koyatenn
koyatenn
画質マニアです。また音質マニアでもあります。 質感と立体の表現を好みCRT, 撮像管, 70mmフィルムなどの画を好みます。 普段はTwitterにいます。 LaserDiscを主とした…

マイルーム

koyatenn Room
koyatenn Room
その他 / その他 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
主にLaserDiscを扱っております。 現在はLaserDiscをファイル化しPC Transportで再生するファイルベースのシステムの研究に注力しているため、その関係の機器が多いです。 …
所有製品
  • TOS(光・角形)デジタルケーブル
    1ST STORAGE AUDIO SMO6
  • USBケーブル
    SUPRA USB 2.0
  • D端子ケーブル
    FURUTECH FVD-77
  • D端子-RCA色差ケーブル
    FURUTECH FVD-73
  • その他ケーブル
    FURUTECH FVS-71

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

CodecとYouTube

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年10月21日

先日私、PIONEER製LaserDisc Player「LD-200」「LD-S1」「LD-X1」の画質比較を行える動画をアップロードいたしました。

4320p/8K UHDTV版

2160p/4K UHDTV版

1125p(1080p)/HDTV版

動画は三種類のフォーマットで製作しアップロードさせて頂きましたけれどもYouTubeで公開されているCodecはVP9とH.264の二種類となっております。
現在のYouTubeの仕様では4320p, 2160p, 1440pではVP9が用いられ1080p, 720p, 480p, 360p, 240p, 144pではH.264が用いられる仕様となっております。

Codecが異なれば画質傾向に差異が生じる事は当然の事ですけれども癖が強すぎるのが難点です。
視覚的画質の傾向としては4320p, 2160p, 1440pはエッジこそシャープである物のディテールを損ねキレが悪くべと付いた印象の画になる事が私は迚も気になりました。
1080p, 720p, 480p, 360p, 240p, 144p版は全面的にボケた印象ではありますが、エッジの誇張が弱くディテールとのバランスが遥かに良い様に私は思いました。

これはCodecの個性でありYouTubeに限った事ではございません。
H.265, VP9, AV1などはディテールを削ぎ落とす事で情報量を削減しエッジを過度に誇張する事で人間の視覚を誤摩化す傾向が過度に強く、一昔前に個人が行うエンコードで流行った様なエッジばかり立ってディテールの無い妙な絵柄に私は気持ち悪さを感じております。
H.264はこれらの最新Codecと比較すれば遥かに無難でありますけれどもMPEG2やDigital BETACAMと比較するとエッジを誇張する傾向が強い様に思います。

比較的低いビットレートでの画質や画質傾向のバランスを考えればH.264は現在でも一つの最適解であるのでは無いかと私は思います。
反面、高ビットレートでは未だMPEG2やDigital BETACAMの優位性は揺るがずにある様に思います。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする