マイルーム

ほぼ完全なシステム
ほぼ完全なシステム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
外盤より情報量の多い国内盤LP、CD問わず歪みなく低音豊かにバランスよく再生する。失敗したソフトゼロ。 ポイントはプリアンプにあり。 デジタル) SACD・トランスポート)エソテリックX-03…
所有製品
  • パワーアンプ
    LUXMAN M-600A
  • スピーカーシステム
    WILSON AUDIO SYSTEM-7

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

お気にいられユーザー

日記

立体的音場について

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月01日

幸田浩子さんの「カリヨン」というCDがPhile-webで目に付いたので購入して聴いてみました。2chでもこんなに分かりやすい立体的な音場のCDに当たるとはゆめゆめ思っていなかったのでラッキーでした。


左右のWATTを結んだ中央に音像があり、幸田さんのお顔がイメージできる大きさ。X-03の立ち位置より、バッテリDACのほうがちょっと後ろの感じ、。これは声の音圧のかけ方で前への動きも絶妙に分かりやすいのだね。一曲目と「カリヨン」という曲で低音に若干のブースト感はあるものの気にならない程度でよかった。その一曲目では1.5分あたりでベースの低音の塊がズドーンと腹めがけて突進してくるのだよ、、アコースティック楽器でかよ、とちょっとびっくり。

また、ソプラノらしく声を張り上げるシーンではリスナーに向けてググっと音圧をかけて後ろから前に動いて迫ったり、、中央の声の定位をフラットな余韻で残したまま、左右のスピーカーに声の定位を振って面で迫る方法があるのだね。更に、右に振った定位がリスナーにググっと迫って、左へ回って、元の位置へ戻る、なんてのもある、。また、特に大きく裏声で張り上げるシーンでは天井まで広がるオーラを感じたりと、面白い。前後、左右と高さだよ、まさに立体的。まあ、天井までの広がりはWATTが若干上に斜に構えている個性かもしれないけどね。初めの方で定位でいろんなステレオ技術を駆使してくるので次は何を仕掛けてくるのだろうと集中したまま全曲聴かせるのだよ、うまいね。(笑) 最後の「アメイジング・グレイス」は何の仕掛けもなく自然な録音だった。

それから、電気的な技術が多いので定位に優れていないと大変かも、。さて、「アメイジング・グレイス」のように何の仕掛けもない曲がほかに何曲目にあるか、分かったらかなりのレベルと思います。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. bb7さん、初めてレスさせていただきます、ヒジヤンと申します。

    カリヨンを聴いてみられたのですね。おっしゃられるように、マルチマイクで録音したのに立体的な音場が再現できる優秀録音な盤だと思います。そんなこともあってか、再生の難易度は高く自身の調整用Discにしています。加えて、ベルウッドさんとの定点観測用の音源としても使用しておりまして、様々なお宅でも聴かせてもらっている音源です。

    「ベルウッド邸 –1年ぶり」の日記のレスへはスルーしてしまいまして、大変失礼しました。レスいただきました内容は、テスト信号を二次元的な定位で捉える場合は確かにそうなのですが、このDiscのように3次元的な音像や響きを立体的に編集されたものを再生しようとする場合とは、まったく異なるからです。議論の土俵に上がらないと思いスルーしたことについてお詫び申し上げます。

    その上で、実際に聴いてみられたとのことですのでレスさせていただきました。実際の内容はレスの文章では記載が難しいので、自分の日記にしてみます。

    >最後の「アメイジング・グレイス」は何の仕掛けもなく自然な録音だった。それから、電気的な技術が多いので定位に優れていないと大変かも、。さて、「アメイジング・グレイス」のように何の仕掛けもない曲がほかに何曲目にあるか、分かったらかなりのレベルと思います。

    おっしゃられているのは、ベッペ・ドンギアのピアノが入るラストの二曲の事かと思いました。この二曲は確かに他の録音と異なり、ボーカルとピアノとオーケストラを別々にライン録りしてミックスしたような、ポップスのような録音ですよね。他の録音とはあきらかに違うと感じます。

    byヒジヤン at2019-01-02 11:14

  2. ヒジヤンさんへ

    レスどうもです、。
    >テスト信号を二次元的な定位で捉える場合は確かにそうなのですが、このDiscのように3次元的な音像や響きを立体的に編集されたものを再生しようとする場合とは、まったく異なるからです。

    とありますが、二次元的な定位ができていなければ三次元なんてまったく不可能ですよ。二台のSPだけで再生するのですから。そして、国内盤でしか三次元的は不可能です。なぜなら、外盤はハイ落ちで高さ制限があるみたいに感じるからです。

    bybb7 at2019-01-03 14:05

  3. bb7さん、はじめまして。

    刺激的な日記、とても興味深く拝見しておりました。
    今日時間が取れたので件のCDを拙宅で聞いてみました。
    実はこのCD、ボーカルが弄り回されていて苦手なのですが(^_^;)

    おっしゃる様にTr13はボーカルが普通ですね。
    その他に弄らず普通に感じたのはTr7でした。
    あくまで私感ですが、いかがでしょうか?

    bb7さんのオススメの音源と聞きどころなども機会があればご紹介下さい。では。

    bykanata at2019-01-09 20:54

  4. kanataさんへ
    レス遅くなりました。Tr7は同様に思います。これほど弄るのはデモ盤を兼ねている気がします。DENON一人勝ち狙いではないかと、。

    さて、あなたの日記を拝見しましたところ、
    「子供と遊びながらリビングで聴くオーディオは格別で…」とありました、。

    おめでとうございます。
    ですが、皆さんのオーディオを聴いているとお子さんは音痴になると思いますよ。トーンコンなどでキーを外しているケースが多いですし、ジャストミートしていないのでリズム感もすこぶる悪いですから、。

    bybb7 at2019-01-11 11:27

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする