koyatenn
koyatenn
画質マニアです。また音質マニアでもあります。 質感と立体の表現を好みCRT, 撮像管, 70mmフィルムなどの画を好みます。 普段はTwitterにいます。 LaserDiscを主とした…

マイルーム

koyatenn Room
koyatenn Room
その他 / その他 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
主にLaserDiscを扱っております。 現在はLaserDiscをファイル化しPC Transportで再生するファイルベースのシステムの研究に注力しているため、その関係の機器が多いです。 …
所有製品
  • TOS(光・角形)デジタルケーブル
    1ST STORAGE AUDIO SMO6
  • USBケーブル
    SUPRA USB 2.0
  • D端子ケーブル
    FURUTECH FVD-77
  • D端子-RCA色差ケーブル
    FURUTECH FVD-73
  • その他ケーブル
    FURUTECH FVS-71

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

高輝度直後に色相変化が生じる原因 -Digital Archive Production System

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年10月18日

先日から高輝度の後に色相変化が生じる問題の原因調査を行ってきました。

Shibasoku TG-7/1のEIA Color Barを用いて調査を行う予定でおりましたけれど7.5%のSETUPが掛かっている事が不都合である為、予定を変更しTektronix TSG-170A(SETPU 0%)のSMPTE Color Barを用いて調査を行いました。

今回SMPTE Color BarのIYQ Bar部を用いて調査を行った所、DP補整器が原因である事が解りました。
↑SMPTE Color Bar
↑SMPTE Color Barの波形
↑SMPTE Color Barのベクトル波形
↑SMPTE Color BarをDP補整器に通した状態(設定1)
↑SMPTE Color BarをDP補整器に通した状態の波形(設定1)
↑SMPTE Color BarをDP補整器に通した状態のベクトル波形(設定1)
↑SMPTE Color BarをDP補整器に通した状態(設定2)
↑SMPTE Color BarをDP補整器に通した状態の波形(設定2)
↑SMPTE Color BarをDP補整器に通した状態のベクトル波形(設定2)
DP補整器に通した状態の彩度が異様に高いのはDP補整器を搭載したDigitalTBCのプロセスアンプをLaserDiscに最適となる様に調整した為ですのでご容赦願います。

ベクトル波形の赤丸で示した箇所がIYQ BarのQ bar部分となりますけれど、DP補整器に通した状態のベクトル波形からは色相が一点に収束していない事を確認出来ます。
DP(微分位相)は色信号と多重化される輝度信号がDCオフセットとして作用する為に生じる色信号の位相歪みでありますが、IYQ BarのI Bar部分, Q bar部分には輝度成分が存在しない為DPが生じる要因がありません。
しかしこのDP補整器に通した場合は輝度成分を持たないQ bar部分にまでDP補整器が働き色相の変化をもたらす事となっています。
ただしQ Bar部分全域に渡りDP補整器が働いている訳ではなく一部分に働いているため色相が一点に収束せず二点に分散してしまっています。

IYQ BarのY Bar部分は高輝度かつ色信号の存在しない部分です。
その直後に来るQ Bar部分では色相の問題が発生し先日から調査を行っている問題と同様の状態となっております。
また波形を確認すると赤丸で示したQ Bar部分のY Bar部分近傍部分の波形に変形が生じておりY Bar部分近傍部分のみ色相変化が生じる事を確認出来ます。

ベクトル波形の青丸で示した部分はIYQ BarのI Bar部分となりますけれど、こちらはDP補整器に通しても変わらず色相は一点に収束しております。
波形を確認しても青丸で示したI Barは高輝度であるY Barの直前に有り波形の変形がありません。
高輝度部直前では色相変化の問題が生じない事も先日から調査を行っている問題と同様の状態となっております。

設定1と設定2ではDP補整器の補整量が異なり設定1はより大きく設定2はより小さな補整量となります。
補整量の小さい設定2ではQ Bar部分の二点に分散した色相の開きが小さくなっている事からDP補整器の補整量が小さい程高輝度直後に色相変化が生じる問題も小さくなり補整量が大きい程問題も大きくなる事を確認出来ます。

またプロセスアンプやDG補整器の設定を変更してもQ Bar部分の色相の開きに変化は生じませんでした。

これらの事からDP補整器が問題の原因であったと判断出来ます。


この問題はDP補整器の補整量を大きく取ると生じる事が確認出来このDP補整器の個性であり欠点であると考えられます。
私は他のDP補整器を使用した事が無い為他でも同様なのか解りませんけれど、DPを十分に補整出来るだけの補整量に設定する事でこのような問題が生じてしまう事は正直迚も困ります。


先日、PIONEERのLaserDisc Player「LD-200」「LD-S1」「LD-X1」の画質比較動画をYouTubeにアップロードいたしました。
宜しければご覧ください。
LaserDisc player image quality comparison

また昨晩4320p/8KUHDTV Pre-Test動画をアップロードいたしました。
こちらも宜しければご覧ください。
4320p/8K UHDTV Pre-test: LaserDisc Demonstration「宇宙の騎士テッカマンブレード」

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする