7
7
耳を澄ますのだ〜。

マイルーム

7さんち
7さんち
持ち家(戸建) / その他 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
レンズのように遠くの物語りを映しだして欲しいのです。 現用機器: [Speaker] Harbth / Super HL-5 [Amp:Pre]…
所有製品
  • スピーカーシステム
    HARBETH AUDIO Super HL5
  • ターンテーブル/フォノモーター
    Well Tempered Lab amadeus
  • RCA/BNCオーディオケーブル
    ZU CABLE Wylde
  • ヘッドホン
    SHURE(ヘッドホン) SRH750DJ
  • その他アクセサリー
    SFC SK-2

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

日記

ターンテーブルマットを買ってみたのでありました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年01月31日

アマデウスさんの調子が良くて、最近レコードばかり買っている&聴いている私です。
さて、調子が良いのだからそのままでも良いのですが、やはりもっと良く聴きたいというのが我等が性。
色々遊べるところが多くてどこからやろうかと思うのですが、今回はターンテーブルマットに手を出してみる事にしました。

とはいえターンテーブルマットも沢山の製品が発売されているので、さてどれにしたものか。
どうしようかな〜、あんまり高いのもアレだしな〜。
と、ちょこちょこ目を通している海外のオーディオサイト、Positive Feedback Onlineになにやら気になるブツが!なになに、良さそうだ(適当)。

と、いう事で。
買ってみました。



アメリカのHerbie's Audio Labというメーカーの製品です。
どうも店舗販売をせず、オンラインのみで販売する事によりコストを抑えているようです。
いかにもガレージメーカーといった感じ。飾り気無し。
マットの他にインシュレーター(1個売りしているんですね、これは良心的。)や、真空管のチューブダンパ−などを作っている様子。

さてこのマットなのですが、Way Excellent II Turntable Matという製品で、黒い部分は炭素超極細繊維(carbon microfiber-filled)を含んだ?エストラマー、白い部分は発泡なんちゃら??でできているそうです。はい、すみません素材の事は英語だとさらによくわかりません。
ゴムみたいな、もっとへにゃへにゃな感じの素材です。不思議な手触り。

白い部分は黒い部分より高さが低くなっています。ザグリって言うんでしたっけ。

このマット、粘着性の素材ではないのですが、吸い付くような感じなんですね。
プラッターに載せるとすっとくっついて収まる感じ。
同じくレコードとも親和性が高いようで、載せるとこちらもすっと収まって良い感じ。

ホームページではまあなんだか、ものすごく振動を抑制しつつ針の振動だけをうまく拾わせるんだぜハッハーダーリン最高じゃんみたいな事が書いてあるようです。

細かく厚さやスピンドル穴のサイズなどをカスタマイズする事もできるようです。
現在使っているマットから高さの変更をする事なく変えられるというのは、良いですね。
値段は$59~100くらい。これは厚さによって値段が変わります。
僕が買ったのは2.4mm。

さてこれ音なんですが、すごく良かったんです。

ちょっと聴いただけで違いがわかるほど、静けさが増して、ダンピングが良くなって、深みが出て、ノイズが少なくなる!
おまけにダメージがある盤でもノイズが出にくくなっている!?
オイオイ嘘だろって冗談やめろよって感じなのですが、僕はだまされているのでしょうか。
僕の頭には強烈なプラシーボ効果が発生しているのでしょうか。

理屈としては、プラッターとディスクの仮想一体化とでもいうのでしょうか。
その効果といったところなー。
一万円を切る価格でこれは、僕としては相当のヒット。
メーカーさんの対応もとても良心的でした。

どうも僕は人があんまり使っていない、いや、認知度が低いからこそ、人から傾向を読まれにくいモノを買いたくなってしまうところがあるようなのですが、これはとても良かった。
ちょっとオススメです。インシュレーターとかも買ってみようかな〜。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. クロ大好きさんこんばんは!

    やっぱりわかりませんよね、発泡なんちゃら。きっと新開発素材かなにかで独自の名称を付けているんでしょうね。
    何か近い感じのものがあったと思うのですが、思い出せないのですよー。
    洗うと粘着力が復活するなにかのものが(笑)。

    なにかいろいろ言ってはいるのですが、クロシロツートンカラーのポップな見た目で買っちゃったんですよね。で、音が良かったという(笑)。いけませんね、そんな事では(笑)。お、俺こんなの見つけちゃったよ、というのが楽しいって言うのはありますよね。マイナーアイテム探し。楽しいです。

    by7 at2010-02-01 01:13

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする