koyatenn
koyatenn
画質マニアです。また音質マニアでもあります。 質感と立体の表現を好みCRT, 撮像管, 70mmフィルムなどの画を好みます。 普段はTwitterにいます。 LaserDiscを主とした…

マイルーム

koyatenn Room
koyatenn Room
その他 / その他 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
主にLaserDiscを扱っております。 現在はLaserDiscをファイル化しPC Transportで再生するファイルベースのシステムの研究に注力しているため、その関係の機器が多いです。 …
所有製品
  • TOS(光・角形)デジタルケーブル
    1ST STORAGE AUDIO SMO6
  • USBケーブル
    SUPRA USB 2.0
  • D端子ケーブル
    FURUTECH FVD-77
  • D端子-RCA色差ケーブル
    FURUTECH FVD-73
  • その他ケーブル
    FURUTECH FVS-71

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

基準白色の変換仮テスト

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年10月05日

前々から問題視しているNTSC-J素材の基準白色がD65ではなくD93である問題ですが、その解決策の一つとして先日述べたカラーコレクターを用いる方法での基準白色の変換仮テストを開始いたしました。

今回はシステム構築の都合もありColor DecoderのG/B/R Output Level VARIをカラーコレクターとして代用する方法を取りました。その為ソースを一旦NTSCへエンコードしており更にColor DecoderのY/C SeparatorがTRAP/BPF Modeで動作している事もあり大きな画質劣化を生じさせる事となっております。
今回の目的は基準白色の変換の実践が主である為、画質劣化は承知の上で作業を行いました。その為仮テストとタイトルに記載しております。
余裕が出来次第、NTSCを介さず良好な画質を得られる方法へテストの方法を変更して行く予定です。
変換に置ける問題点やパラメーターの誤りなどに気付く切っ掛けとなれば良いと思っております。

今回の仮テストの結果は以下の通りです。
↑変換前↑変換後

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする