BI1961
BI1961
オーディオに目覚めたのは小学校高学年(1970年代初期) 日本のオーディオ業界の繁栄と衰退を目撃してきました。 米国に移住して20余年、日本製の製品はLyraカートリッジのみ。 もっとも日本に住…

マイルーム

音楽を聴き、映画を観るシステム
音楽を聴き、映画を観るシステム
リビング兼用 / その他 / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~80型 / ~4ch
02/19/2021時点でのシステム: ターンテーブル : Nottingham Analogue Studio Spacedeck HD Music Hall Cruise Cont…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

Miles Davis / Get Up With It

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月04日


Miles Davisのダブルアルバム、Get Up With It.
1974年発表。
このころのマイルスの評価はどうなんだろう。
同時期に録音、発表されたAgharta(アガルタ)、Pangea(パンゲア)は非常に有名だけど私はなぜかGet Up With Itが好きだ。

傑作と言うわけではない(いや私にとっては傑作なんだけど)。 アルバムコンセプトを基に作成されたわけじゃない、1970から74年のレコーディングセッションからの寄せ集め。
だけどなぜかアルバムとして完成されている。
まあ、アルバムとして発表されてそれを何度も聞いているからまとまって聞こえるだけなのかもしれないけど。

なんなのだろう。 このころのマイルスは聴いていると浄化されるような感じ。
時々無性に聴きたくなる。
ほとんどマイルスは吹いていないんだけど、それでも完全にマイルスサウンドになっている。 やっぱりマイルスはすごいよ。

私が持っているのは再発のLPだけど、広がり奥行き響き、なかなか良い音だ。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする