CBsecond
CBsecond
オーディオ歴は熱冷しながら40年以上 定年退職を機に自宅のリフォームを実行 一応オーディオ専用(と言っても普通)の部屋をもらう。 田舎住まいのため、周辺にオーディオショップはないし、オーディオフ…

マイルーム

これで最終かな…
これで最終かな…
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーン~100型 / ~2ch
定年したので余生を過ごす部屋です。 ●ADシステム①   Victor MC-L1000 (未だ使ってる)   SAEC WE-407/GT   YAMAHA GT-2000   SOU…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

VHSを視る

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年12月04日

2020年11月29日(日)は競馬史に残る三冠馬3頭による夢の対決が行われた。レースも凄かったが、それにしてもアーモンド・アイは強かったなあ。

これに伴い、NHKーBSでは様々な特集番組(大半は再放送)が放送され、三冠馬各馬をはじめディープインパクトやハイセイコー、そしてオグリキャップまで登場していた。

テレビを見ていて触発されたか「そう言えばビデオがあったな…」と、またじっくりと視てみたくなってきた。



パナソニックのD-VHSを使って、ブルーレイディスク・レコーダーと i-Link で接続、HDMIでプロジェクターへ出力する。画質は…?まあまあ視られる感じ。

19年ぶりの三冠馬ミスターシービー、最大の強敵翌年の三冠馬シンボリルドルフ。マイラー(短から中距離得意)のシービーは2,400m、2,500m、3,200mの長距離ディスタンスでルドルフに敵わない。当時の悔しさがこみあげてくる。

ならば、得意の2,000mでと思ったら脚を痛めて引退する。その後行われたレースでは後方にシービーは居ない敵は前だけ!と早めにルドルフが抜け出したところに「あっと驚くギャロップダイナ!」の強襲に合い敗れてしまう。その夜、ルドルフは悔しくて涙したそうな。(彼も良いやつだった。)

時は流れて、マイナーな競馬の世界を一変したオグリキャップ。とても届かないレースを勝ちきる。圧巻は毎日王冠。4頭の叩き合いからイナリワンと2頭が抜け出す。どちらも凄いが鼻差でオグリ…、うーん競馬はやめられない。

ホンダが世界に向けて送り出したスーパーカーNSX。日産GTRやポルシェ911ターボと聖地ニュルブルクリンクを駆け抜ける。ドライバーは黒沢元治(通称ガンさん)

プロジェクターの大画面で視ると当時視ていた29インチ(トリニトロン)と全く違って立体的に見える。良い時代になったものだ…。



次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こんにちは 私も競馬ファンでアーモンドアイは強かったですね。印象に残るレースはサクラスターオーがレース中に骨折して死んでしまったレースやメヂロジュレンとユーアージェームで大穴が開いた有馬記念などがあります。今はやっていませんが今日はBSで競馬中継があります。競馬は記憶のスポーツといわれボケ防止にちょうどいいです。

    byELVIS at2020-12-05 10:40

  2. ELVISさん、いつも有難うございます。

    サクラスターオーは私も覚えています。期待が大きな馬だったので非常に残念だったです。

    あの頃は(今となっては)小さなテレビ画面にかじりついて、食い入るように好きな馬を探したものですね。

    同じ犬種(シェルティ) をお飼いのようですが、可愛いですよね。うちのはもう13才でも食欲旺盛で元気ですが、ちょっと太っています。

    byCBsecond at2020-12-05 13:10

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする