きょぼ太郎
きょぼ太郎
往年の機器に自作HTPCと自作のUSB-DACとを組合せ、音楽、映画を楽しんでます。 スピーカー:Infinity Kappa 6.2i CDプレーヤ:SONY CDP-XA7ES

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

お気にいられユーザー

日記

USBオーディオ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月13日

DIYオーディオを楽しんでます。備忘録として日記の記載をして参ります。

数年前、aliexpress通販で買ったCM6631A搭載のUSB/I2SコンバータモジュールとMI-TAKE基板(PCM1792&制御基板)を基に自作DACを組んでみました。


CM6631AはPCMフォーマットしか対応できないのですが、同じI2S出力でもAmanero Combo384より出音が良く、オカルトでした。
C-MEDIA CA6631A(USB - I2S基板) の波形確認例です。 水色波形 MCLK、黄色波形 BCK (fs 88.2KHz) 比較的ジッターは少な目!? 1:10プローブ



MI-TAKE基板ではPC側とアイソレートできる様、アイソレータIC ISO7640がはいってます。それを通した時のCM6631AのI2S波形。1:10プローブ  CM6631AのI2S生出力より、確実にジッターは増えている様です。(動画が撮れず残念。)
fs 88.2KHz MCLK 22.5792MHz BCK 5.64483MHz


更なる音質改善の為、いろいろ模索をして参ります。

次回の日記→

←前回の記事

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする