CBsecond
CBsecond
オーディオ歴は熱冷しながら40年以上 定年退職を機に自宅のリフォームを実行 一応オーディオ専用(と言っても普通)の部屋をもらう。 田舎住まいのため、周辺にオーディオショップはないし、オーディオフ…

マイルーム

これで最終かな…
これで最終かな…
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーン~100型 / ~2ch
定年したので余生を過ごす部屋です。 ●ADシステム①   Victor MC-L1000 (未だ使ってる)   SAEC WE-407/GT   YAMAHA GT-2000   SOU…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

機器の設置

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月04日

ソフトの収納も終わり、ようやく各機器を並べました。

視聴位置の後方には、プロジェクター、BDプレイヤーとレコーダ、そしてDVHSデッキ(BDレコーダのi-link入力を通して視聴)、CDプレイヤーを設置。

視聴位置から見て左側に、ADプレイヤー2台と各々のイコライザーアンプ2台、SACDプレイヤー、FMチューナー、カセットデッキ、DAコンバータ(BD:光とCD:同軸用)、そしてコントロールアンプ(新規)です。

正面のスピーカーは、ブックシュルフとトールボーイ・フロア型(新規)の2組、そして各々を鳴らすパワーアンプが、左右バイ・アンプで2台、BTLで2台(新規)の2組となります。そのほかに使わないLDプレイヤーとプリアンプ、プリメインアンプを飾りで並べました。

業界O氏によると、いまは脚がスパイクになった金属製のラックが主流で、木製のラックは野暮ったいようですが、予算も無くなりましたので、今まで使っていたGTラック3台とハミレックスの1台で流用します。(嫁さんも木製の方が良いと言っています。)

新規に導入したスピーカーは、片方が50kgもあるので一人では腰が抜けるため、嫁さんに手伝ってもらって何とか(スパイクの脚を)設置しました。配線で手の皮がむけてボロボロ。

やれやれ、これでようやく映画や音楽に浸れると思い、早速・音出しですが…あれ?冗談だろ……。

→【次回へ続く】

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする