・・・ 違いますね。  ん? なのかな? (^_^;)

     JBLは バイワイヤリングを推奨してるが、今はシングル接続。  なんちゃってバイワイヤリング接続も、スピーカーケーブルの関係で無理です ('_')  

     本当は 下段の4365をAアンプ(ステレオ仕様)鳴らし、上段の4365はBアンプで鳴らす方がリスクは少ないですね。  今は左右を違うアンプで鳴らしてる事になっているので、製品のバラツキがアルとNGですよね。  

     まぁー Accuphaseですから、その辺の信頼度は高いんですがね (笑)   

    byアコスの住人 at2018-10-10 22:47

  10. アコスの住人様

    以前Nautilus 801をA-60二台で上下バイアンプを試されたとありましたが、私の意図した左右バイアンプとは、一対のSPの左右それぞれにA-60を一台ずつ割り当てて、それぞれの高域・低域をdual monoで鳴らすという意味です。説明が下手でスミマセン。

    bymakkoro at2018-10-10 23:14

  11. makkoroさん、こんにちは。

    もしかして初めての投稿ですかね。

    このテーマは大変興味があります。
    私も、一番の早道は自宅試聴で自分の耳で判断することだと思います。

    おそらくアキュフェーズ社もTIASの準備や各地のイベント対応で忙しい時期だと思います。
    行きつけのオーディオショップ(特になければ、アキュフェーズ販売実績の豊富なオーディオU社、オーディオに関する高度なノウハウをもつ販売員が多く最近取り扱いを始めたDオーディオ社、お近くのオーディオS社などがオススメですね。ここにはかけないこと含め、直接お話ししますね)経由で相談されると良いと思います。

    by中年組の高倉健 at2018-10-11 07:34

  12. makkoroさん
    はじめまして

    私はA75でブリッジ、バイアンプ接続のバリエーションを楽しむも魅力的でしたが、発売まで待ち切れず、A250と他の海外製モノラルアンプ5機種を試聴(ショップでの試聴です)し、コスパと安心感からA250にしました。
    A75との比較試聴はしておらず参考にならず、申し訳無いのですが、次のスピーカーはソナスも視野に入れており、上流が同じCHORDなのでmakkoroさんの動向が気になります。

    ところで、プリをアキュからAERに変更した意図と違いを報告頂けると嬉しいです。

    byvanilla at2018-10-11 08:32

  13. 中年組の高倉健様

    レスありがとうございます。
    やはり「自分の耳で試聴する」ですね。
    「ここには書けない話」を楽しみにしております。

    bymakkoro at2018-10-11 11:31

  14. vanilla様

    レスありがとうございます。
    A-250を既にお持ちなのですね、羨ましいです…。プリアンプについてですが、以前はC3800を使っておりましたが、低域の解像度にやや不満を抱いておりました。しかしそのような声は全く聞いたことがなかったので、モデルチェンジを機に、他社製品に目を向けることにしました。C3850は試聴しておりませんので、C3800との比較になりますが、EAR 912は非常に解像度が高く、複数の楽器の音が重なっても、各楽器の音が明瞭に聞き分けられます。それでいて決して分析的ではなく、音楽を楽しく聴かせてくれます。管球の程よい響きも加わり、生演奏よりも生っぽいとでも言いましょうか、音楽を心地よく聴かせてくれます。

    bymakkoro at2018-10-11 13:10

  15. makkoroさん

    ご丁寧に回答頂きありがとうございます。
    皆さんのアドバイスにあるように是非比較試聴して報告お願いします。

    byvanilla at2018-10-11 19:38

  16. makkoroさん

      たびたびスミマセン。

    バイアンプ接続の件 ワザワザのご報告ありがとうございました。 N801の時には、それも試したことがありました。 ただ、私の聴く音量だと 60+60wでよりセパレート駆動より、BTL240wでなんちゃってバイワイヤリング接続の方が向いていたんですよね !(^^)! 

    その時のアンプの数値は1000を超える事もしばしば・・ だがうるさくない! バイアンプだと雑味が載ってしまいNGでした。

     それで 理屈上では鳴らせる 2台のステレオパワーアンプと4台のスピーカー。  心配はしていたものの・・ その危惧はなくなりました。 数値はせいぜい100w。 最近はもう少し上がっていますが(笑)  この小出力でも元気いっぱい鳴っていますので。  プリのヴォリュームは全開に近いですがね !(^^)!

     試聴できるチャンスがあれば、是非自宅で試しましょう! 試聴もせず買った私には説得力はありませんが(笑) 「思ったのと違う!」はよくある話ですし、投資(出費)に見合った買い物かの判定もしないとネ。  まぁー 未だに60を使ってる者には これまた説得力に欠けますが(爆)

    アコス・・・。

    byアコスの住人 at2018-10-12 09:38

  17. アコスの住人様

    二対のスピーカーでフルボリュームですか、凄過ぎです!
    「A-60の緩やかで量感たっぷりの低域の方が好き」という方もおられるので、必ずしも新しい機種の方が優れているとは限らないと思いますよ。

    makkoro

    bymakkoro at2018-10-12 10:24

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする