BI1961
BI1961
オーディオに目覚めたのは小学校高学年(1970年代初期) 日本のオーディオ業界の繁栄と衰退を目撃してきました。 米国に移住して20年、日本製の製品はLyraカートリッジのみ。 もっとも日本に住ん…

マイルーム

音楽を聴き、映画を観るシステム
音楽を聴き、映画を観るシステム
リビング兼用 / その他 / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~80型 / ~4ch
05/05/2020時点でのシステム: ターンテーブル : Nottingham Analogue Studio Spacedeck HD Music…
所有製品
  • カートリッジ
  • トーンアーム
  • ヘッドホン
    SHURE(ヘッドホン) SE846
  • クリーナー/接点復活剤
    LYRA SPT
  • TOS(光・角形)デジタルケーブル

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

Eyes Wide Shut

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月01日

スタンリークーブリック監督の遺作となった1999年の作品。

主演のトムクルーズとニコールキッドマンは役で夫婦を演じたが、実際にも当時は夫婦だった。
ニューヨークが舞台の映画だが、撮影は全て英国内で行われた。
やはりクーブリック監督の飛行機嫌いは徹底している。

男女の関係、夫婦の関係を赤裸々に描いた作品。
鑑賞後の感想は夫婦は山あり谷あり、それでも簡単にあきらめず別れず、長い年月をかけて関係を築き上げていくんだなーと感慨にふけったわけだけど、ほかの人がこの映画を観て同じようなことを考えるのかどうか知らない。
この映画を観てどう感じるか、その人の立場(未婚、既婚、年齢、性別)で変わるんだろうな。
しかしある意味シャイニングよりも怖い映画だ。

金持ちが集まる乱交パーティ、ありそうでなさそうで、やっぱりありそうな話で、その秘密をばらしたピアノ弾きの運命が本当にどうなったのか、主人公ビル(トムクルーズ)を助け出そうとした女性がなぜ死に至ったか、本当に事故だったのか、それとも。。。
マスクがなぜベッドの上に置かれていてその横でアリス(ニコールキッドマン)が寝ていたのか。
謎が多い。 そしてそれらの謎に答えを与えない。


屋敷のパーティでは全員が様々なマスクをかぶっていたのだが、それが実に怖い。


ビルが会員ではないとばれてみんなの前に連れ出され、マスクを外せと言われる。 周りの人はみな不気味なマスクをしたままだ。
そのあと服も脱げと言われる。 実に怖い緊張したシーン。

観ていて思ったんだけど、ニコールキッドマンの演技(しゃべり方)がシャイニングのジャックニコルソンを思い起こさせる。 なんか似ているんだよね。
わざとなのかな。 監督が意図したのかな。 指示はしていないだろうけど何十回も同じシーンを繰り返させた中でクーブリック監督が気に入ったシーンを使ったわけだから監督が良いと思ったのがそういう演技だったのか。

Blu rayの映像は意図したものなのか分らないがフィルムの粒子が結構目立つ。 色彩は他作品同様クーブリック監督作品らしく美しい。

音声は特筆すべきものはないのだが、、秘密パーティの会場で杖を床に打ち付ける音が地べたを伝って周囲に広がる様子が印象に残った。


Stanley Kubrick The Exhibitionで展示されていたトムクルーズがかぶったマスク。 これが実に小さい。

こちらは同じマスクをかぶったトムクルーズ

屋敷の前で2度目の警告として渡されたメモ。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする