ベルイマン
ベルイマン
2020/9/20 WELLDELTAを導入。スピーカーのかさ上げをするためにWELLFOATボードの特注をジークレフ音響に問い合わせたところから始まった話ですが、結局、フローティング構造にして、ボー…

マイルーム

マイシアター『象牙の塔』
マイシアター『象牙の塔』
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音あり / スクリーン~120型 / ~4ch
シアターの工事が終了しました!!ずばり、「象牙の塔」‛la Tour d'ivore'という名の部屋です。 縦5438 x 横3618 x 高3400mmの約11畳の縦長。 ①…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入り製品

日記

床のアイソレーションとステージング

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年08月02日

皆様、こんにちは。

オーディオルームの床について2つ質問させてください。

(1) 床を縁切りして、振動するスピーカーをアンプやプレイヤーか絶縁することについて。

(2) スピーカーの高さを上げるために床下のコンクリートを高く盛ってステージを作ること。


(1)について。
前提:部屋を縦に使います。スピーカーはFOCALのSopra No.2というトールボーイを部屋の4隅に概ね対角線上に配置します。スクリーンがあるので少なくともフロントスピーカーの間が狭くなることはありません。リアスピーカーに関しても、隣合うスピーカーの距離を狭くするということはまずないと思います。これはどのマニュアルからしても逆行することになると思われるからというだけの理由です。アンプやプレイヤー等の機器は部屋の前後に別れますが基本的に中央の長方形のなかに置きます。



この場合、部屋を赤線のように①縦に、②スピーカー周辺だけ縦と横に、縁切りして、スピーカーの振動を他の機器に伝えないように絶縁することは価値があることでしょうか?

縁切りにもレベルがあります。床だけ縁切りしても、床は壁、天井と繋がっていますので、完全なものにはなりません。スピーカーの設置に関して完全なアイソレーションを行うのは金額的に不可能なわけですが、床の縁切りだけであれば、大した工賃にはなりません。数万円程度と思われます。概ね高い遮音性を持つ防音室は多重床、多重壁、多重天井になるようにふかします。私の防音室(部屋の名はTour d'ivoireです、黒いですが(爆))も同様ですが、床の設計は現状では、ハウスメーカーの作ったコンクリート打ちっぱなしの土間に①防振ゴム⇒②再びコンクリート土間⇒③12mm合板⇒④12mm合板フローリングです。この①~④までの部分を縁切りするということです。表面剤のフローリング同士の繋ぎ目はシリコンで埋めることになります。

いったん質問をまとめますと、床の縁切りに関して①をやるか?、②をやるか?、それとも縁切りは不要か?です。

また縁切りをやるのであれば、ついでにスピーカーの設置箇所周辺を高くするということが可能です。コンクリートを盛る量を増やすだけですので。そこで(2)の質問を続けます。


私のスピーカーはスコーカーとウーファーでトゥイーターが挟まれており、リスナーに対して「く」の字型の構造になっています。これはFocus Timeという名がつけられており、音の結束を創り出す装置です。ダメなトールボーイはウーファーの出音がだらりと垂れ下がったような調子で、音の一体感を損ない、ブックシェルフ派が嫌う、スピード感に乏しくまとまりのないだらしない音を出して興ざめさせる当のものです。FocalにはSpectral 40thというスピーカーがあります。あれはスコーカー(165mm)とウーファー(180mm)と径を近づけることで、この問題を解消しようとしています。クラシック派は一度試聴されてください。トールボーイとは思えない、まとまりのある典雅な音を出します。それに対してSopraは「く」の字型の屈折によって音を結束させます。しかし、私のこれまでのSopraとの付き合い方ではSpectral40thにしておけばよかったというところです。極端な図ですが見てください。



Focus timeをまったく活用できていないのです。これまでは常にSopra No.2の前で前傾姿勢で無理やり聴いていたのです。そこで、高さを200mmあげる必要があります。高さが揃って内振りの角度を誤らなければ、うまくFocus timeで高さと前後で4本のスピーカーの音波が結束し終わった直後の音を捉えられるかもしれません。前から後から結束したトールボーイならではのパワフルな音をFocu timeで捉えられたらと思うと恍惚とします。そのために高さをあげるとしまして、単純に15cmほどコンクリートを盛れば、高額な特注仕様のボードを頼まずにすむというものです。

なお、Sopra No.2はねじ式のスパイクがついており、これの調節で前後の高さを変えれば、傾斜を作り、トゥイーターをリスナーに向けることができます。ただ私は以前ある視聴室で椅子から降りて床に座らさせていただいたぐらい、高域の可聴範囲が狭いくせにトゥイーターの高さが異常に気になる面倒な人間ですので、垂直方向の高さを変えずに傾斜によって調整するという選択肢はありません。Sopra no2に関してショップのセッティングでも、ネットの画像でも、すごい低いところに座ることを想定されているのでしょうか。偉そうなことを言うようですが、私だけでなく、多くの人がもしかするとSopraの魅力を享受できていないとすれば、Sopraはまだ生まれていないのかもしれません。

問題は、これは私の可哀想な耳とSopra no.2に完全に特化した仕様に部屋をするということになることです。また、15cmもかさ上げせず、多少、例えば5cmくらいかさ上げしたとして、コンクリートの表面に貼る、表面材は木材と石(セラミックが硬度が高く質量があると防音業者から言われています)はどうでしょうか?



(2)の質問をまとめますと、縁切りしたついで、特注スピーカースタンドの代わりに、コンクリートを盛って通常のボードで高さ調節がすむようにするのは、やり過ぎで、つぶしの効かない選択になるか?ということです。

長々と失礼しました。なんだか答えは微妙に見えてきた気もしますが、書いちゃったので質問させていただきます。縁切りした経験のない方でも、一般論としてご意見を聞かせていただければと思います。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こんにちは

    私の経験上ですが、しっかりとした基礎で鉄骨で支えられた床であればマンションの一室のフローリングであっても、そんなに神経質になる必要はないかなと思います。

    元を辿れば、振動の元は数十グラム?の振動版が前後するだけなので。どちらかといえば、そこから空中に放射される音響エネルギーの方が問題を起こす原因になりそうです。また、スピーカー本体が揺れるのはウーファー駆動エネルギーが大きいからというよりも、床の支えが貧弱で揺らされる場合が多い気がしています。

    わたしは今の賃貸マンションに引っ越してから、床の振動を感じることが無くなりました。ウッドベースを大音量で再生すると、ズボンの裾が揺れるほどですが、床はびくともしません。スピーカー本体の揺れは良く抑え込まれている感です。(何の変哲もない部屋ですけれど)
    不安にさせる記事ですが後悔しても良いと思われれば
    こちら↓をご覧ください。
    https://ameblo.jp/nightwish-daisuki/entry-12599758863.html
    ファイルウェブでは公開を遠慮した内容です。

    bynightwish_daisu at2020-08-02 17:24

  2. メタル大スのnightwish_daisuさん、いつもレスありがとうございます。狙ってるでしょう、ヒトマル式なみに、不安にさせようと。 スラロームしながら、狙い撃ちされた気分です。(^ ^)

    「床の支えが貧弱で揺らされる」というのは、具体的に教えてください。お願いします。

    byベルイマン at2020-08-02 17:49

  3. ベルイマンさん レスありがとうございます

    私は以前、畳の部屋にスピーカーを置いていました。
    厚さ4cmほどの金属製の頑丈な事務机の板部を床に敷いてみたはものの、やはり畳。しかも畳の下は木材。畳が無くても下が木材だと90kg近いJBL4344の天面を手でユサユサゆさぶると床も一緒に「タワミ」ました。

    つまり、床の支えが貧弱だと「指1本」でもスピーカーを揺らすことができます。お風呂に張ったお湯も、ある周期で揺らすと終いにはお湯が湯舟を飛び出す程の大波を起こせますよね。あれに似てます。とにかく貧弱な床では、少しの力でスピーカーが傾くは揺れるはしてしまうのです。今はスピーカーの天面を揺すってもビクともしないので共振させることができません。

    ちなみに、ウーファーの相手は空気ですので、私が手で揺するような強烈な「グリップ」はありません。それこそ空を切る感じ?。本当はコンクリートの躯体を揺らすほどのパワーはシングルショットでは無いはずです。ウーファーユニットが一瞬で2cm前に飛び出したらどの程度の反力がかかるか?この季節ですので「ウチワ」で試してみると良いです。それがコンクリートの床を揺すことができるか???答えは分かりません。

    こんな説明でよかったでしょうか?

    bynightwish_daisu at2020-08-02 18:02

  4. どんなに強固な床も、共振はするでしょうけれども
    お風呂の湯舟にはられたお湯と一緒で
    共振に至るにはある程度の時間が必要です。

    少なくともウーハーの1ストロークにコンクリート床を揺らす力は無いはずなので、そのエネルギーを蓄積させない事が肝要かと。

    揺れ始めたら止められないので、揺れ始めさせない。
    初期対応が重要。
    その点で、コンクリートや鉄骨を使った床は木材と違って「バネ」みたいなエネルギー蓄積をしないので、共振しにくいのかなと想像しています。音楽はパイプオルガンの低音は例外として、同じ音が連続して鳴り続ける事は稀なので、初期対応さえできていればほとんど気になる事はないのかなという想像でもありました。
    答えになっていなかったかもしれませんので、書くと
    ************************************
    「床面の分割はしなくても良いかな?」
    ************************************
    というのが私の感想です。個人的に、コンクリートでの床面の嵩上げは『見た目』の問題からオススメしません。普通の部屋にはない違和感を感じさせる可能性があります。音質も大事かもしれないけれど『見た目』も大事と考えます。

    他の方の意見も取り入れながらご判断下さいませ m(_ _)m

    bynightwish_daisu at2020-08-02 18:18

  5. ベルイマンさん、いつもながら思索好きですね。

    スピーカーが起こす振動が床や壁などを揺らしてしまうのは、伝達経路の中の共振によるものです。

    この共振のエネルギーは、元のエネルギーを何十倍、何百倍にもしてしまうこともあります。ミューザ川崎の天井が落ちたのも、橋が落ちたり、タンカーが真っ二つになったりするのもこのためです。

    声でグラスを割ることが出来るのも共振が起こす現象です。実際映像のYouTubeのリンクを貼っておきます。
    https://www.youtube.com/watch?v=L3sfFmXXL74

    しかしながら、ベルイマン邸は基礎に土間を張られるようなので、伝達経路での共振は心配しなくてもよいと思います。それよりも、ウーファーの振動がエンクロージャで増幅されたエネルギーが、床を通じて外に逃げずに、床からの反力でスピーカーに戻ってきてしまうことの方が気になります。どのように振動を逃がすかを考えておいた方がよさそうです。

    上記から、コンクリートの盛りはスピーカーの振動影響上も不利ですし、後々の配置の自由度がなくなってしまう不合理さを考えると止めておいた方がよさそうですね。

    もうそのように考えていると日記本文からも読み取れました。

    byヒジヤン at2020-08-02 18:30

  6. ベルイマンさん

    あまりガチガチに固めたお部屋にすると、後で後悔しても変更ができなくなる怖れもあるのでよくよく考えられた方がよいと思います。

    「ガチガチに固める」というのは、音響面で物理的に堅いという意味と、配置や居住性などふた通りの意味があります。

    スピーカーでは、共振や共鳴ばかりでなく床面からの反射ということもあります。堅過ぎる床面は音が逃げずに、キャビネットに反射してそれを繰り返すこともあり得ます。キンキンして堅い聴き疲れのする音というのはそういう現象の結果のひとつです。スピーカーの固体振動はできるだけ早く抜いてやるということがコツになります。そういうセッティングは、実際に機器を鳴らして聴き込みながら試行錯誤するものですから、コンクリート打ちなどはその多様な可能性を縮めてしまいます。しっかりとした住宅用の土台と床面にオーディオ的要素をプラスアルファする程度にした方がよいと思います。

    スピーカーの配置も同様です。固体振動だけでなく空気振動の伝達が、アンプやトランスポートへの共振として影響を与えます。これに反射は定在波などの現象もあってとても複雑です。それを調節していくうえでも、配置の自由度は確保しておいた方がよいと思います。スピーカーの配置は四隅がベストかどうかは、聴いてみなければわからないし、スピーカーも将来変更すればまた最適位置は変わってきます。

    繰り返しになるかもしれませんが、リスニングルームは居住空間として居心地のよいスペースとして設計することも音響面と同じか、むしろ、それ以上に大事です。

    byベルウッド at2020-08-02 18:50

  7. nightwish_daisuさん、ヒジヤンさん、ベルウッドさん、ご教授ありがとうございます。

    私が尊敬し信頼する御三方が口を揃えられるのであれば、縁切りもコンクリート盛りも取り止めにします。(^ ^)

    お盆明けなのですが、いよいよ防音室の着工が始まります。最後のあがきをしているところです。とりあえず、しばらく無駄に騒ぎます。今回も騒いでみて、よく分かりました。縁切りもコンクリ盛りも不要であると。一つ未来の後悔を減らせました。

    御三方の良識と経験に、感謝と尊敬の念を送ります。ありがとうございます。

    byベルイマン at2020-08-02 20:04

  8. ベルイマンさん

    スピーカーとスクリーン、視聴ポイントの位置関係が良い感じですね。

    私もコンクリ盛りは、そこでの音の反射や将来性の点で良くないと思います。
    収束点を上げるなら、インシュレータでスピーカー手前を少し持ち上げれば?

    byミネルヴァ at2020-08-02 21:32

  9. ベルイマンさん こんばんは。

    はじめまして、
    視聴ルーム出来上がるの楽しみですね
    コンクリートの絶縁は皆様の言う通りかと私も思います
    経験はありませんが、
    SPの台がコンクリートベースと数十kgもある頑丈な台に載ってるのはみたことあります。

    もし欲張った音を求めるのであれば
    後で改装で間に合う箇所と最初からでないと出来ない箇所が
    ありますので少し工夫されると良いのではと、余計なお世話で
    ありますが。(私も現在苦労してます) (笑)

    byいなかのクラング at2020-08-02 22:06

  10. こんばんは。

    縁切り浮き床の部屋を使用していますが施工した恩恵ありですね。コンクリでガチガチとか反射がとかの意見は無視してもいいようです。昔の家には床の間とかあり一段ステージ風になっていても違和感などなかったですね。フロント3升目150センチだけかさ上げして縁切り、視聴位置5升目縁切り、入り口側3升目150センチ縁切り。あと基礎立ち上がり部分全周縁切りで三つの浮き床部になります。視聴位置と入り口側は同じ高さになります。防振ゴムではなく
    https://www.nea-ltd.com/kenon/block.html
    この手の材料を使うのがベターでしょう。
    浮き床部の仕上げで防振ゴムを介して根太フローリングでしょうか、フロント側は打ちっ放しで好みの色に塗るだけにするとかもありです。入り口側は視聴位置と同じ高さに仕上げパンチカーペットを敷くとか、、、38とか46のウーハーを使用している者の言い分ですから読み流してください。

    byぺぶるす at2020-08-02 23:51

  11. 縁切り派です (笑)   

     私の部屋は 前方に奥行き150cmほどのステージがあり そこにはスピーカー達を置いてあります。  高さは10mm程度高く成っています。 

    床下構造は無く コンクリートを流し込んだ上に スピーカーステージ部には石を敷き、手前側は板張りにしています。  

     http://community.phileweb.com/mypage/entry/85/20070618/476/

    ↑に下地が写っています。 ニョロニョロ走ってるのはCD管で 電源コードやスピーカーコード、映像コードが入る予定でした。 そこにはコンセントを設けたので多数集中しています。
    黄色い物が左右に伸びていますが それが「縁切り」です。 このラインがスピーカーステージとリスニング空間の境目です。 あとは周りが同じ様に縁切りされています。  床下を無くしたのは固い床を望んだのもあるのですが 天井高を取りたいので実施しました。  上には延ばせないと言う事情もあって・・  他よりこの部屋は20cmほど低い床面です。 

    自分はステージの奥行きを150cmとしましたが今なら200cmは確保しますね。  スピーカーの位置の自由度は もう少し欲しかった・・・   今はスクリーンが在ったりで自由度があまりありませんが どうしても後方からの距離は音への影響が大です。 このJBLはフロントバスレフなので 影響は少ないと思われがちなのですが 無関係ではありませんでした。   以前のNautilus801は ダウン方式だったのでかなり悩まされました。  何回も移動していました。

    実際は リスニングポジションとの距離の関係ですので 視聴を繰り返しての位置決めになります。  ステレオ時とサラウンド時に違いが起きても仕方がありませんよ(笑)  スピーカー群の中央で聴きたいAVと 離れて聴く事でスピーカーの量感が味わえる2chですから。。 


    つづきます

    byアコスの住人 at2020-08-04 14:03

  12. つづき・・

     100mm~200mmスピーカーステージを上げるのは面白い発想ですね。  まさにステージで面白そうです。  ただ 将来を考えると冒険し過ぎかな? (笑)  今は 一生このスピーカーと一緒!と思っていても それは分かりません!  そもそもリスニングポジションの位置を低くすると言う発想もアリですね。 私は逆にステレオ時は高めです。   大型スピーカーであっても 高さを上げる事は不可能じゃありません!  ウチのは13cm上がっています。 理由は他に有るのですが・・(笑) 

     縁切りが効いているのか そもそもコンクリートの床だからなのか? 私には分かりませんが 設計した専門家からは「ここが重要!」と聞いています。  振動は全く感じません。  風圧で髪がなびいたり ズボンの裾が揺らいだり ソファーが風圧でビビッています(笑)   ウチは大音響ですから・・ <(_ _)>

     また 同じフローリングでも 床下が無く遊びが無いので疲れますよ。 靴なら感じないでしょうが 素足では全然違います。  フローリングより石敷きのステージはもっとですがネ(笑)   厚めな絨毯を用意しました。 

     天井側は四方に50cmから1m幅ほどで200mm程度の厚みで吸音層があります。  この影響で「ワンワン」しないとの振れ込みでしたが・・ 何も無い部屋は酷い物でした(笑) 色々な物が入り置く事で定在波が収まりいい感じに成りました。 

     
     最後に あまり狭い空間では考えずに 余裕を持ったタップリと考えて下さい。   机上の空想と実際では大きな違いがあります。  動かしたい時に 制約が起きると ガッカリですから(笑)    もう一度で出来たらなぁ~~と 思う日々(爆)


    アコス

    byアコスの住人 at2020-08-04 14:05

  13. 皆さま、詳細にありがとうございます。個々にレスしないのは、今悩んでいるからです。非礼をお許しください。

    10cm〜20cmのコンクリ盛りのステージ、、、20cm盛りの4隅の合計重量が1.6トン!になります。基礎が沈下しても補償はできないとハウスメーカーから言われました。私は嫁よりも先に死ぬ予定なので、コンクリ盛りは却下することにします。

    縁切り、、、これのメリットを検討中です。

    以上、状況報告です。

    byベルイマン at2020-08-04 18:28

  14. こんばんは。

    日記の1枚目の画像通りだとやはりチョット引いてしまいますが折角の専用部屋ですからね。
    普通にフロントスピーカー側150㎝(又は2m)浮き床縁切りしてリスニング側浮き床縁切りで2か所の縁切りスペースで床フラットに落ち着くのがいいのでしょうか、リスニング側仕上げは防振ゴムを介した根太張りフローリングだと足元にも負担はかからないです。リスニング側仕上げに合わせてスピーカー側は少し高く打コンすることになります(金ゴテ仕上げの場合職人の技量も試されます)

    基礎が沈下て駐車場に2台車止めたら沈むなんて聞いたことないですね。

    AGK建築音響株式会社
    http://www.agk-acoustic.com/products/stdio_10_03.html
    日本環境アメニティ株式会社
    https://www.nea-ltd.com/kenon/block.html
    あたり訪ね(尋ね)てみられたら、、、手順がわかると簡単ですので私はAGK建築音響から材料を取り寄せて職人に指示して施工しました。

    byぺぶるす at2020-08-04 22:41

  15. ぺぶるすさん、こんばんは。

    せっかくお返事いただいていたのに遅くなりましてすいません。

    コンクリ盛りなのですが、うちは地盤が問題はないが、50年保証の観点では絶対に安心なものではないので、簡易地盤強化の工事をしたのでした。それでその保証をなくすわけにはいかないのでコンクリ盛りはなしです。

    縁切りですが、色々迷いましたが、これもなしにしました。


    AGKさんも日本環境アメニティーも凄いですね。自分は昭和音響というところに頼んでいます。

    byベルイマン at2020-08-05 23:38

  16. こんばんは。

    しつこいですけど、、
    防振ゴムを使った根太張りフローリングの乾式簡易浮き床でスピーカー側とリスニング側を縁切りするのはどうでしょう。スピーカー側は施工後フローリングの上に大理石やコンクリート平板、音に良さげな物等を積みかさね重量を稼ぎます。スピーカー側でのセッティングは色んな材料を替えることが出来ますし。これだと保証の縛りも大丈夫でしょう。。

    byぺぶるす at2020-08-06 00:31

  17. ぺぶるすさん、レスありがとうございます。

    「防振ゴムを使った根太張りフローリングの乾式簡易浮き床」は部屋全面を乾式にするが、スピーカー周辺を縁切りし、フローリングよりも硬度が高く音質の良い材料を表面材に使用するということですか?

    それともスピーカー周辺は湿式あるが、その他の部分を縁切りして乾式にするということですか?

    byベルイマン at2020-08-06 00:42

  18. こんばんは。

    スピーカー周辺のみ、湿式3.5×0.1×1.5で0.525立米で保証出来るか尋ねてOK出たら湿式でいけますけど、駄目なら乾式ですけどスピーカー周辺の材料は経年劣化の少ない硬めの無垢材にしてその上に大理石やらを積み上げることになります。積み上げるのは建築完了検査後が無難でしょうね。リスニング側は予算内に抑えておくも良しベルイマンさんの裁量しだいですね。

    byぺぶるす at2020-08-06 01:28

  19. ぺぶるすさん、おはようございます。

    私の現状のプランは防音室の床全部が①基礎の上のコンクリート、②防振ゴム、③コンクリート、④12mm合板、⑤12mmフローリング、となっています。

    ぺぶるすさんが言っているのは、このプランに、スピーカーの周辺部を縁切りし、また重量が気になるのであれば、リスニング部分は乾式に切り替えて、前部(湿式)とリスニング部(乾式or湿式)と後部(湿式)の都合3つの浮床を作ったらいいのじゃないか、ということですか?

    要点は、スピーカーの足元は硬く重くして、かつ、縁切りしろ、となりますか?

    byベルイマン at2020-08-06 07:31

  20. こんにちは。

    ベルイマンさんの現状プランでは③コンクリートでメーカーの保証とやらに抵触するのではということで乾式や一部湿式案を出しました。

    現状プランは縁切りしない限り②防振ゴムを使ったただの床です。

    *要点は、スピーカーの足元は硬く重くして、かつ、縁切りしろ、となりますか?*

    湿式でも乾式でも、
    縁切りと浮床はセットですよ、縁切りは床と接する壁から発泡材を介し直接接触しないようにします。浮床材は縁切り材としても防振材を配し全面に敷かれます。スピーカー側とリスニング側の縁切りも発砲材を介し独立させるのですがスピーカーから生じる振動を押さえ込み共振、固有振動のレベルを下げるための施工になります。

    現状のプラン床全部③コンクリートがベルイマンさん的に可能なら
    *前部(湿式)とリスニング部(乾式or湿式)と後部(湿式)の都合3つの浮床を作ったらいいのじゃないか*
    そういうことですね、リスニング部も湿式がいい。

    湿式生コンによる加重による50年保証問題ががベルイマンさんの杞憂であればいいのですが、今の専用住宅は屋根壁の定期メンテすれば50年ぐらい何ともありませんよ、それより火災保険地震保険に加入することです。

    何も問題がないとしての施工プラン
    ①の基礎の上のコンクリートとは土間のことですから土間全体に浮床材を敷く、スピーカー側とリスニング側の縁切りをする、床と接する壁全周を縁切り材で囲う、配筋する、生コンを打つ、リスニング側フローリング仕上げする。

    byぺぶるす at2020-08-06 14:44

  21. ぺぶるすさん、こんばんは。

    詳しくありがとうございます。助かります。

    「床と接する壁全周を縁切り材で囲う」というのが、可能かどうか確かめます。

    現状は床も壁も天井も、家からは遮音のために縁切りされていますが、防音室の壁と天井は床と縁切りされていないはずです。床と壁を縁切りするのは表面材だけでなく、構造的に縁切りするということを言っていますよね?そしてこの縁切りは遮音ではなく、音を良くすることが目的ですよね?

    私の防音室は音を良くするために、木材でフレームを作り、防音室全体を天井からワイヤーで吊り下げ、かつ、床下を防振ゴムで浮かせるという形で家全体から縁切りされるはずですが、これでも床から壁を縁切りして、床と壁を切り離し、スピーカーを周辺部からアイソレートすることができるのかどうかを業者に聴いてみることにします。懸念は、ラック等であまり高く機材をつめないので、床の色々なところに機材を置くことになるので、縁切りが、切りよく切れるかが考えどころです。左右と前後のバランスもありますし、ラインケーブルの長さもあるので、自由に配置できるわけではないところです。

    byベルイマン at2020-08-06 23:39

  22. こんばんは。

    部屋の造り、初耳です。ルームインルームですが防音室内自体の床と壁の浮き床縁切りが重量的に湿式で可能かどうかが問題になりますね。文面から読み取れないところもありますが防音室内自体の床と壁がすでに縁切りされているのなら床だけスピーカー側とリスニング側で浮き床縁切りすることになりますけど、、

    byぺぶるす at2020-08-07 01:50

  23. ぺぶるすさん、こんばんは。

    大量のBlu-rayとDVDを新居に運んできました。引越し屋は信用ならないので。(^ ^) 明日はCDと大事なベルイマン全集(本当は全部じゃないけど)、また、いくつかのアクセサリーを運んでおくことにします。(汗)

    それで縁切りなのですが、防音室自体は家屋から縁切りされているので遮音性は高いはずです。防音扉がネックになりがちですが、念を入れて2枚とも防音扉にして、前室を間に入れているので、遮音能力は高いと思います。あとは音の良さを求めてさらなる縁切りを入れるかということなのですが、スピーカー足元周辺のアイソレーションはやめることにします。というのは、スピーカー周辺の床を縁切りしても結局は同じ壁と同じ天井に繋がっているので、音質のためのアイソレーションは不十分であるし、構造が複雑になるので耐久性が下がりそうだからです。

    結局、元のプランのままです。(苦笑) お騒がせしました。すいません。色んな想像をしています。既に手遅れになっていることも多いのですが、なるべくあと2ヶ月ほどで防音工事と電源工事が完了しますが、それまで要らぬことに考えを巡らせて、可能な限り後悔を減らしたいと思います。しばし付き合ってください。よろしくお願いします。

    byベルイマン at2020-08-08 00:32

  24. こんにちは。

    防振ゴムや他の防振材を使った乾式の浮床は何時でも設置出来ますので心配ないです。大事なソフトの引越しをしたということは役所による完了検査は済んだと受け取れますが、、、後2か月いい季節になりますね。

    byぺぶるす at2020-08-08 11:47

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする