だてぐん♂
だてぐん♂
だてぐん♂(だてんしぐんそう):マンガヲタ、アニヲタ、ハロプロヲタにして、実はただの変質者。 読書は島本和彦「新谷かおるになる方法」、安野モヨコ「監督不行届」、安永航一郎「火星人刑事」、和田慎二…

マイルーム

革命という名の劇場
革命という名の劇場
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~12畳 / 防音あり / スクリーン~120型 / 8ch以上
いまだ未完成。 プロジェクター:BARCO CINE7 ビデオスケーラー:DVDO iScanHD+ スクリーン:VUTEC LECTRIC-I(110インチ、アスペクト4:3)サウンドスク…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

スクリーンのモアレが消えた……なぜだ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月14日

およそ10年使い続けたIntegraのプリアンプ・DTC-9.8が
左右のバランスがおかしくなり、
修理をしてどうこう、にはあまりにも古すぎるので
思い切ってネット上で大幅値切り商品となっている
NUPRiMEのHD-AVPに変えてしまいました。
一部情報だとDACがES9018K2Mらしいですが、たぶん確定ではない。
DACについてはESSも旭化成も新しいものを発表しているし、
MQA対応まで謳っているので、数年、下手したら来年頭とかに
また買い替えかもしれませんが。
MQAといえばTechnicsの製品も気になるし。

現在プロジェクターはvivitekのQUMI Q8Jという
モバイルプロジェクター、しかも10万円未満のものを使っていますが
これがBARCOのCINE7が収まっていたところにぴったり。
……大きさではありませんよ、性能的に。

ただしとんでもない問題があって、
VUTECのLECTRICのサウンドスクリーンとの相性がよろしくない。
モアレです。
三管ではまったくといっていいほど出なかったモアレが出まくる。
信号がフルHDになったから?
いや、CINE7のときもぎりぎりフルHDだったんですが。
DLPだから……ですかねえ?

そんな感じで悶々としていたところにプリアンプをHD-AVPに交換。
こちら、映像信号は4Kまで入ります。

そうです、プリアンプを変えたらモアレが消えてしまったのです。
物理学的、数学的にはモアレの出る条件というのは
画素の間隔とスクリーンの穴の間隔で決まるはずなので
プリアンプを変えてモアレが出なくなるというのは不思議なのですが

なぜ?

まあ、結果オーライでいまは映像を見ていますが
……本当になぜだ?

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

この記事はレスが許可されていません