きょぼ太郎
きょぼ太郎
往年の機器に自作HTPCと自作のUSB-DACとを組合せ、音楽、映画を楽しんでます。 スピーカー:Infinity Kappa 6.2i CDプレーヤ:SONY CDP-XA7ES

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

お気にいられユーザー

日記

USBオーディオ(4)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月11日

自作DACのMCLK等の測定波形が妙に汚いので、元の波形が悪いのか?測定方法が悪いのか?と悩んでいたところ、下記URL記事を見つけました。

https://www.analog.com/jp/education/landing-pages/003/jp-web-lab/tnj-027.html

「ADuM4402CRIZの80Mbps伝送をインテグリティ高い測定で観測してみる」

こういうノウハウをタダで公開してくれてアリガタやアリガタや
流石アナデバ様・・・
高周波を適当にパッシブプローブで測定すると波形はガタガタになる様で、早速、我が家のオシロでインテグリティを高めた測定!? とやらで測定してみました。
また、USBオーディオ(3)で実践のLDOの効果があるのか?ないのか?

手持ちの200M帯域の中華オシロにはオシロ側で50Ω終端が出来ないので、(オシロ側の)同軸ケーブル根本になんちゃって終端抵抗を付け、MCLKにダンピング抵抗 50Ωを付け、 470Ωを噛まし、受け側で1:10「Z0プローブ」!?ちょっとマシになった様です。

CM6631A fs 88.2KHz時のMCLK出力 22.5792MHz


CM6631A fs 96KHz時のMCLK出力 24.576MHz  波形の微振動・揺らぎは96KHz系の方が明らかに大きい!?様です 水晶発振モジュールの49.152MHz個体差か?


おまけ CM6631A ⇒ mi-take制御基板改 ISO7640 ⇒ 74HCT245を通した波形 fs=88.2KHz系


CM6631A ⇒ mi-take制御基板改 ISO7640 ⇒ 74HCT245を通した波形 fs=96KHz系


<まとめ>
ダンピング抵抗がかなり適当でしたが、「Z0プローブ」式測定は一応は効果がある様です。LDOの追加効果は本格的なスペアナ等が無いと定量的な確認ができない様でした。
CM6631A ⇒ ISO7640 ⇒ 74HCT245を通した波形を観る限り、元波形の品位が支配的で、伝送線路内の整合が重要の様です。

引き続き模索(迷走?)を続けます。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. きょぼ太郎さん、こんにちは!

    とても面白い内容ですね〜。
    フェライトビーズをかました場合に、波形がどうなるのか知りたいので是非試して頂けなでしょうか?
    LDOですが、3.4Vとか7.2Vの電源が欲しいので0.1V単位で設定ができる物を買いました。
    設置まではまだたどり着けていないです。(汗)
    オシロスコープを欲しい欲しいと思いながら買ってないのですが、本格的に欲しくなってきました。

    byCENYA at2018-12-15 11:25

  2. ファインメットビーズを書き忘れてました。
    ファインメットビーズのテストを是非!

    byCENYA at2018-12-15 11:26

  3. CENYAさん、毎度どうもです。私もローノイズのLDOを仕入れました。試行錯誤しながらも試しております。
    ファインメットも今度仕入れてみますが、単純にインダクタンスに置き換えた伝送波形はLtspiceでもシミュレーションできそうです。
    透磁率が高い≒通すだけでそこそこの値のインダクタンス成分を持つ様なので、伝送特性が激変するのも当然でしょう。。
    鉄損が少ないので、トランスとか大電流用途のコモンモードチョークとかに向いていそうですね。

    byきょぼ太郎 at2018-12-17 21:42

  4. はじめまして、しゅんかんといいます。
    ファインメットは高い周波数にはあまり効果はでません。
    インダクタンスは100KHz以上で激減してます。
    可聴領域では高いインダクタンスが得られるので、大電流低周波数向けコモンモードチョークに向いてると思います。
    DCオフセットに弱いという問題点がありますけど…

    byしゅんかん at2018-12-22 04:16

  5. こんばんは、しゅんかんさん。
    貴重な情報有難うございます。まだまだ磁性材料は進化し続けると思いますが、自分の気に入る音質になるかは試してみないと判らないですね。今後ともよろしくお願いします。

    byきょぼ太郎 at2018-12-23 22:09

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする