モニオ
モニオ
オーディオにパソコンとプロオーディオが融合したらどうなるのか。。。新しい試みを楽しんでいます。

マイルーム

生活リビング兼用シアタールーム
生活リビング兼用シアタールーム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~120型 / ~7.1ch
ホームシアターはキクチの120インチスクリーンとEPSONの3Dワイヤレス液晶プロジェクタの組み合わせです。7.1chのスピーカーはモニターオーディオGold Referenceシリーズで統一しました…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

ホームビデオを編集してBluRayに保存

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年01月18日

毎年恒例の1年間撮り溜めたホームビデオを編集することに。去年まではDVDにしていたが、時代もハイビジョンということで初めてBluRayに挑戦。以下格闘記。。。

編集ソフトは、去年まではCyberlinkのPowerDirector7を使っていたのですが、BluRay書き出しのために新たにCorelのVideoStudio12Plusを入手。早速HDVのテープをiLink経由でキャプチャしてPCに保存することに。。。ん?キャプチャするオプションが選べるのだが、HDVのハイビジョンだけでも4種類もあってどれを選べばよいやら。よくわからないので以前のPowerDirector7でキャプチャすることに。これだと自動的に.avi(720x480)の無圧縮でキャプチャできた記憶が。。。と思いきや、キャプチャ後に確認すると.mpg(1440x1080)になっているではないか!
(後日追記)調べたところ、カメラ側の設定でi.Link DV変換を「入」にしていると自動的にDVキャプチャとなり、撮影年月なども記録されることがわかった。

編集後の出力オプションでSVRTを使って無劣化でマルチカット編集ができるオプションを確認すると、SonyのHDVでは1440x1080のインタレース、JVCのHDVでは720x480が推奨となっている。このサイトの情報では”HDV 1080iは、「フレームサイズ1440×1080(アスペクト比16:9)、50, 60fpsのインターレース」のHDビデオをMPEG-2(MP@H-14、8bit、4:2:0サンプリング)で圧縮し、圧縮後のビットレートを約25Mbpsに抑えています”とある。
HDVフォーマットはAVCHDと比較してBluRayとは相性が良いとのことで、.mpg形式(1440x1080)でキャプチャして、そのフォーマットのまま編集出力するのが一番画像劣化が少ないようだ。

もうひとつ、去年まではPowerDirector7の時間情報を使って、キャプチャしたシーンの頭にそれぞれ撮影年月日が記録されるようにしていたのだが、今回キャプチャした素材では、なぜか時間情報のタグが現れず、いろいろやってみたものの断念することに。撮影年月日をビデオシーンの冒頭に入れるニーズは高いと思うのだが、この機能はなぜかとっても使いづらい(しかもスマートレンダリングと組み合わせて劣化を最小限に抑えるテクはかなり難しい。VideoStudio12Plusではサポートすらしていないようだ)。

さて、試しにいくつかシーンを編集したものをスムーストランジション効果を使ってつなぎ合わせて、BluRay(BD-RE)に焼いてみることに。ちなみにこのスムーストランジション効果も、ごく普通の遷移モードがPowerDirector7ではなかなか探すのが大変だ(派手なトランジションはいくらでもあるのだが)。結構時間がかかったが無事完成。BluRayプレーヤーで確認してみると。。。さすがにキレイだ!!!編集したホームビデオがここまで高画質で記録できるとは感動的です。技術の進歩は本当にスゴイと改めて実感しました。

しかし問題もあって、トランジションがなぜか一部カクカクとした動作になってしまっている。これは編集に使ったマシンパワーが足りないのだろうか。そういえばマルチトラック編集でもスムースに早送りができないので使い勝手が悪かった。

結局何日も費やしたにも関わらず未だに使い方で手間取っている状況です。。。ビデオ編集もっと簡単にできればいいのに。。。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. クロ大好きさん

    PCでのビデオ編集に未だ悪戦苦闘しております。ようやくVSでスムースなHDV編集ができるようになりましたが、撮影年月日の自動挿入はどうやらHDVモードではサポートされていないことがわかり諦めました。
    HDVからBluRayのフォーマットも1920x1080以外にも1440x1080も選択できることがわかり、これならソニーカメラのHDV(1440x1080i)のMPEG2からH.264にスムースに変換かけてくれるのでレンダリング処理も軽くて済むようです。実際の映像を比較してみたのですが、DV(720x480p)とHDV(1440x1080i)で顕著な差が出なかったのも意外でした。ファイルサイズもほぼ同じなので情報量的にもそれほど違わないようです。こうなると撮影年月日が自動挿入できるDVフォーマットも捨てたものではないと思っています。

    またレンダリングのオプションで「非矩形ピクセルレンダリング」というのがあって、調べてみるとPCとTVでのピクセルの違いなどわかって勉強にもなりました。

    しかしビデオ編集ソフトは全般に余計なオプションばかり多すぎて、一方かんたんモードはあまりにブラックボックス化し過ぎていて、(さらにPCの環境によってトラブルが頻発する)使いこなすのは大変です。。。

    byモニオ at2010-01-24 06:30

  2. 自己レスです。

    ようやく1年分のホームビデオを編集してBluRayに収める作業が終わりました。ふう~~
    最後の最後でBluRayに書き込みをする段階で、「予期しないエラー 5:0:0」という原因不明のエラーに阻まれましたが、再インストールで解決。これまでの作業のポイントを備忘録的に整理すると。。。

    ・キャプチャ時カムコーダー側の再生設定で、HDV->DV変換機能をオフにする(これをしないとHDVの1440x1080iではなく720x480pのDVフォーマットに変換されて転送されてしまう)。

    ・編集作業は極力プロキシファイルを活用する(キャプチャ後にファイル名変更などかけるとプロキシファイルの関連付けが切れてしまい、プロキシファイルなしでの編集作業は大変重くなっていまう)。

    ・マルチカット編集後にこまめにファイル形式で保存する。このとき保存形式を1440x1080 60i(HDV)を選ぶ(デフォルトだと1920x1080iに不要なアップコンバートされてしまう)。

    ・チャプタポイント設定はトランジション効果を挿入した後に行う(前に行うとトランジション挿入によってタイムラインがずれてチャプタの位置がずれてしまう)。

    ・BluRay書き込み時の設定も同様に1440x1080iを選択する(デフォルトでは1920x1080iとなってしまう)。

    まだ未解決の問題としては、

    ・チャプタが50を超えるとなぜかチャプタはマークされているものの早送りなど対応しなくなる。

    ・撮影年月日の自動挿入がHDVフォーマットではできない

    ・Xactiの720p映像を無劣化再エンコードなしで編集することができない(次善策として1440x1080 HDVで保存している)。

    しかし編集して1時間15分程度の映像をBluRayに保存してみたところ、エンコード処理含めて3時間15分もかかってしまった(Core2Duo 2GHz, 2MBメモリ)。しかし出来上がったBluRayのクオリティは素晴らしいの一言に尽きる。あまりの高画質に、ワイドコンバージョンレンズの周辺歪みまで目立つようになったので、今後はワイドコンバージョンは外して撮影することにした。

    以上乱筆にて。。。

    byモニオ at2010-02-03 13:51

  3. 再度自己レスですが。。。

    チャプタメニューで、サムネイルのアニメーション表示を選択すると、なぜかBluRayへの焼きこみ最中に5時間くらい経過したところで「動作を停止しました」となってすべてオシャカになってしまう。Win7の環境で試したりいろいろやったが解決せず、結局サムネイルは動画ではなく静止画で妥協することに。

    で、追加の留意点を整理すると。。。

    ・チャプタを打つポイントは、トランジョションが終わった部分(冒頭から3秒くらいのところ)に設定する。でないとサムネイルが前のチャプタのものになってしまう。

    ・Xactiの動画はブレ防止のフィルタを入れると良い結果になる

    ・チャプタ数はどうやら51が最大のようだ

    ・メニュー画面選択で、「メインメニュー」「スタートイン効果」「アウトフェード効果」「BGM」をすべてオフにする

    ・2pass encodeを使うと処理が2倍くらいになる

    ・詳細設定で、画質を100%に変更する(デフォルトだと80%になっている)

    ・メニューのタイトルは一度メモ帳などで作ってコピーしておくとあとはペーストできるので楽(タイトル編集画面ではコピペが効かない)

    ・[重要]メニュー画面のカスタマイズは、チャプタポイントをひとつでも変更かけるとすべてデフォルトに戻ってしまう。またBluRayへの焼きこみ途中でエラーになった場合はすべてパーになる。焼きこみが成功したら必ず一度プロジェクトファイルを保存すること。

    ようやく完成だ。しかし長かった。。。

    byモニオ at2010-02-12 18:21

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする