BI1961
BI1961
オーディオに目覚めたのは小学校高学年(1970年代初期) 日本のオーディオ業界の繁栄と衰退を目撃してきました。 米国に移住して20年、日本製の製品はLyraカートリッジのみ。 もっとも日本に住ん…

マイルーム

音楽を聴き、映画を観るシステム
音楽を聴き、映画を観るシステム
リビング兼用 / その他 / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~80型 / ~4ch
06/04/2019時点でのシステム: ターンテーブル : Nottingham Analogue Studio Spacedeck HD Music …
所有製品
  • カートリッジ
  • トーンアーム
  • ヘッドホン
    SHURE(ヘッドホン) SE846
  • クリーナー/接点復活剤
    LYRA SPT
  • TOS(光・角形)デジタルケーブル

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

PS Audio DirectStream DAC、FWリリースの情報

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月20日

3週間ほど前にDirectStream DACのデザイナー、Ted Smithが近々新しいFWのアップデートがあるよとPS Audioの掲示板に書き込んだ。
https://forum.psaudio.com/t/upcoming-ds-release/11935

現在の最新FWはSnowmass(version 3.0.6)

これまでリリースされたFWにはコロラド州の14,000フィート(4,267m)級の山頂の名前がつけられている。
次の山頂はなんだろう。

実際のリリースは早くても9月以降になるそうだが、PS Audio CEOのPaul Mcgowanによれば、今度のリリースは現FWのSnowmassの良いところを全て残した上でさらに豊かさ(richness)が増して、Snowmassに欠けていた次元(空間)表現が加わる、という。

非常に楽しみだけど、richness、dimensionalityと言うのは言い換えれば反響音、残響音が増えると言うことだ。 これは多すぎると部屋の音響、組み合わせる機器の特徴次第ではかえって不自然になるので諸刃の剣だな。

現FWのSnowmassもDAC部分と関係ない制御系SWコードの違いで3.0.0、3.0.4、3.0.5、3.0.6と4種類もリリースがあってそれぞれ微妙に音が違う。
3.0.0は以降のリリースと比べて若干反響音成分が多くて結構好き嫌いが分かれる。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. いつも、情報提供有難うございます~
    Snowmassが個人的には良好だったので今回も期待していますが
    内容的には、聴いてみるまでなんともいえなさそうですね
    ヘッドホンで使用する限りでは今でも残響音を良く感じられるDACだと思っていますので、もしかすると今回は合わない可能性もあるかもしれません

    bynk at2019-08-21 21:01

  2. nkさん、こんにちは。

    リリースがいつになるかわかりませんけど、期待して待ちましょう。
    Snowmassでは様々な問題が出て(DAC部分とは直接関係ない画面表示プログラムコードやオプションネットワークカードBridge II絡みの問題ですが)いくつものバージョンがリリースされましたから今回はちゃんとテストして不具合がないことを確認してからリリースしてほしいですね。

    byBI1961 at2019-08-23 14:52

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする