koyatenn
koyatenn
画質マニアです。また音質マニアでもあります。 質感と立体の表現を好みCRT, 撮像管, 70mmフィルムなどの画を好みます。 普段はTwitterにいます。 LaserDiscを主とした…

マイルーム

koyatenn Room
koyatenn Room
その他 / その他 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
主にLaserDiscを扱っております。 現在はLaserDiscをファイル化しPC Transportで再生するファイルベースのシステムの研究に注力しているため、その関係の機器が多いです。 …
所有製品
  • TOS(光・角形)デジタルケーブル
    1ST STORAGE AUDIO SMO6
  • USBケーブル
    SUPRA USB 2.0
  • D端子ケーブル
    FURUTECH FVD-77
  • D端子-RCA色差ケーブル
    FURUTECH FVD-73
  • その他ケーブル
    FURUTECH FVS-71

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

動画の圧縮コーデック

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年09月12日

嘗てはMotion JPEGが尤も現実的なCodecと言われていた時代もありましたね。
Motion JPEGはJPEG圧縮したフレームを多数並べた物であり、JPEG同様DCT(離散コサイン変換)とハフマン符号を組み合わせてフレーム内圧縮する物であり静止画での圧縮効率が悪い変わりに動画に強くエンコードやデコードの負荷が低い事が特徴でした。

対するMPEGはMotion JPEGのDCT(離散コサイン変換)とハフマン符号に加えフレーム間予測を組み合わせる事でより効率的に圧縮を行うものとなっていました。
フレーム間予測を用いている事もあり動画に弱くエンコードやデコードの負荷が大きくなる事が欠点でしたけれども半導体の集積度の向上でコンピューターの性能が向上し処理能力の不足の問題は解消されて行きました。

MPEGは後に拡張されインターレースへの対応などがMPEG2で、MPEG4 AVCで非常に多くの改良が行われ圧縮効率の大幅な向上が行われましたがエンコード/デコードの負荷が非常に大きな物となりました。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする