tomoken1962
tomoken1962
B&W 805Sを10年ほど使った後、805D3に乗り換え。近年は805D3からいかに良い音を引き出すかに腐心する日々です。 昭和末期の電気関係の学科出身、とはいえ仕事はそれとはほぼ無縁。平成を…

マイルーム

B&W 805D3バイアンプ駆動
B&W 805D3バイアンプ駆動
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
B&W 805Sを10年ほど使った後、約3年前に805D3に乗り換え。 その後、何かに衝き動かされるように、アンプが増えたり、DACが増えたり、ケーブル交換などしております。(スローペースです)…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

⑤805D3バイアンプ駆動 - スピーカーケーブル交換(4芯、スターカッド接続)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月18日

電源ノイズ対策で、高域はかなり綺麗になったものの、まだこんな不満が :-)

 ・ギターソロの音色が引っ込みがちで抜けてこない、
  言い換えると、なんとなく中低域が痩せているような気が...

この対策はなかなか見い出せなかったのですが、ケーブル関係をいろいろ眺めていて、「誘導ノイズ」、「スターカッド接続」というというキーワードが気になりました。

「Star quad cable - Wikipedia」
「スターカッド接続」
 
SPケーブルは2芯のものを使っていましたが、ケーブルを4芯に変更し、
「スターカッド接続」することで、誘導ノイズを減少できるとのことで、
SPケーブルを以下の材料で作成し、交換しました。

・ウーハー用 
 ケーブル Inakustik LS-1002
 ラグ フルテック FP-203(R)
・ツィーター用 
 ケーブル Inakustik LS-602
 ラグ フルテック FP-203(R)

・交換後の印象 まずはウーハー用ケーブルのみ交換した状態

 ・音が前に出る
 ・低域・中域の音量増大 
 ・ギターの音が前に出てくる印象
  SteelyDanでの LarryCarltonのギターソロとか
  (EX-4Cでは引っ込みがちで今一つ前に出ない印象だった)

ウーハー用SPケーブルのみ2芯→4芯に変更して約1週間、
なんとなくツィーターがマトモに仕事をしていない感覚に襲われ、
ツィーター用のSPケーブルも、4芯の Inakustik LS602に変更。

・交換後の印象 ウーハー用+ツィーター用ともにケーブルを4芯に交換

 ・ドラムのハイハットが良く聴こえる
 ・ベースも良く聴こえる
  倍音が整ったせいなのか、Lost Foundamentalsと関係ありか。
 ・ウーハー、ツィーターのつながりが良くなった
  というか、意識しない限りは、それを感じさせないくらいに自然な音が出てくる。
  LS602への交換前には、ツィーターの担当領域の楽器(ドラムのブラシ、
  女性Voのソプラノ)は、やたらと上の方(高い位置)から音が聴こえてくる印象が
  あったが、それがなくなる。
 ・交換前は、CD一枚聴きとおすことが少なくなっていたが、
  何でも聴きとおしたくなるような魅力的な音に。

・SPケーブル交換後の構成
 CDP: Panasonic DVD-H2000
 DAC: CHORD Hugo2
 Pre: Technics C-7000
 Power: Luxman M70f * 2
 SP: B&W805D3 + FS805D3
 SPケーブル: Inakustik LS1002 (ウーハー用。4芯をStarQuad接続)
 SPケーブル: Inakustik LS602 (ツィーター用。4芯をStarQuad接続)



ここまでやってみて、B&Wに対してネットで言われる、「スカキン」(中低域スカスカ、高域キンキン)とは無縁の音になり、とりあえず今の私には何の不満も感じられない音になっています。(ま、しばらくすると、また何かするかもしれませんが)

特にジャズのライブ音源で、2chのシンプルなマイク録音と思われるものは、当時のライブ会場の雰囲気がそのまま伝わってくるような音像が再現できていると感じています。全く恐ろしい再生能力を持つスピーカーです、B&W 805D3。
(例: Lenny Breau / The velvet touch of lenny breau,
    Bill Evans with Jeremy Steig / What's new)


次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする