マイルーム

ほぼ完全なシステム
ほぼ完全なシステム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
外盤より情報量の多い国内盤LP、CD問わず歪みなく低音豊かにバランスよく再生する。失敗したソフトゼロ。 ポイントはプリアンプにあり。 デジタル) SACD・トランスポート)エソテリックX-03…
所有製品
  • パワーアンプ
    LUXMAN M-600A
  • スピーカーシステム
    WILSON AUDIO SYSTEM-7

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

タイムトラベルの醍醐味

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月26日

エベーヌのシューベルト:弦楽五重奏曲は再生出力レベルが普通のCDよりずっと高い。気になった方もおると思うが、1950~1970年代の国内盤LPも低インピーダンスカートリッジでは再生出力レベルが高い。VRでほぼ同位置になろう。両方とも録音レベルが高いことで音高が出ていて鮮度感、キレ、生っぽさを引き立て音質向上に役立っている。

一般的な録音のCDはノイズレベルが低いから録音は破綻の無い程度に消極的だ。位相差が破綻の原因で、録音レベルの高さは破綻には全く関係ないのだが、、分からず仕舞いだろうな。

他方、1950~1970年代の国内盤LPはノイズレベルが高いのでノイズに埋もれるのを恐れて高めにテイクし、30Ω以上の高インピーダンスMCカートリッジでモニタリングして世に出した。

それから、5、60年後、優れたオペアンプなどの部品の出現でアンプ製作者のトヨさんは位相差の無いフォノイコ付きプリアンプを開発した。これにより、30Ω以上の高インピーダンスMCカートリッジでモニタリングしたアルバムを5Ωの低インピーダンスカートリッジでも破綻なく再生することが可能になると、どうであろう、1950~1970年代の国内盤LPはエベーヌのシューベルトを超越した音質になっているのである。

エベーヌのシューベルトは明らかに質感を上げようとマイク位置が近いことでバイオリンにしてはちょっと線が太くなっている。だが、1950~1970年代の国内盤LPのバイオリンは従来からの録音により適度な太さで自然に感じるのだ。

巷では録音レベルの高さからピークで破綻するとエベーヌの録音技師まで非難する方が居るようだが、何度もモニタリングして世に送り出しているのでエラートのモニタリングシステムより非難する方のシステムが劣るということ。他人の所為にしないことと思う。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 興味を惹いたので、ご紹介のエベーヌのシューベルト:弦楽五重奏曲を検索してみました。すると、ユーザー評価に録音がとてもよいCDとの書き込みが沢山出て来ましたのでポチっとしました。

    中古で安かったので和歌山県からの送付ですが、週末までに届くかどうか・・・聴いてから感想を書き込みしますね。

    byヒジヤン at2020-11-26 19:54

  2. エベーヌのCDが届いたので、シューベルト:弦楽五重奏曲を通しで聴きました。感想は下記です。

    小さめのサロンで演奏の目の前で聴くような録音。5台の楽器の音が明瞭なので、1台毎の音を聞き分けられる。それでいて、浅めの馬蹄形の配置を感じさせるのは見事。録音レベルは高く、通常の室内楽のボリューム位置と比べると3~4dBは下げた位置が適当と感じた。

    これだけ録音レベルが高いと強奏部分は音がきつく感じて厳しくなるが歪みを感じることはなかった。反面、弱音が明瞭で美しい。弱めのピッツィカートの生々しさにハッとさせられた。弱音部分の美しさがこの録音の最大のウリと感じた。

    以上から、ローレベルのリアリティを狙った録音であると思う次第。

    再生する側からの視点で言えば、強奏部分がうるさくならないようにすれば、とても生々しいサウンドを楽しめる録音だと思いました。

    byヒジヤン at2020-11-28 18:11

  3. ヒジヤンさんへ

    >反面、弱音が明瞭で美しい。弱めのピッツィカートの生々しさにハッとさせられた。弱音部分の美しさがこの録音の最大のウリと感じた。

    その通りです。なによりリズム感が良いので楽しいです。それにパワーアンプのパワーが上がった感じがありますから余裕が出ますので、非力なパワーアンプならもう少し奮発しようかと考えが浮かび、オーディオのレベルアップに貢献する場合があります。

    bybb7 at2020-11-28 22:43

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする