BI1961
BI1961
オーディオに目覚めたのは小学校高学年(1970年代初期) 日本のオーディオ業界の繁栄と衰退を目撃してきました。 米国に移住して20年、日本製の製品はLyraカートリッジのみ。 もっとも日本に住ん…

マイルーム

音楽を聴き、映画を観るシステム
音楽を聴き、映画を観るシステム
リビング兼用 / その他 / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~80型 / ~4ch
01/13/2019時点でのシステム: ターンテーブル : Nottingham Analogue Studio Spacedeck HD Music …
所有製品
  • カートリッジ
  • トーンアーム
  • ヘッドホン
    SHURE(ヘッドホン) SE846
  • クリーナー/接点復活剤
    LYRA SPT
  • TOS(光・角形)デジタルケーブル

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

CD(44.1KHz/16Bit)の情報量

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月09日

最近のDACで聴くCDの音はすばらしい(2機種しか聴いてないけど)。
CD登場から30年以上経ってようやくCDに含まれた情報をきちんと再生できるDACが登場してきたように思う。
もっと以前からそうなっていたのかもしれないけど、聴いて見なけりゃわからん。

こんな音が含まれていたのか、こんな3次元的な音場再現するのかとか、驚くことが多い。


業界はハイレゾハイレゾと騒いでこぞって高い金額で新しい機器や高解像度音源を買わせようとしているが、CDの音質も捨てたものじゃない。
様々な製品にハイレゾ対応とか付けた宣伝文句は本当に呆れる。 実に不誠実だ。

新しいアルバムで高解像度の音源が入手できるならそちらを選ぶだろうけど、すでに所有しているCD音源をわざわざ高解像度版に買い換える必要はなさそう。 でも元の音源の録音次第だな。 いったいどの音源を使って高解像度版を作ったのかわからないし。
リマスター盤ってのもあるけど、リマスターしたからってみんな音が良くなるわけじゃない。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. BI1961さん、 こんにちわ。

    僕もそう思います。
    いい音なのはハイレゾうんぬんより、録音とDAC性能ですよね。
    DACもアップサンプリング、デジタルフィルタらを切り換えても、あんまし差がないような・・
    うちでは、15年前のESOTEIRICのD-01とD-07がありますが、音質は全然違います。
    やっぱり、DACチップの先のアナログ回路の性能差が大きいのかな・・・という気が・・・。

    今、RED ROSE SPEEDV WAY聴いてます(*^_^*)。
    ダブルアルバムの方・・。

    マルチチャンネルなのは、ボーナス・フィルムのみ。ちょっと期待外れでした。
    昔、バンド・オン・ザ・ランやビーナス・アンド・マースののDTSのマルチチャンネル盤があったから、ちょっと期待してたんだけどなあ〜。

    bytakapon at2019-02-09 10:38

  2. takaponさん、こんにちは。

    アップサンプリング、様々な係数のディジタルフィルターは昔から使われてるし、既成のDAC ICではなくFPGAを使った技術も昔からありますね。
    多分それら技術の使い方がようやくCDの情報量を十分に引き出すに足るレベルに達してきたのかななんて思ってます。
    もちろん出力バッファ(ローパスフィルター含む)の質も重要と思いますが、総合的な作りこみがうまくできるようにやっとなったということかな。

    byBI1961 at2019-02-09 14:14

  3. BI1961さん こんばんは

    全く同感です。

    私も、ハイレゾ(ファイル再生)にもうかれこれ10年ほど取り組んできて、最近になってようやく納得のゆく再生が出来るようになりましたが、その向上しろと同じくらいCD再生も向上してCDの情報量に改めて驚いています。

    ましてや、いくらファイル再生に満足がゆくようになったからといって、すべてリッピングしてポリカーボネイトディスクを処分してしまうだなんて考えも及びません。第一、面倒だし(笑)。

    とはいえ利便性とか保管スペースのことも考えれば、もうこれからの新譜はDLファイルに決め打ちということにします。今後買うディスクは、これはと思う過去の録音の中古CDのみということにしたいとは思っています。

    byベルウッド at2019-02-09 22:25

  4. ベルウッドさん、

    >これからの新譜はDLファイルに決め打ちということにします

    そうですね、それができれば一番と思います。
    でも日本の楽曲ダウンロードサイトは海外からの購入を受け付けないので私にはあまり選択肢はありません。
    Amazon.co.jpとかのダウンロードはMP3しかないし。
    どうしても欲しかったら結局CDを買うしかないのが現状です。

    byBI1961 at2019-02-10 08:11

  5. 気付かれましたか! BI1961さん、今日は、

    米国のオーディオ事情は、よく分かりませんが。
    まぁ気付かれない方が多い中、気付くことは大切な事だと思います。
    いろいろ弄ってみて分かる事ですね。

    「業界はハイレゾハイレゾと騒いでこぞって高い金額で新しい機器や高解像度音源を買わせようとしている」

    数字、数値だけ追いかけていると、こういう現象になるのでしょう。
    結局、作り手次第だと思います。

    BBより(=^・^=

    byブルースブラザース at2019-02-11 10:51

  6. ブルースブラザースさん、こんにちは。

    はは、気付きましたね。 もっともそんな最近のことじゃないんですけど。

    byBI1961 at2019-02-11 13:00

  7. デジタルデータの情報量より、それを再生するアンプ・スピーカー等のアナログ回路が一番重要だと思っております。そこが整ってからのハイレゾなんでしょうかね?
    私はLINAXのオーディオ専用PCを入れてやっとハイレゾ>SACDになりました。

    bypharoah at2019-02-18 22:10

  8. pharoahさん、

    入口から出口まである程度の品質が保たれているのはもちろん必要ですね。

    > ハイレゾ>SACDになりました。
    ハイレゾというのがどのようなフォーマットなのかわかりませんけど、SACDもDSD規格ですから(1ビットでサンプリングが2.8MHzくらいでしたっけ)ですから十分に高解像度と言えますね。

    たぶんディスク再生よりもファイル再生のほうが良くなったということなのでしょうか。

    byBI1961 at2019-02-19 09:23

  9. BI1961様、
    言葉足らずでしたすみません。

    まさにそのとおり、ディスク再生よりもファイル再生のほうが良くなりました。

    bypharoah at2019-02-19 22:22

  10. pharoahさん、

    確認ありがとうございます。

    byBI1961 at2019-02-21 04:29

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする