BI1961
BI1961
オーディオに目覚めたのは小学校高学年(1970年代初期) 日本のオーディオ業界の繁栄と衰退を目撃してきました。 米国に移住して20年、日本製の製品はLyraカートリッジのみ。 もっとも日本に住ん…

マイルーム

音楽を聴き、映画を観るシステム
音楽を聴き、映画を観るシステム
リビング兼用 / その他 / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~80型 / ~4ch
06/04/2019時点でのシステム: ターンテーブル : Nottingham Analogue Studio Spacedeck HD Music …
所有製品
  • カートリッジ
  • トーンアーム
  • ヘッドホン
    SHURE(ヘッドホン) SE846
  • クリーナー/接点復活剤
    LYRA SPT
  • TOS(光・角形)デジタルケーブル

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

PS Audio Power Plant 12

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月02日

電源は重要。 なにしろ電気の源。

2003年にPS AudioのP500を導入したのが始まり。
第一世代の製品だからか、結構トラブルが多かった。 何度か故障してそのたびに修理してもらったがとにかく音質改善効果が大きいので手放せない。
結局9年ほど使ったあと後継機のP5に交代した。
P5はずっと通電したままだったが6年間故障無し。
そして昨年2018年に第三世代の製品が発表された。
最近のPS Audioは下取り制度が充実している(今のところ米国のみ)。
P5からP12へのアップグレードでかなりの値引きがあったので思い切ってP12を導入した。




PS AudioのPower Plantは電源フィルターではない。 元のAC波形を整形するだけの製品でもない。
入力のACを直流に変換し、それを使って新たにAC電圧を発生させる。 パワーアンプその物だ。
普通のパワーアンプは入力が音楽信号だが、Power Plantの入力信号は内部DACで生成された60(または50)Hzの単一正弦波信号。 これをパワーアンプで120V(米国の場合)に増幅する。
P500、P5ではPCM DACを使用していたが、P12では同社のDirectStream DACと同じくFPGAを使ったDSD DACになった。
60Hzの単一周波数の正弦波を生成するだけでPCMとDSDにどれだけの違いがあるのかわからないが。
もうひとつの特徴は出力インピーダンスの低減。 これが音質向上に一番大きい効果があると思う。

日本の代理店含めて日本での広告の技術説明はかなりいい加減だ。 例えばFPGAが出力インピーダンス低下に貢献しているかのように書いていたりする。
そんなわけはない。 インピーダンスを下げるには(この場合は特性インピーダンスではなく単純に出力の抵抗値を意味しているみたいだけど)ぶっとい金メッキの銅製バスバーを使っているから。

P12の外見はP5とまったく同じ。 だからこっそり入れ替えても目を凝らして型番を確認しない限り(LCD画面がオフなら)見分けはつかない。

P12へ変えたときの音の変化は非常に大きく驚かされた。
より3次元的音場再現。 最初ちょっと高音がきつくなったがそれはよりワイドレンジになったからだと気がつく。
低音の増量も顕著。 (元の音源に低音が入っていなければわからないが)
ブレークインには長時間を要する。 多分最低でも数百時間はかかる。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 平蔵さん、

    電源レギュレーションですか。
    P12のようなAC電圧発生器の場合、様々な負荷に対していかにAC電圧を安定して供給するかと言うことなら突発的な高負荷に対して電圧降下したり波形が潰れたりしないよう出力インピーダンスを出来るだけ低くするのが効果的でしょうね。
    後は当然ながらそれだけの電流を余裕を持って供給できるような出力トランジスターが必要だと思います。

    一般的なDC電源のレギュレーションでもインピーダンスを低く保つのは必要ですが、他にはフィードバックで電圧を調節する、そして大容量のキャパシター(コンデンサー)で突発的な電流要求に備えるなんていうのも有効でしょうね。

    byBI1961 at2019-04-02 15:57

  2. BII961さん
    はじめまして。

    P12の報告ありがとうござます。
    PowerPlantの三代目はかなり進化しているようで、本命視しているのですが、先日、PS Audio P15、Accuphase P-1230、Isotek NOVAを視聴し、気持ちが揺らいでいます。

    試聴前はアクティブ型のPS Audio とAccuphaseの二択と思っていましたが、予想に反してIsotekが好印象でした。
    Accuphaseは音に勢いが加わるものの、やはりアキュの音が支配的となり、アキュアンプ使いの身としては、この選択肢が無難なのですが、むしろ面白味に欠ける印象を持っています。

    P15は全体にクリア感が増し、バランスの取れた印象で悪くありません。可視性含め機能面の充実も評価ポイントです。

    フィルターの塊と偏見を持っていたIsotekが大健闘で、他社よりも一段ノイズのベールが取れ、音像の定位でも、他機器より立体感を感じました。

    各社ともパワーアンプまで接続することを推奨しているようで、オーディオ機器ほぼ全てに電源供給してしまおうかと欲張っているのですが、最終判断に迷っている状況です。

    完実電機の方は発熱もほとんど無く、電源入れっぱなしも問題ないと言っていましたが、長時間使用時の発熱はいかがでしょうか?
    また、音源によってマルチウェーブ切替による音の変化は意味のある機能なのでしょうか?

    リジェネレーター方式で機能も豊富なPS Audio が本命だっとのに、思わぬダークホースの登場で、再度比較試聴するか悩んでます。

    byvanilla at2019-04-02 17:34

  3. BI1961さんですね。
    老眼で間違えてしまい、失礼しました。

    ついでに質問で恐縮ですが、ブレークインに長時間かかるとはエージングであり、ある程度エージングが進めば、電源オフからオン後は短時間での安定電源供給が可能となるのでしょうか?

    byvanilla at2019-04-02 20:19

  4. vanillaさん、

    聴き比べが出来ると言うのはうらやましいです。
    技術的にどうかはともかく実際に聞いて気に入ったのならそれが正解なのかもしれません。
    ただ試聴の環境はたぶんyvanillaさんの使用機器とはまったく違うでしょうし短時間で聞き比べるだけなのでそれだけで判断してよいのか迷いますね。
    やはり自分の部屋に持ち込んで評価するのが一番ですけど、なかなか難しいでしょう。

    Accuphase P-1230は以前仕様を見ましたが、完全なりジェネレーターではなく潰れた波形を補正するだけのようですね。

    P15が候補になるほど予算に余裕があるのはうらやましい限りですが、とうぜんP12よりも容量に余裕があるのでより良い選択だと思います。

    私は全てのオーディオ機器をP12に接続していますが、通常だとロードは20%くらいにしかなりません。 これはパワーアンプにBel CantoのD級アンプを使っているので変換効率が高い(消費電力が小さい)せいでもあると思いますが、映画鑑賞時にディスプレイ、Blu-rayプレーヤー、リアスピーカー用アンプ(これもD級)を全部通電してもそれほどの発熱はありません。
    P15ならvanillaさんご使用の機器を全部つないでも大丈夫じゃないかな。

    マルチウェーブは好みだと思います。 たしかに変わるように思いますが、私は使っていません。
    PS Audioの説明では波の頂点が一番電力消費するからその部分を膨らましてエネルギーを増やす(大容量コンデンサーを入れるような効果と言ってます)ってことらしいのですが、50Hz、60Hzの純正弦波を生成して出力ひずみ率が低いことを誇っている製品なのにその正弦波にわざわざ高調波を加える(正弦波と比べたら盛大な歪が入ることになる)機能ってなんか矛盾を感じます。 まあ不規則な雑音のひずみと制御されたひずみじゃ違うのだろうけど、なんか釈然としません。

    この種の機器は電源をオーディオ機器に供給するものですから基本はずっと電源入れっぱなしですね。
    つないでいるオーディオ機器の電源を落としたいのならゾーンごとに制御出来ます。 私はオーディオ機器の電源は落としません。 スタンバイ機能を使っています。
    だから完全にオフから通電を始めてどのくらいで安定するかは分かりません。

    私は他機種を知らないから比べることは出来ませんが、16年にわたってP500、P5、P12と使ってきた経験からP15は絶対お勧め出来ます。

    byBI1961 at2019-04-03 12:43

  5. こんにちは、BI1961さん、Vanillaさん。
    横槍、失礼します。

    私も、Vanillaさん同様、複数のクリーン電源及び電源コンディショナー(アキュ、PSオーディオ、光城、ラックスマン、Isotek)を幾つかのショップで試聴した挙げ句、予想外にIsotekの印象が良く、単なる電源フィルターに40万出すのか?と悩みつつも、単なるフィルターなので故障もないし、五月蠅くないし、熱も持たないし、半永久的に使える(はずだ)し、片手で持てる重さだし等と考えて(自分を騙して)、最終的にはSigmasを購入したものです。

    で、この際に感じましたのが、クリーン電源についても、結局のところ、理屈ではなく、相性と好みの問題に行き着くというものでした。

    で、身も蓋もない結論で恐縮ですが、可能であれば、大きな買い物ですし(価格的にも物量的にも)、自宅試聴されるのが一番かと(Isotekなら自力で自宅に持ち帰ることが出来ますし、税込100万オーバーのP15なら自宅に郵送して戴けると思います)。

    ともあれ、Vanillaさんが何を得らればれるのか楽しみにしてますね(選んでいる時が一番楽しいときですので、ゆっくりと選ばれてください)。

    bykaku18 at2019-04-03 17:51

  6. BI1961さん、kaku18さん

    有益なアドバイスありがとうござます。
    とても参考になります。

    電源クリーン化の方式、スペックで判断するのではなく、最終判断は自分の耳、印象ですべきというのは当たり前ながら、優れたオーディオファイルと想像されるお二人のアドバイスとして、とても心強いです。

    本来であれば、それぞれ(可能であれば同時に)自宅試聴できると良いのですが、拙宅ではハードルが高いため、ショップでの試聴再チャレンジで検討したいと考えています。
    前回の試聴で拙宅機器構成とは相性が良いと思われるアキュフェーズは選択肢から外れており、PS AudioとIsotekの実現方式対極の対決になりそうです。

    拙宅と同じ機器構成での試聴は難しいですが、上段のデジタル機器はほぼ同等、アンプ系は機器は一部異なるものの同じアキュフェーズで同時比較試聴は実施できます。

    機器構成に加え、拙宅の電源、リスニング環境とのマッチングが最重要とは思いますが、どの機器を導入してもクリーン電源の効果は期待できそうなので、今年の夢第一弾(今年はこれで打止めの可能性大ですが)をそろそろ実現させたいと考えています。

    最終判断はどちらになるかわかりませんが、kaku18さんのコメントのように「選んでいる時が一番楽しいとき」です。面識もない皆さんからアドバイスを貰い、あれこれ悩むのもオーディオので醍醐味です。

    byvanilla at2019-04-03 20:07

  7. BI1961 さん、こんばんは。

    Power Plant 12 の導入おめでとうございます。
    私も2018年8月から P12 を使ってます。
    (ブラックカラーですが)
    P12 いいですよね。
    クリーン電源はこれで3台目ですが、一番音が変化しました。

    byレパード at2019-04-03 21:04

  8. vanillaさん、kaku18さん、

    他機種を使用したことがないので何もいえないですけど、
    PS AudioのリジェネレーターならP500、P5、P12と3世代使ってますから自信を持ってお勧め出来ます。
    特にP5からP12にアップグレードしたときの音質の変化は大きくて戸惑いました。
    確かにクリアになる印象はありますが、結局長時間聴いていると全てがこれで正しいんだと思えるような変化なのです。
    立体感も増しますし、何よりも低音のエネルギーがすさまじい。
    そしてバックグラウンドの静寂。 要するに無音部の暗黒化がすごいです。

    P12でこれだけ効果があるのですからP15だったらもっとすごいのだろうと想像します。

    vanillaさん、とはいえ最後に決めるのはご自分ですからじっくり吟味してくださいね。 良い買い物が出来ますよう応援してます。

    byBI1961 at2019-04-04 10:47

  9. レパードさん、ありがとうございます。

    実は発売直後にP5からアップグレードしたので私は去年の6月からP12を使ってます。

    P12、良い製品ですね。

    byBI1961 at2019-04-04 10:53

  10. 平蔵さん、

    パッシブタイプのフィルターとの比較はしたことはありません。
    フィルターだとS/N比の向上などでクリアな音になったりはするのでしょうが、低音の厚みを増したり全体的なエネルギー感を増したりと言う効果はあまり期待できないのではないかと勝手に想像しています。
    使ったことがないから私の妄想ですけど。

    PS Audioの第3世代Power Plantシリーズは出力インピーダンスを前世代の0.05オームから0.008オームへ下げたことにより音のリアリティ向上、低音エネルギーの向上など恐らくパッシブタイプでは経験できないような効果が期待できると思います。

    byBI1961 at2019-04-04 13:32

  11. BI1961 さん
    追加アドバイスありがとうござます。

    確かにパッシブ型は低域エネルギーの低下や音痩せを指摘するコメントもあり、ショップの方もパワーは接続しない方が良いかもと言っていました。

    ただNOVAを試聴した限り、とくに気になるようなエネルギー不足を感じることはありませんでした。
    比較してしまうとP15よりは全体にややマイルドな印象でした。

    予想に反してP-1230が一番エネルギー感が強く、好みの問題ではありますが、少しデフォルメされた印象を持ちました。

    音源も増やして、もう一度再試聴しないとわかりませんが、P15が一番バランスの良いクリーン電源のような気もします。

    どの機種に転ぶかわかりませんが、改めてBI1961さん、皆さんのアドバイス、コメントに感謝です。

    byvanilla at2019-04-04 19:29

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする