koyatenn
koyatenn
画質マニアです。また音質マニアでもあります。 質感と立体の表現を好みCRT, 撮像管, 70mmフィルムなどの画を好みます。 普段はTwitterにいます。 LaserDiscを主とした…

マイルーム

koyatenn Room
koyatenn Room
その他 / その他 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
主にLaserDiscを扱っております。 現在はLaserDiscをファイル化しPC Transportで再生するファイルベースのシステムの研究に注力しているため、その関係の機器が多いです。 …
所有製品
  • TOS(光・角形)デジタルケーブル
    1ST STORAGE AUDIO SMO6
  • USBケーブル
    SUPRA USB 2.0
  • D端子ケーブル
    FURUTECH FVD-77
  • D端子-RCA色差ケーブル
    FURUTECH FVD-73
  • その他ケーブル
    FURUTECH FVS-71

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

ハムイータ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年09月29日

GNDの電位差などに起因するハムノイズの除去に用いられるハムイータ、同様の目的で仕様される製品にビデオトランスがありますけれどハムイーターはDC成分をカットせずに通過させるとの事です。

伝送系に起因するノイズの除去は画質, 音質改善に役立つ事が期待出来ますので私は迚も気になっております。
もちろんそれを挟む事による画質的弊害を改善効果が大きく上回っている必要がありますけれども。

DC成分をカットしないとの事ですしビデオトランスとは呼び分けられている訳ですからトランスを用いて絶縁するものではないのだと思いますけれど、中身は一体如何なっているのか気になりました。

パッシブ動作のHPFやBEFのような回路にでもなっているのでしょうか?
電源不要の受動回路との事ですので差動増幅回路を用いたFloating Systemでは無いようですので。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする