BI1961
BI1961
オーディオに目覚めたのは小学校高学年(1970年代初期) 日本のオーディオ業界の繁栄と衰退を目撃してきました。 米国に移住して20年、日本製の製品はLyraカートリッジのみ。 もっとも日本に住ん…

マイルーム

音楽を聴き、映画を観るシステム
音楽を聴き、映画を観るシステム
リビング兼用 / その他 / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~80型 / ~4ch
06/04/2019時点でのシステム: ターンテーブル : Nottingham Analogue Studio Spacedeck HD Music …
所有製品
  • カートリッジ
  • トーンアーム
  • ヘッドホン
    SHURE(ヘッドホン) SE846
  • クリーナー/接点復活剤
    LYRA SPT
  • TOS(光・角形)デジタルケーブル

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

テクニクス SL-1200 MK3 改

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月24日

1996年ごろから2001年までテクニクスのレコードプレーヤーSL-1200Mk3のトーンアームをSME Series IVに変えてカートリッジはBenz MicroのGliderをつけてLPを聴いていました。
アームの有効長がちょうど同じくらい、アームをはずした後の穴も大きく、アームベースを自作すればちょうど良く収まるのです。


これは気に入ったターンテーブルを導入するまでの暫定処置だったのでNottingham Spacedeckの導入でお役ごめんとなりました。
SpacedeckにはそのままSME Series IV、Benz Micro Gliderを装着したので図らずもターンテーブルを変えるだけでいかに音質が変わるかを体験させてくれることになりました。
Spacedeckのほうがはるかに音楽を聴いて楽しい。

SL-1200はやたらとゴムで防振しすぎているとおもいます。 測定数値はそのほうが良い値になるのかもしれないけど、数値がよければ良い音になるわけではない。

私はアーム交換だけでなく硬質ゴムの筐体をはずして自作の木箱に入れていました。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする