ベルイマン
ベルイマン
音楽は最近はミニマルミュージックをよく聴いてます。好きアーティストは、マイルス・デイビス、スティーブ・アルビニ、ジム・オルーク、テリー・ライリーかな。色々聴きます。 映画は、タレントを売るために…

マイルーム

リビングと映画部屋
リビングと映画部屋
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音なし / ~2ch
三角形の部屋で、底辺は窓、窓、窓。 スピーカーの後ろに調音パネルを置いたら、 ステレオ感がましになった。 クアドラのラックの天板には嫁のテレビ・・・ ARTEのピラミッドをつけている。…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

屋内配線は要シールド? / 子分電盤はいくつ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年04月05日

皆さま、こんばんは。連日の質問でお騒がせしております。

まず、皆さまに感謝申し上げます。一応当方にも思いつくことぐらいはあるので、いくらか発言しましたが、先達の皆さまからの暖かい攻勢にあい、今のところプランとして維持できているのは、オーディオと映画を二辺に分けるということぐらいです。オーディオは部屋は横長に使おうと計画していたのですが、縦長に使おうと思います。ウェルフロートボードは非常に気にいっていますが、いったん封印し、硬い床にする方途を模索します。床を湿式にするのに出費が増えるので皆さまの攻勢を話したところ、嫁にも皆さまに「もっと早く相談するべきだったね」と言ってもらえました。


さて、質問があります。内部配線材にシールドが必要か?またブレーカーはコンセントの数だけ用意するべきか?です。以下、質問がうまくまとまらないので、だらだら書きます。知りたいのは、①分岐して子分電盤までの内部配線はCV22よりも良いのはないのか?電磁波だらけのご時世にシールドはいらないのか?②子分電盤は複数が良いのか?特に子分電盤でアナログとデジタルを分けることは、どれだけ価値があるのか?



私は出水電器のEO-01という30Aの、分電盤とコンセントが一体となっているものを導入予定です。部屋の短辺の中央下部にEO-01を設置しようと思います。出水電器さんにはもっと小型のコンセントと一体化していない分電盤もありますので、例えばデジタルとアナログを分けるということも可能なようです。分岐工事をして、コンセント付き子分電盤まではフジクラCV22にするプランになっております。この配線材にはシールドがついていないので、シールド付きにできないだろうかと検討中です。アコースティックリバイブのPC-Triple C&銅箔シールドのFケーブルが第1希望でしたが在庫が厳しいようなので、オヤイデの30A対応のFケーブルを考えております。

出水電器さん以外からもオーディオ用途のブレーカーはいくつか出ているようですが、出水電器の製品を全く除外して、他社のを採用することは検討しておりません。他社製品を使うとしても、併用となります。



私の現況と今後を簡単に記すと、

現在はCDプレイヤーのみですが、今後、ネットワークプレイヤーとNAS、或いは、出力が200w以上300w未満のアンプを導入するかもしれません。ガサツな性格なのでレコードは導入しません。映画も大量に観ますが、65型の有機ELとユニバーサルプレイヤーとAVアンプのセットに、大型のサブウーファーを追加するかもしれないという程度で、プロジェクターやサラウンドスピーカー等は導入する予定はありません。また、オーディオシステムと映画のシステムに同時に電源を入れることもありません。

デジタルとアナログの分割はどういう意味で必要なんでしょうか?現在ラックスのクリーン電源を使っていますが、この電源機器は音質に関して議論の余地があるとしても、高周波ノイズの遮断にはかなり効果がある気がします。しかし、この機械そのものがノイズを発生させているというのも、十分、ありそうだなと思います。とはいえ電圧変動への対処はジェネレーター式でないと難しいのかとも思います。どうなんでしょうか。





注 : 写真は『音の見える部屋』に掲載された故・貝山知宏さんのオーディオルーム”ブワノアール”(黒い森の意味のフラ語)の様子と分電盤。貝山さんは分電盤から伸びた6系統のFケーブルをタップに直結させていた模様。赤いフォステックスに黒々としたディフューザーが実にダンディーである。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ベルイマンさん こんばんは。

    《デジタルとアナログの分割はどういう意味で必要なんでしょうか?》

    その答えはオーディオをどう鳴らしたいかで変ってくるのではないでしょうか。人並みに音が鳴ればいいだけならそこまでやる意味はないですし必要もない。ほんのわずかでも改善効果が期待できるなら意味があり、求める音が高まるにつれ徐々に「意味あり」から「必要」に変わっていくと私は思います。

    (新築の場合は建てる前にそれらを総合的に判断しなければならないので気苦労はお察しします。)

    ここでオーディオ電源あるある話を並べてみましょう。
    ・マイ電柱、マイトランス
    ・専用分電盤(家庭用と分ける)
    ・ブレーカーの数をコンセントの数と同じにする(個人的には1コンセント2ブレーカーがオススメ)
    ・良質なブレーカー、良質な分電盤
    ・良質な壁コン、良質な壁コン用プレート
    ・専用アース、仮想アース
    ・デジアナ分離
    ・バッテリー駆動 vs 出川式
    ・電源タップ vs 壁コン直
    ・ド高い電源ケーブル
    ・各種フィルター類、空きコンセントに挿すタイプの怪しい筒の類い
    などなど、これらと根っこは同じです。乱暴な言い方になってしまいますが、それって意味あるの?と言い出したらきりがない…

    現場レベルの使いこなしは大袈裟に言って半分くらい経験と勘。残りの一部に実験という側面がありますが、家の電源設備をほいほい入れ替える人なんてなかなか聞きません。こればかりは実験的解決は難しいでしょう。

    EO-01はブレーカー1系統の固定式6口電源タップの様に見えます。今までの話はおいておいて、これと心が決まっているならもうそれで良いんじゃないでしょうか。導入してオーナーが精神的に満足するならなんの問題もないと考えられます。(オーディオ機器ですから。)

    屋内配線はシールドや音も大事ですが、30年、40年、50年と歳月を経ても安全性の保てるであろう信頼性の高い線材であることが大事だと思います。ケーブルスペック上の寿命はどれも同じでもこの天災の多い日本市場で長く実績のある線材は、良くも悪くも築年数と同じだけ使われているケースがあるのではないでしょうか。
    またシールド線の場合、そのシールドを何処に落とすか考える必要がありそうです。「シールド線ならどんなものでもノーマルより良いだろう」は早合点かも知れません。

    byhigh speed at2020-04-06 01:16

  2. ベルイマンさん

    出水電器さんのプランどおり、フジクラのCV22を推します。

    電力計あとの分岐から分電盤(&コンセント)までは、そのまま3線200V(±100V)で送電するはずです。バランス伝送ですから、そもそもシールドは不要です。せっかくオーディオ部屋に分電盤を設置するのに2線(100V)にしてしまったら元も子もなくなってしまいます。

    あくまでも送電線の太さ(=低導体抵抗)が優先です。新築だからこそぶっとい3線動力線を壁の中に通せるのです。やり直しがきかないので分電盤とコンセントの設置数と設置場所を事前に熟考し、施工面でもよく打合せされることをおすすめします。

    くれぐれも「オーディオ用高音質」などという売り文句に惑わされないように。

    byベルウッド at2020-04-06 01:22

  3. ベルイマンさん

    はじめまして。
    屋内配線に対する高周波ノイズの影響ですが、経験上、よほど他の信号線などが近接していない限り影響はほぼないと思います。

    聴覚上ですが、電源にシールドするより、影響が出そうな信号線をしっかりシールドされたものにする方が良い効果が出ることが大半のようです。

    過去にノイズフィルタを
    ・オーディオ用電源
    ・冷蔵庫などそこそこの電力が常時通電してる家電
    に取り付けた場合、オーディオ用は付けずに各家電の電源ケーブルにフィルタを設置した場合が最も高音質でした。

    屋内配線は引き回す距離も長いので、施工場所に合ったサイズのケーブル自体にストレスがかからないものがよろしいかと思います。

    意外とケーブルのストレスや床や壁への設置状況が音に与える影響が大きいと感じています。

    素敵なリスニングルームの完成を心からお祈りしております。

    bySMOKE1979 at2020-04-06 01:57

  4. テキトウに書き連ねます。


    単相三線式:現代の一般家庭で標準。
          赤(L1)・白(N)・黒(L2)の3本で白が中性線。

    三相三線式:一般にいう「動力線」です。
          ご家庭で使う事はありません。大型冷凍庫とかモートルとか。


    低インピーダンス路はノイズの影響を受けにくいのでシールドは要らないと思います。オーディオの中でスピーカーケーブルにシールドが無いのが当たり前なのはきっとそのせいです。
    例外は、レコードのカートリッジからの経路でこれはその信号自体が微弱で後に千倍万倍に信号増幅されるので実影響が大となる為。ご心配の100Vや200V電源は、増幅どころか逆に降圧されて使われるので影響は極めて小。それでも心配ならば可能な範囲でツイストすればよいと思います。

    分電盤はオーディオ用に1個でよいと思いますが、子ブレーカーは沢山あった方がよいです。通常分電盤の上段が先の赤(L1)系、下段が黒(L2)系となるはずですが、一つのオーディオシステムでL1とL2の混在は避けなければなりません。コンセントの極性合わせが無駄というか完全に裏目に出るようになるからです。(かないまる氏のホームページに解説あり)オーディオシステムと映画のシステムに同時に電源を入れることが絶対にないのであれば、それぞれL1,
    L2に分けてしまっても良いかもしれません。(通常はL1とL2の電力消費バランスがとれるように采配するものですが)

    デジタルとアナログの分離は・・・音に影響するからです。コンセントを分けるのは距離を稼ぐ(遠くなれば勝手に減衰する)ためでもあるのですが根本的には専用の絶縁トランスを用いるのが一番です。研究所ではそのようにされているようです。
    http://www.jspf.or.jp/Journal/PDF_JSPF/jspf2019_11/jspf2019_11-572.pdf
    わたしのオススメのトランスは電研精機です。採用実績も多く拙宅でも活躍しています。
    https://www.denkenseiki.co.jp/about_us/about_us.html

    長くなりましたのでこれくらいにしておきます m(_ _)m

    bynightwish_daisu at2020-04-06 02:37

  5. ベイルマンさん ブレーカーについては前にレスで質問されましたがあまりよくわかりません。私は柱状トランスまではやる気がなく
    しかし電源は大切だと思います。

    byELVIS at2020-04-06 05:45

  6. ベルイマンさん  こんにちヮ! (^_^)/

     いやいや 盛り上がっていますね (笑)  皆さんの関心の高さが物語っています。

     
     映画もお好きなベルイマンさんだから 本格的なサラウンドも視野かと思っていましたが 2.1chが最終と言うコトバを見てショックが隠し切れません(泣)  まぁ- スピーカーが増えると言う事は少なからずステレオ再生には影響しますし コストを思えば馬鹿らしくは成ります (*_*)  でも映画はやっぱりサラウンド! より大画面!!   新築の今だから出来る事! 各所に「補強」と「電源」と「CD管埋設」はしましょ!   将来を見据えましょう (^^♪ 

     13年前の初日記の写真です。
    http://community.phileweb.com/mypage/entry/85/20070605/380/
    人生初のスクリーン(100インチ)裏にはTVアリ。
    机上の計算では十分な余裕があると思われたセッティング。 実際はNautilus801は生殺しで サラウンドの繋がりもイ・マ・イ・チ。。 空想と現実には大きな開きがありました(笑)
     この日記の「次回/次回」と進んでもらうと コンクリートを入れる前の写真や電源BOX等が写っています。  youtubeも何年か前から記録に残しているので見て頂けると立体的に見れます(笑)

    床の説明に続きます。 (長くてスミマセン)

    byアコスの住人 at2020-04-06 11:25

  7. http://community.phileweb.com/mypage/entry/85/20070618/476/

    コンクリートを流す前の状態です。

    中央にCD管が走っていますが それは電源BOXになります。 私の部屋は 誰が名付けたのか忘れましたが「アイランド型」セッティングです。  載せてる写真の貝山氏や評論家諸氏には多い置き方ですね。  機器が増えるのは想定内、機器間の配線やACの取り方など・・・ これがベストであろうと造りました。  まぁ- 評論家先生方の様に 機器やソフトを山積みしてるのを見るとガッカリですがネ(笑)  あ-は、なりたくない!

     写真の黄色い板?(実際は高密度な断熱材みたいなものだった)が分かると思いますが そこがスピーカーステージとこちら(リスニング)側との境目です。 振動の伝わり方を絶縁しています・・タブン(^_-)

     天井の位置は変更出来ないと言われたので床下を無くしてコンクリートを直接打っています。(天井高は高いのが良い!)  その上にスピーカーステージは大理石を貼り、こちら側は板貼りにしています。  ハッキリ言って仕舞うと コンナ部屋では暮らせません!!  床、硬すぎです。 厚手の絨毯を敷いていますが効果は無く 足は痛いです。 一歩踏み入れれば分かります。  まぁ- コレは慣れが解消してくれます(笑)

     ただし 効果は絶大です。 床を伝わる様な 大音量時の振動はありません。 それは風で感じたり ソファーを揺する事で実感が出来ますが(爆)  壁も多層に重量級の石膏ボードを貼り合わせているので叩くと「コツコツ」です。  まぁ- 残念な事に この部屋の設計当時より 音が充実してきているので ビビリが無いとは言えませんが(笑) 我慢が出来る範疇です。

     『ボーダーライン』は持参いただけますか?(笑) まだ買っていなかったです。 youtubeで予告を見たら完全に未視聴でした。 wowow録りにあるかもしれませんし Amazonでも見れるかな?  ですが「ロスレス」じゃないと・・我慢出来ない耳に成って仕舞いました(笑)  昨日はジョンウィック1/2を梯子視聴!  これからは「ゴジラ ~キング・オブ・モンスターズ」を爆音視聴です。 (笑)

     でわでわ・・・

    byアコスの住人 at2020-04-06 11:55

  8. ベイルマンさん,こんにちは。

    デジタルとアナログを分離するのは、壁内配線ケーブルが長い場合には有効です。長いケーブルでノイズが減衰するからです。

    分電盤へのケーブルはシールドの無いCV22で問題ありません。電源ケーブルにシールドは必要ありません。ラックスマンの電源ケーブルはノンシールドです。

    私はCV22を地中埋設していますが、これは空中電波が気になるからではありません。景観の問題からです。

    アコリバの壁内配線ケーブルは2.6mmだと思います。これは5.5スケでCV22の1/4で、論外です。分電盤とコンセントの間には良く、アコリバは私も使っています。

    オーディオ用分電盤には音にこだわるアナログ機器のみつなぎ、それ以外は一般コンセントからが良いです。そうすることで、一般コンセントの長い壁内ケーブルがノイズをしっかり減衰してくれます。

    私は当初、全てをオーディオ用分電盤から給電していましたが、一般コンセントの併用で音質向上しました。

    それと部屋内のコンセントはすべてL1またはL2に統一して配線するのが必須です。

    L1とL2で、一般に電圧とノイズレベルが異なります。
    片方が電圧が高くてノイズが低いなら、選択に迷うことは無いのですが、片方は電圧が高いがノイズも多い、片方は電圧は低いがノイズが少ない場合はさて、どうするか?

    私は前者を選択しました。電圧を上げるのは問題が多いが、ノイズを下げるのは問題が少ない、と判断したためです。

    byミネルヴァ at2020-04-06 12:50

  9. ベルイマンさん、こんばんは。

    自分も出水電器に工事をお願いして、電力メーター以後で家庭用電源とオーディオ用電源の分岐工事をしました。出水電器では担当するオーディオ用電源のみでなく、家庭用電源のノイズ対策も施してくれました。その結果、自宅の電源周りは何の不満もありません。オーディオ用電源工事を数多く重ねて来た実績からも信頼してお任せ出来ると思います。

    ご質問内容についてはミネルヴァさんと同意見です。分電盤へ配線はCV22とし、デジアナ分離はC/Pの観点からアナログ系はオーディオ用電源から、デジタル系は家庭用電源からの給電がよいと思います。付け加えるとすればアースの件です。拙宅ではオーディオ専用電源工事のときに接地アース工事を実施して、更に追加でアース棒の増し打ち工事もお願いしました。アースの効果はとても大きく、C/Pもよかったです。

    なので、オーディオ用の電源設置に合わせてアース工事の実施をお勧めします。デジアナ分離はオーディオ用と家電用の分離で足りると思いますので、家電用も良質なアースを取りたいところです。アースは干渉を避けるために、離れた場所に接地が必要ですのでオーディオ用と家電用のアース位置を予め決めておくとよいと思います。オーディオ用優先で、専用分電盤に出来るだけ近い位置がよいです。

    TOTALコストも見据えつつ、納得できるプランを模索してくださいね。

    byヒジヤン at2020-04-06 18:50

  10. ベルイマンさん こんばんは。

    東京電力管内の対応や宅地周辺の住宅状況は分かりませんが契約電流200Aですと30kVA柱上変圧器が得られるかもしれません、なんちゃってマイ柱ですね。親メーター、子メーターを付けてオーディオ用と家庭用の分電盤に振り分けられるようです。オーディオ用分電盤のブレーカーは現在使用機器の2倍以上は取りたいです、1機器に1ブレーカー1コンセントという具合に。オーディオ専用品のことは解りませんが。

    byぺぶるす at2020-04-06 19:42

  11. high speedさん、コメントありがとうございます。いつも丁寧に教えていただき感謝です。EO-01でいきます。屋内配線はCD菅を入れて交換も想定する必要があるのかと業者さんにたずねると、普通は屋内配線の交換をしないし、防音壁の内部のケーブルは鉛で固めて音漏れがないようにするから、CD菅は入れれば、交換可になるが、本当に交換するんですか?って。交換しないので無しでと。出水電器さんとのセッションが本日あったのでデジ・アナ分離は?とたずねると、トランスを入れたほうが良いかもと。トランスでデジをアイソレートするということのようです。ちょっとオーディオの設定の場ではなかったので、それ以上は聞けなかったです。またよろしくお願いします。


    ベルウッドさん、ありがとうございます。また、なんというのか、コメントが面白いというか妙に含ませた感じが・・・たまりませんね。アルゲリッチのことですよ〜。よく分かっていないのですが、ベルウッドさんのコメントを思い出して出水電器さんの話を聞いていました。バランスだとシールド要らないんですか?また改めて質問させてください。(^ ^)


    SMOKE1979さん、はじめまして。コメントありがとうございます。私もさいたまなので、今度遊んでください。モニターオーディオのGOLDいいですよね。ストレートな音色が好きです。コーンとトゥィーターですかね。私はFOCALを選んだのですが、悩みました。ノイズフィルターの件、承知しました。嫁のドライヤーからトイレまで付けて回りますね。

    byベルイマン at2020-04-06 21:42

  12. 追記です。
    デジアナ分離と言っているのは、デジタル信号O/PUTかアナログ信号O/PUTかの区分のことです。デジタルは今後やる予定のネットワークプレイヤーとNAS周辺のことです。最初はACアダプターなども使われることを想定しています。今お使いのCDPはアナログ区分です。

    島元さんがトランスと言われたのは、CDPをイメージしてのことかと思いました。

    byヒジヤン at2020-04-06 22:47

  13. nightwish _daisuさん、またまた興味深い話をありがとうございます。色々教えていただいたので、デジアナ分離はどうなのか出水電器さんに聞いてみたのですが、EO-01は使ってトランスを導入するのはどうか、ということに。トランスは家の完成後に考えてみることにします。電研精機さんも候補にしたいと思います。出水電器さんも、その時は質問させてください。


    ELVISさん、こんばんは。すいません。なんか無理矢理コメントしてもらっちゃったのかもしれません。m(_ _)m
    またよろしくお願いします。


    アコスさん、ありがとうございます!そこまで言われるとサラウンド+大画面への古い欲望が・・・。なんかすごい紆余曲折の後のJBLスタックなんですね。スピーカー下が大理石なんですか。本日の会合では突き板の合板フローリングなんですが、これで大丈夫ですかね?『ボーダーライン』と『メッセージ』持っていきますね!

    byベルイマン at2020-04-06 23:37

  14. ミネルヴァさん、こんばんは。コメントありがとうございます。L1とL2の電圧とノイズって、実際にはどう測ったり、計算するんですか?そして分電盤の区分って、新築の場合、誰が決めるんですかね。ちょっとちゃんと確認しておかないとまずいんですかね。後から配電の仕方を変えるのは困難ですよね。


    ヒジヤンさん、こんばんは。ご注意ありがとうございます。認識がズレてましたか。なんかいまいちピンとこなかったのです。島元代表は、私のデジアナ分離の質問に対して、機材は何を使うんですか?と聞いていただいたのですが、「今はCDだけですが、後でネットワークプレイヤーとかNASとかを足すかもしれません。」と答えると、EO-01とトランスの話になったのです。そもそもエアコンや照明や携帯の充電をするコンセントは当然、母分電盤からの電線にしますが、さらにルーターやpcを使うとしても、それらも家屋用の電源を使えば、デジアナ分離になるという理解でよろしいのでしょうか?


    ぺぶるすさん、こんばんは。何ですか、その面白そうなのは!?200Aってそんなに契約したらえらい電気代になりそうです、、、。ブレーカーはオーディオ用として一つに今回はなりそうです。

    byベルイマン at2020-04-07 00:53

  15. ベルイマンさん、おはようございます。
    電圧はデジタルマルチメーターで、ノイズはノイズハーベスタの点灯頻度で分かります。L1とL2の入れ替えは後からでも簡単でした。2分もかからなかったような。

    byミネルヴァ at2020-04-07 05:42

  16. ミネルヴァさん、おはようございます。

    ノイズハーベスタというのはps audioの商品のことですか?へー、便利なものがあるんですね。部屋のノイズを測定して回ってねー、それで分電盤をねー。市川崑の『雪之丞変化』で若尾文子を見た時程度の驚きですね。まさかねー、そんなにねー、文子様。ミネルヴァ様、また細かく教えてください!もうショック。

    byベルイマン at2020-04-07 07:47

  17. ベルイマンさん、初めまして。
    設備設計を専門にしています。いくつかアドバイスできるかも
    しれません。
    まず、CV22というのが気になります。よほど配線長が長くない限り、
    8スケア程度で十分ではないでしょうか。一度、電圧降下の計算を
    してみるとよいでしょう。
    またケーブルの種類ですが、できればEM-CEを使いたいところです。
    CVは被覆がビニールですが、CEは硬い架橋ポリエチレンなので、
    振動などを気にされるならお薦めです。
    将来の廃棄問題などを考慮し、公共工事ではCVやCVVは使わない
    方向で進んでいます。

    また、将来別種のケーブルに引き替えることを考慮し、さらに
    雑音防止も兼ねて、金属の電線管に収めるのがベストです。
    私なら、ネジなし電線管E(28)にEM-CE8.0-3Cとします。

    by801A at2020-04-07 15:10

  18. ベルイマンさん、こんにちは。
    一気に情報が流れ込んできて取捨選択も大変だと思います。
    が、そんな中私も言いたい放題させていただきます(^^ゞ


    私ももう10年以上前に出水電気で電源工事をしました。
    色々勉強させていただきましたし、その後のブログ等で相当広告塔としての役割も果たしたと思います。決してアンチではありません(笑)
    だからあえて言いますが…

    EO-01ってただの「漏電ブレーカー付き電源タップ」じゃないですか?
    あとからコンセントやコンセントボードを交換できないのはマイナスな気がします…。
    また、コンセント6口って結構ギリギリな気がします。
    増設が必要になってタップを繋いだりすると結構馬鹿にならない追加出費が必要になります。
    でもフロントパネルのプラグを固定してくれそうなデザインは良いですね!


    まぁ、それは置いておいて(笑)
    設置はきっとスマートメーターからのオーディオ/家庭用分電盤分岐になるのだと思いますので、家庭用分電盤までの方の配線は無駄に引き延ばしてください。
    逆にオーディオ用は最短距離で。
    優先順位は常にオーディオ。回転寿司の上流にオーディオ用。
    これはデジアナ分離より優先度上です。
    そもそも最近はアンプだってどこまでがアナログでどこまでがデジタルかなんて曖昧です。(極性だけは合わせましょう)
    島元さんならちゃんとやってくれるとは思いますが念のため。

    それとEO-01を取り付ける場所の下地にも拘りたいですね。

    byたびびと at2020-04-07 15:11

  19. ベルイマンさん今晩は、いろいろ勉強しているんですねー。
    私より知識がありそうです。
    屋内配線にシールドが必要かと言えばいらん、でしょうね。

    通常の住宅地域に新居を構えるのであればですが。
    もし周りが店舗が多い商業地域あるいは、小さな町工場が乱立している地域ならば、
    業者にお願いして計測して貰う事をお勧めします。
    10万円ほど掛ると思います。
    それでも私は、シールドはいらんと言うでしょうね。

    多くの皆さんが助言されている通り、
    ”CV22ケーブル”と”出水電器のEO-01”で十分だと思います。

    私も新築するならば、同じことをしたと思います。
    もっと高品質なクライオ処理したケーブルやブレーカーを使う人もいますが、そこまでは、と思います。
    マイ電柱なんてものも、ありますが。

    ラックスのクリーン電源を所有しているのであれば、アナログ系をクリーン電源専用に、その逆もあり。
    後は、ピュアオーディオ系とシネマ系で分けてみるぐらいですかねぇー。

    デジタルとアナログを分割する意味は、主に高周波ノイズの混入を防ぐためですが、どこまで効果があるかは、接続する機器・環境によりますが。
    昨今パソコンやネットワーク機器もオーディオに進出し、これらを分離するだけでもよしと。
    頭で理想、描いた通りにしてもダメな場合もあるし(んんー難しい (^▽^)/)

    電源関係に費やすよりも、床を「アコス邸」のようにした方が後々よいかと思うのですが。
    私もしたかったのですが、私の住んでいる地域は、寒過ぎて無理。
    あの床は驚異的です。

    BBより(=^・^

    byブルースブラザース at2020-04-07 18:05

  20. ベルイマンさん こんにちは

    801Aさんが架橋ポリエチレンの事を書かれましたので乗っかってみます。801AさんはEM-CEと書かれています。オーディオ界隈ではPolyethylene Cableの略でPEとかXLPEとか書かれていることも多いです。架橋ポリエチレンは火災時に有毒なガスが出るかでないかでビニール線より優れていて、潜水艦などを有する海上自衛隊の調達でPEが指定されるとかいう情報をどこかで見ました。801Aさんがいわれるように公共工事でも指定されたりするようで、私も実際にとある公共設備のケーブル被覆がPEであることを目にしています。調べみると日立のエコケーブルでした。

    ベルイマンさんの工事には直接関係なかったですね(笑)

    屋内配線の耐用年数についても調べたことがあったので、一連のブログなどを紹介してみます。アコリバの石黒社長さんまで登場して熱い記録が出来上がりました(^ー^

    1.「アコリバ nightwish_daisuki」をGoogle検索すると先頭に出て来る
     「新しい登録ユーザ - ACOUSTIC REVIVE - フォーラム」をクリック!!

    2.ケーブルの絶縁体について調べてみた①
     https://ameblo.jp/nightwish-daisuki/entry-12468910345.html

    3.ケーブルの絶縁体について調べてみた②
     https://ameblo.jp/nightwish-daisuki/entry-12468910435.html

    4.がっかりした事
     https://ameblo.jp/nightwish-daisuki/entry-12468917637.html

    ※耐用年数だけに絞って閲覧する場合は②をご覧ください m(_ _)m

    bynightwish_daisu at2020-04-07 18:06

  21. ベルイマンさん こんばんは。

    その面白そうなのは!?ですねぇ、
    以前、建替えしたとき何アンペアで契約しますかと聞かれて200Aと答えたら2、3日待って下さいとなり新たに電柱と30kVA柱上変圧器の工事がありそこから単独引き込みされ今に至っています。その後周囲に家が8棟ほど建ちましたが未だにマイ柱状態です。
    電気代は大体2万ちょっとぐらいです。
    分電盤についてはオーディオ用のものではなく標準分電盤と言われるものでブレーカー36個のものですがもう空きが一つしかありません。家庭用分電盤はブレーカー10個だったような、1ブレーカー1機器で余裕を余るぐらい多く取った方がいいと思いますが、、

    byぺぶるす at2020-04-07 19:25

  22. 200A(20kVA)程度の小さめの柱上トランスなら高効率のアモルファスになる事すらあります。それで容量がいっぱいなので未来に渡ってマイ柱上トランスです。用途を聞かれると思われるのでエレベーターとか何か答えを用意しておきましょう。
    https://ameblo.jp/nightwish-daisuki/entry-12468896200.html
    ↑の記事の前後に幾つもの柱上トランスについて調べた記事を載せています。

    bynightwish_daisu at2020-04-07 19:39

  23. 801Aさん、はじめまして。コメントありがたいです。アキュのレヴューも楽しみにしています。実は自分もビニールというのが気になっているんです。被覆はどの程度影響をもたらすんでしょうかね。そして絶縁材は・・・。CD菅なのですが、パイプの材質によっては共振するものなのでしょうか?


    たびびとさん、素敵。もう感動しますよ。そのキャリアに。話ぶりから感じますね。了解です。家庭用分電盤をEO-01に近づけろってことでいいですね?


    BBさん、こんばんは。コメありがとうございます。床をアコス化する件、承知しました?でも、ご本人も「住めません」って(爆) 材質の件でまた質問します!


    ぺぶるすさん、いつもありがとうございます。家庭用分電盤は、ブレーカー数を増やしたら、その一つ一つのブレーカーに割り当てたコンセントは良質の電源になるんですかね?なるにしても分岐工事をした場合ほどではないのでしょうかね。


    nightwish _daisuさん、こんばんは。コメントありがとうございます。ボーボワールの小説の中で、党派根性がこの世の悪の根源だ、みたいな話がありました。20年くらい前に読んで、いまだによく思い返します。私は、ことオーディオに関しては、まだまだまだ、党派根性から自由になれていません。すぐに「高音質」になびきますからね。(汗) まあ、多分ですが、一生続くかもしれませんね。断言しますが、音質とか画質が実は問題ではない人間こそ「高音質、高画質」に弱いんです。だって、本来は技術やスペックなんて二の次なんですから、もしほんとに「高音質、高画質」なら楽ですなんですよ、作品に集中できるんですから!作品こそが大事で、電線を覆っているのがビニールかポリエチレンかフッ素かは付随的な問題なはずなのです。

    nightwish _daisuさんのような方はまた違う感性でものを見られているのだと思います。なるべくたくさん語ってください。私にはすごく楽しいです。その際、一緒に党派を超えられたらいいですね!またよろしくお願いします!

    byベルイマン at2020-04-08 00:08

  24. ベルイマンさんおはようございます。

    電線の被覆材が音に対してどのような影響を及ぼすかは、よく分かりません。
    ただし、ポリエチレンは塩ビに比べて誘電率が低く、絶縁体としては優れて
    います。
    また、実際にケーブルの被覆を剥いてみればわかりますが、架橋ポリは
    えらく硬い。内部の導体をしっかり締め付けるという点では優れていると
    言えるかもしれません。
    さらに、古い建物の改修現場などでよく見かけるのですが、塩ビ被覆の
    ケーブルは、塩ビの可塑剤の影響でしょうか、導体の表面に有機質がべったり
    付着していることがあります。ポリエチレンはそのようなことがありません。

    なお、お尋ねのCD管ですが、これは自己消化性を持たないので、管を
    コンクリート埋設する以外の用途には使えません。天井内・壁内での
    配管はPF管を使います。
    また、PF管には一重管と二重管があります。どちらでも構いませんが、
    厚い外被にくるまれている二重管を強く推奨します。振動には非常に
    強いはずです。

    ただし、先日の書き込みにも記載したように、金属製電線管がお薦めです。
    金属電線管は、管自体をアースすることが義務づけられているので、
    外部雑音防止にも有効です。薄鋼電線管やネジ無し電線管ではなく、
    厚鋼電線管なら外部振動にも有効です(ただしオーバースペックと思う)。

    by801A at2020-04-08 08:53

  25. 801Aさん、こんばんは。丁寧な返信をありがとうございます。

    材質に関して書かれていること、よくわかる気がします。特にべったり溶け出した被覆が電線に付着してたらなんて考えると、ちょっとぞっとします。誘電率とかいう以前の話ですよね。現状のプランではcv22で母分電盤まで、分岐してからは14でとなっているはずです。

    CD菅、PF菅の前に解決しなければならないと思うのですが、他の電線をどう考えたらよいのでしょうか?とりあえず同じ導体径で、絶縁材がPE以上のもので、安定的、恒常的に使えるものを教えていただくことは可能でしょうか?

    お手数おかけしますが、よろしくお願いします。

    byベルイマン at2020-04-08 19:41

  26. ベルイマンさんこんばんは。

    >絶縁材がPE以上のもので、安定的、恒常的に使えるもの・・・
    ということですが、
    アンプの内部配線等はともかく、100(200)V電源線で
    PE被覆(EM-CEやEM-EEF)以上の安定性が高いものは
    ないと思います。

    なお、EM-EEFは、いわゆるFケーブル(VVF)のエコ
    ケーブル版なので、φ2.6までしかありませんが、EM-CE
    (正式名称はEM600V CE/F)は、2芯でも3芯でも
    250スケアまでありますので、お好みのサイズを選択できます。

    EM-CEやEM-EEFのような「ケーブル」は、「電線」とは
    異なり、壁内や天井なら必ずしも電線管に納める必要はありません。
    こうした場所でケーブルを電線管に納める場合は、「保護管」扱いに
    なります。

    また、「電線」の場合は、合計断面積が電線管の32%以下(例外有)に
    なるよう、電線管を選ぶ必要がありますが、保護管扱いならこの数字が
    少々大きくなっても構いません。
    ただし、実際のケーブル引き込み作業のやりやすさも考慮し、私の
    事務所で設計する場合は、32%を原則としています。

    ついでに、EM-CE22は、3芯だと仕上がり外径が21ミリなので
    断面積は346ミリスケアです。これを納めるならPF管なら最低でも
    36φが必要。ネジ無し(または薄鋼)なら39が必要となります。

    by801A at2020-04-08 21:10

  27. 801Aさん、おはようございます。ご教示いただきありがとうございます。

    EM600V CE/Fは、今使用予定であるケーブルcv22 & cv14の、被覆が架橋ポリエチレンという硬度が高く、安定したパフォーマンスの材質になっているが、被覆が塩ビでなくPEだという以外は、他は変わらないという理解で良いでしょうか?

    byベルイマン at2020-04-09 09:53

  28. おはようございます。

    EM600V-CE/F22はCV22と同等、同じくEM600V-CE/F14はCV14と同等です。
    異なるのは被覆のみです。

    良い工事になるよう、お祈りいたします。

    by801A at2020-04-09 13:01

  29. ありがとうございます。本日、いただいた話をもとに施工業者の方に投げてみました。もし万一何かお尋ねさせていただきたいことがありましたら、メッセージからご連絡させていただけないでしょうか、お願いいたします。

    byベルイマン at2020-04-09 20:38

  30. ベルイマンさんこんばんは。

    このスレッドは長くなったので、別タイトル(または②)で
    いつでもどうぞ。

    by801A at2020-04-09 20:53

  31. 801Aさん、承知しました。ありがとうございます。

    byベルイマン at2020-04-10 16:41

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする