雑居ビル
雑居ビル
安普請の雑居ビルでございます。

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記

日記へのレスはありません

製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

お気にいられユーザー

お気に入られユーザーはありません

日記

焼きが回った

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月16日

arc system 2.5で補正を試みたが測定の最後でエラー:can't save measure file
オーディオインターフェースはur22cを使用しています。オーディオインターフェースは不慣れで操作が間違っているのかもしれない。どなたか原因に心当たりの有る方はいらっしゃいませんか。

しっかりur22cのマニュアルを読んで気になる事項を修正してみたが同じエラー

もしやonedriveがまた悪さしてるのか

onedriveリンク切って再インストールしたが同じ

英語のマニュアルのエラー対策3つ試したが同じ

そろそろ見切りつけようかな

往々にして上手くいかない時は「止めとけ道が違うよ」というお告げ
アース電源周りのブラッシュアップに戻ろう
まずは先送りしていた自作アクティブアースに1p、10pのコンデンサ追加と
ブリーダ抵抗をビシェイあたりに変更してみよう
それにしてもtelos audio design GNRはどうやって電位を下げているのか謎だ
オフセット電圧を一定にすることと幅広い容量のコンデンサでノイズ吸収はできるが閉じられた回路で電位を下げるにはどうしたらいいのか
自作アクティブアースの母体である溶融亜鉛メッキ電源タップに大昔に使っていたアンプのトランスを1次の正負で仮想アースにつなぐ
否、低抵抗で繋ぐのと変わらない
空の二次電池で繋ぐのはどうだろうか
これだとほぼ手持ちの材料で実験できる

次回の日記→

←前回の記事

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする