BI1961
BI1961
オーディオに目覚めたのは小学校高学年(1970年代初期) 日本のオーディオ業界の繁栄と衰退を目撃してきました。 米国に移住して20年、日本製の製品はLyraカートリッジのみ。 もっとも日本に住ん…

マイルーム

音楽を聴き、映画を観るシステム
音楽を聴き、映画を観るシステム
リビング兼用 / その他 / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~80型 / ~4ch
10/08/2020時点でのシステム: ターンテーブル : Nottingham Analogue Studio Spacedeck HD Music…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

テクニクスのHi-Fi入門機「SL-1500C」が登場

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年05月20日

Phile Webの記事をつらつらと眺めていて目に入った記事。
<アナログオーディオフェア>テクニクスのHi-Fi入門機「SL-1500C」が登場

「これまでブランドで培ってきた技術を投入することで、音質を高めつつ価格を抑えたモデル」

培ってきた技術? 何を言ってるんだ。 テクニクスブランドは一度完全に捨て去ったじゃないか。 全ての製品も製造中止して「培った技術」を全て捨てた。
だから新たにレコードプレーヤーを作るのに昔の青写真を持ち出してきても作り方もわからず引退技術者に教えてもらったり(トーンアームの話ね)した。

企業だからね、儲け話に首を突っ込んでくるのはかまわないよ。
だから素直にアナログの需要が増えて金の匂いをかぎつけたからまた始めましたぐらいの事を言うならまだしも、「培った技術」とはいったいどの口が言うんだ。

日本の大手メーカーが次から次へとオーディオから撤退していったのを目撃してきた身からすると何を今更としか思えない。

百歩譲って再参入も良しとしても、過去の例があるからね、またやめてしまうんじゃないかと言う不安は拭えない。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ちょっと 調子にノッてるな(笑)

     mk7辺りで止めておけば 私の世代でも「やってるね~!」ですが 10万でフォノイコ搭載、何故かオルトフォンカートリッジ付き・・・ う~~~ん どの世代をターゲットにしとるんだろうね。


     確かに 猫も杓子もアナログレコードの今! サービスてんこ盛りで 流行りに乗るのは 常套手段だね。   本腰を入れてると思われるピュアの方は 売れ行きが好調とは言えんからね。

     そんな中 欧州のショーで SACD対応機を出したと言う記事には笑えました。  当然DVD-Audioもと思ったら非対応。  映像回路が面倒だったんでしょうか?(笑)

     中堅オーディオブランドが総崩れの今 総合家電メーカーで孤軍奮闘の松下さんには 引き続き頑張っては頂きたいですが (^^)/ 

    byアコスの住人 at2019-05-20 10:47

  2. BI1961さん、

    こんばんは。

    >培ってきた技術? 何を言ってるんだ。 テクニクスブランドは一度完全に捨て去ったじゃないか。 全ての製品も製造中止して「培った技術」を全て捨てた。

    残念なことですが、同意せざるを得ないように思います。
    かつて日本のオーディオ業界、電子機器業界にもいた私が感じるのは「エンジニアが大事にされていない」ということです。
    パナソニックに限らないと思いますが優秀なエンジニアを使い捨てにして技術の伝承をおろそかにしたことが今の惨状を招いた一つの要因なのではないかと思っています。

    「技術のxx」(xxは企業名またはブランド名)を標榜していた会社は多かった(今でも多い?)と思いますが、実態はエンジニアが大事にされない…優秀なエンジニアを生かすすべを持っていない。

    外資系の企業を経験してやっとそれに気がつきました。

    byK&K at2019-05-20 19:26

  3. BI1961さん、こんばんは。

    それまでブームは常に企業が作り終焉させてきたのがレコードだけは思い通りにいかなかった稀なケース?

    早々にアナログは終わったと処分したオーディオ評論家がブーム再来と共に再導入してオーディオフェアで講演しているのが腹立たしい(笑)

    byVOTTA7 at2019-05-20 22:25

  4. アコスの住人さん、こんにちは。

    > 当然DVD-Audioもと思ったら非対応。  映像回路が面倒だったんでしょうか?(笑)

    確かにかつてSACDに対抗してDVD-Audioを売ってたことを思えば不誠実な対応ですね。
    結局金儲けのねたのひとつしてしかとらえていないのでしょうね。

    > 中堅オーディオブランドが総崩れの今 総合家電メーカーで孤軍奮闘の松下さんには 引き続き頑張っては頂きたいですが (^^)/ 

    どうなんでしょうね、40年前ならいざしらず、今のオーディオのような限られた市場に大手は首を突っ込まないほうがいいんじゃないかと思わなくもありません。
    でも一般大衆向けの製品はどんどん安く作ればいいと思います。

    byBI1961 at2019-05-21 23:54

  5. K&Kさん、こんにちは。

    エンジニアが冷遇されているのは事実だと思います。
    でもそれ以上に大手企業にはオーディオ、音楽に対する理念、愛情がないということだと思います。
    金儲けになるかどうか、それしか見ていない。
    だから儲からなくなったらブランド、培った技術を簡単に捨て去る。 そしてまた金になりそうだと思ったら節操なく戻ってくる。
    はっきり言ってそんな企業のオーディオ製品は今どんなに高性能なものだとしても買う気にはなりません。
    私のような偏屈ぢぢいは少数派だから相手にもされないでしょうけど。

    byBI1961 at2019-05-22 00:02

  6. VOTTA7さん、こんにちは。

    > 早々にアナログは終わったと処分したオーディオ評論家がブーム再来と共に再導入してオーディオフェアで講演しているのが腹立たしい(笑)

    お気持ちよくわかります。 まさに「腹立たしい」ですね。

    一方では世の動向に流されず好きなことを続けてきた人も多いと思います。
    オーディオ、音楽再生は趣味ですから。 自分が聴いて、装置をいじっていて楽しくなければ意味ありませんからね。

    byBI1961 at2019-05-22 00:09

  7. 平蔵さん、こんにちは。

    > 行きつけのオーディオ店に、完全動態保存されていたかつてのSP10があったので、現在のTechnicsレコードプレーヤー開発技術がお越しになって、解析されていったとレポート頂いております。

    興味深いお話ですね。 これがテクニクスの「培った技術」ってやつなんですね。

    実際に開発を担当した技術者たちがどう思っているかわかりませんけど、宣伝文句で「伝統」とか「培った技術」とか白々しいことを言うのは辞めてほしいものですね。
    パナソニックの薄っぺらさが際立ちます。

    まあテクニクスだけの話じゃないんですけどね。
    ダイアトーンもそうだし、ヤマハもそう。

    byBI1961 at2019-05-22 00:14

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする