tomoken1962
tomoken1962
B&W 805Sを10年ほど使った後、805D3に乗り換え。近年は805D3からいかに良い音を引き出すかに腐心する日々です。 昭和末期の電気関係の学科出身、とはいえ仕事はそれとはほぼ無縁。平成を…

マイルーム

B&W 805D3バイアンプ駆動
B&W 805D3バイアンプ駆動
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
B&W 805Sを10年ほど使った後、約3年前に805D3に乗り換え。 その後、何かに衝き動かされるように、アンプが増えたり、DACが増えたり、ケーブル交換などしております。(スローペースです)…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

②805D3バイアンプ駆動 - パワーアンプの追加

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月18日

・当時の構成(バイアンプ化前)
 CDP: Panasonic DVD-H2000
 Pre: Technics C-7000
 Power: Luxman M-70f
 SP: B&W805D3 + FS805D3
 SPケーブル: Acrolink 6N-S1000II

・バイアンプ化の動機
 1年程度、上記構成(モノアンプ駆動)で使い続けた後、CDによっては、
 再生音(特に高域)がきつく感じられるものがありました。
 ネットを眺めると、「逆起電力」、「バイアンプ」などというキーワードが
 気になり、バイアンプ駆動をやってみました。

・アンプ
 バイアンプにするなら、やはり同じアンプが良いだろうと思い、
 オークションで LUXMAN M-70f を追加購入(中古 15万円程度)

・結線
 バイアンプの結線は、以下の二通りが考えられます。
 Pre, Power間は、いわゆるYケーブルで分岐させアンバランス接続です。

 ①ウーハー、ツィーター毎にアンプを分離
   アンプAの各chで、2台のSPのウーハーをそれぞれ駆動
   アンプBの各chで、2台のSPのツィーターをそれぞれ駆動
 ②Lch, Rchでアンプを分離
   アンプAの各chで、LchのSPのウーハーとツィーターを駆動
   アンプBの各chで、RchのSPのウーハーとツィーターを駆動

まず①の結線を試しました。

・①の試聴結果
 ・スピーカーが伸び伸びと鳴っている
  M-70f 1台で805D3 2台を駆動していた時は、どこか鳴らしきれてない
  抑圧された感じがしていました。バイアンプ化後は、そういう印象が消えて、
  非常にのびのびと、自由闊達に饒舌に音楽を語ってくれるようになったと思います。
 ・音数増えた
  大編成で奏者が多い演奏では特に顕著に分かる
 ・音の力というか魅力というか、そういうものが増した(うまく表現できませんが)
  住まいが人工密集地で、交通機関の騒音も多い環境のため、
  以前は音楽再生中も屋外の騒音が結構気になったものですが、
  バイアンプ化後はほとんど気にならなくなりました。

約1年間、①の結線で聴いた後、②の結線に変更しました。

・②の試聴結果
 ①と同様の印象ですが、それに加えて更に、
 ・チャネルセパレーションが良くなり、音像がよりピントくっきりになった。
 ・低域の再生に余裕が出た
  アンプ1台で805D3の2つのウーハーを駆動するよりは、805D3の
  ウーハー+ツィーターを再生するほうが、アンプにとっては楽なようです。
 (とりあえず Luxman M-70fの場合は)

・変更後の構成
 CDP: Panasonic DVD-H2000
 Pre: Technics C-7000
 Power: Luxman M-70f * 2
 SP: B&W805D3 + FS805D3
 SPケーブル: Inakustik EX-4C (ウーハー用)
 SPケーブル: Acrolink 6N-S1000II(ツィーター用)

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. tomoken1962さん

    一連のセットアップの日記、たいへん興味深く拝見いたしました。こういう変遷とその経緯を集中してまとめられることは、ご本人にとっても、拝見する側にとっても参考になりますね。

    バイアンプの結線…つまりは、ハイロー振り分けか、左右振り分けとどちらがよいかということですね。私も以前そのことを記事にしました。

    http://community.phileweb.com/mypage/entry/2408/20170823/56712/

    結論は、逆で、私はハイロー振り分けの方がよくて、ずっと、それで聴いています。

    私の場合は、ネットワークレスのマルチアンプ駆動なので、バイアンプとは違うのですが、どうも聴いてみると上下で分けるほうが好もしく思えます。

    こういうことは、やってみなければわかりませんし、じっくりと聴いてみることも大事です。この結線比較はわりとお手軽にできることですものね。前回の実験はもう2年前のことで、その後、多少システムに手も入れているので、また、比較してみることにします。

    byベルウッド at2019-08-22 00:55

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする