BI1961
BI1961
オーディオに目覚めたのは小学校高学年(1970年代初期) 日本のオーディオ業界の繁栄と衰退を目撃してきました。 米国に移住して20年、日本製の製品はLyraカートリッジのみ。 もっとも日本に住ん…

マイルーム

音楽を聴き、映画を観るシステム
音楽を聴き、映画を観るシステム
リビング兼用 / その他 / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~80型 / ~4ch
01/13/2019時点でのシステム: ターンテーブル : Nottingham Analogue Studio Spacedeck HD Music …
所有製品
  • トーンアーム
  • ヘッドホン
    SHURE(ヘッドホン) SE846
  • クリーナー/接点復活剤
    LYRA SPT
  • TOS(光・角形)デジタルケーブル
  • XLR(バランス)ケーブル
    CARDAS Parsec XLR

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気にいられユーザー

日記

PS Audio DirectStream DAC new FW Snowmass released

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月14日

Phile web communityに登録したてで最初の記事がこれかよってかんじですが、

全てのPS Audio DirectStream DAC所有者の方にお知らせしたい。
PS Audio本社のWebsiteを見ていればわかることなんですけど。

最新FW、Snowmassがリリースされました。
前FW、Redcloudリリースから11ヶ月、待望のアップデートです。
Redcloudの音はすばらしいものだったのでこれ以上どれだけ向上できるのか気になるところでしたが、
Snowmassをインストールして最初の1曲目から音質向上は明らかです、より滑らかに、より自然に、より3次元的に。
全く別物のDACに生まれ変わった感じです。
発売から4年以上経つのに継続してFWアップデートを無料で提供してくれるPS Audioには頭が下がります。

開発者のTed SmithはFWの改版では一銭ももらわないそうです。
恐らく歩合制なのでしょう。


Snowmassはここからダウンロードできます。
https://www.psaudio.com/support/downloads/


次回の日記→

←前回の記事

レス一覧

  1. BI1961さん はじめまして。

    新ファームウェアが無料公開されて音が良くなるというのは良いニュースですね。某D社のように音はよくなるけど不具合が、、、みたいなことがおきないといいですね。

    ところで2009年のPerfectWave DACや2012年のPerfectWaveDAC mk2でもこの新ファームウェアは使えるのでしょうか?だとすれば中古市場で物色する人も増えるかもしれません。

    byhigh speed at2018-11-14 17:42

  2. BI1961さん 初めまして
    素早い情報助かります
    早速試してみようと思います

    >>high speedさん
    最新FW Snowmassが使えるかわかりませんが
    PWD2は何か月か前にFWバージョン3.04が公開された所でした
    もしかするとDSDACも来ないかなーと思ってたらきましたね
    発売されてから結構たっていますが長期にわたってこういう
    サービスは本当に助かります

    bynk at2018-11-14 19:38

  3. こんばんは。今は手元にありませんが、Redcloud良かったですね。精力的なバージョンアップは開発者の良心と矜持だと感じます。

    THIELの3.6をお使いとのこと、あの頃の製品はそろそろタマ数が少なくなっている気がしますがいかがでしょう。私は2.3から始まって今は6を使っていますが、上流を替える度に新しい発見があるので中々飽きません。

    米国のオーディオ事情など有りましたら、是非色々教えてください。

    byQ at2018-11-14 22:28

  4. high speedさん、こんにちは。

    > 某D社のように音はよくなるけど不具合が、、、みたいなことがおきないといいですね。

    耳が痛くなるようなお話です。
    実のところPS AudioのFWアップデートでは毎回いくつかの不具合が報告されるのが常です。
    全員に同じ症状が出るわけではなく、問題ない人もたくさんいるようで、なかなか難しいみたいですね。
    今回のSnowmassも例外ではなく2件ほどすでに報告されています。
    ひとつは不具合というわけではなく仕様変更に分類されるのですが、フォーマットの切り替え時に曲の出だしがほんの一瞬フェードインされることです。
    これはBridge IIネットワークカードを使わない人には関係ないと思います。 なぜこうしたか、実は以前のFWではフォーマット切り替え時にたまにプチッというポップ音が出ていたのです。 それを抑えるための仕様変更ですね。
    ただRoonなどを使っていればフォーマット切り替え時に少し時間をおく設定が出来るのでフェードインはなくなります。
    2つ目は、スタンバイにしても知らないうちに勝手に目覚める症状です。
    一部の人にしかおきていないようですが、私のDACにも出ている症状です。
    でも最初は出ていませんでした。 一度電源を入れなおしてから出るようになった。
    このDACのスタンバイはディスプレイを消す程度で音に関係する部分は通電しっぱなしなのでわざわざスタンバイにする必要はあまりないのですが、不具合であることには違いありませんね。
    ただこれはDACに関わるFWではなく画面表示をつかさどるマイクロプロセッサーPICのSW変更によるものだと思います。


    > ところで2009年のPerfectWave DACや2012年のPerfectWaveDAC mk2でもこの新ファームウェアは使えるのでしょうか?だとすれば中古市場で物色する人も増えるかもしれません。

    SnowmassはDirectStream DAC専用のものですから他機種には残念ながら適応できません。

    byBI1961 at2018-11-15 13:25

  5. nkさん、こんにちは。

    ぜひアップデートしてください。
    最悪、気に入らなくてもRedcloudに戻せますからね。

    FWアップデート可能をうたい文句にした製品はいくつかありますけど、実際にアップデートを継続してくれる会社はなかなかありませんね。

    アメリカに住んでいて直接本社から購入できる利点があるからですが、顧客を大切にする姿勢がとても良いです。
    以前コロラド州に出張した折に本社を訪問して会社内を案内してもらったのですが、非常にオープンな環境でいつでも遊びに来てよって感じの会社です。

    byBI1961 at2018-11-15 13:32

  6. Qさん、こんにちは。

    Qというと007のQ(Quartermaster)を想起します。

    CS6をお使いなんですね。 うらやましいです。
    私のCS3.6は20年以上使い続けていますがまだまだ現役です。
    何か新しいものにと思わないわけでもないですが、CS3.6を超えるものというといまや非常に高額になりそうでなかなか手は出せません。

    現役ではありますが今年13歳になる猫たちが子供のころに木登り代わりにしたことがあるのでじつはぼろぼろです。
    でも音はしっかり出てます。

    Thielは本当にもったいないことだと思います。 創業者のJim Thiel氏が亡くなってから後継者がなかったので遺族に会社を売り飛ばされ、買った会社もまともに運営できなくて、夢幻のごとくです。
    今は元社員の人が細々と昔のThielスピーカーの修理を請け負っているようです。

    byBI1961 at2018-11-15 13:51

  7. ああ無情、ですね。

    我が家は2.3と6で足掛け10年位ですが、今年に入ってMUNDからDEVIALET250にバトンタッチして、今ではDEVIALET800でTHIELを鳴らしております。手前味噌ですが、SPの能力を遺憾なく発揮出来ていると自負しています。THIELはいまだもってなお、新しい発見と美しい音の世界を魅せてくれるので、私にとってはそれがささやかな救いですね。

    貴重なお話をありがとうございました。

    byQ at2018-11-16 22:15

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする