そねさん
そねさん
2006年12月、定年後の趣味として、スピーカー・PIEGA TC-70Xを中心にアキュのCDP・プリメインアンプによりオーディオライフを始めました。ピエガのトールボーイ・スピカーはその美しさに…

マイルーム

マンションでのリビング・オーディオ
マンションでのリビング・オーディオ
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
PIEGA TC-70Xをコーナー設置型の交差法、その手前に小型2wayを平行法で設置し、2組のSPで楽しんでいます。このセッティングに際しては、当コミュニティの大先輩お二方(GRF様、ベルウッド様)…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

日記

基本の普遍性と大切さを実感【音質監査をお願いしました】

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年06月29日

PCオーディオはノイズとの闘いと言われるところ、これまで主に電源・信号対策をやってきました。でも、PCオーディオもオーディオ、オーディオの基本にはセッティングがあると強く思う今日この頃です。とりわけSPのセッティングに伴う音質の変化には驚かされます。
そこで、最近ずーっと試行してきたSPのセッティングの総括として、「拙宅の再生音質はいったいどれほどの水準にあるのだろう?」と、当ファイルの重鎮の方々、ベルウッド様、Harubaru様、横浜のvafan様に、厚かましくも拙宅のオーディオ品質の監査ならびにセッティングについて改善のアドバイスをお願いしました。



監査が始まり、
まずはモノラル音源や音質チェック用の音源を再生し、「クックッ」とSP位置の微調整…これ、超大切。
「これでどこがご不満なんですか?」と問われ、SPセッティングに起因すると思いこんでいた音質上の問題意識(後述)をお伝えすると、おもむろに…

全く何をやっているんでしょう、猛省。あわせて基本の大切が身にしみました。結果、拙宅の再生音質は大きく変貌を遂げました!ご指導くださった皆様、心からお礼申し上げます、誠にありがとうございました。


さて、その顛末ですが、

■拙宅の再生音質の抱える課題・問題意識は次のようでした。

・コーナー設置型交差法のPIEGA … 音場が薄い=高さ・奥行きが出ない(音が前に出てこない)。低域の暴れが大きい、出たり引っ込んだりもたついたり膨らんだり。
・平行法の小型2way…サービス・エリアが狭くセンターを離れると音場が崩れがち(SPに張り付き始め、3D音像が崩れる)。超ニアフィルド・リスニングとなっていることの影響が大きいと思われます。

■監査が始まりました。

【監査1】スピーカーの焦点合わせの監査

・モノラル音源でのセンター出し … 「ほぼ焦点は合ってますね」。音質チェックにステレオ音源を聴きながら極めて僅かに追加調整、「これでいいですね」。
・私はモノラル音像の位置によりセンター出しの判断していましたが、左右のSPの音量差があるかを聴く方法を教えていただきました。
・その後、「この際だから、基本的なことをやってしまいましょう。」と巻尺で左右SPの高さを図られ、「合わせましょう」。合わせ後「もう一度焦点合わせをしましょう」。

【基本が大切;1】焦点を合わせやすい環境をまず作る
・焦点合わせに先んじて、バッフル面の垂直(天板・底板の水平)と左右のスピーカーの高さの合わせをシッカリ行う。これにより、焦点合わせの構造をシンプルなものにする。
部屋の片づけも大切です。
・SPのセッティングは、音像や音場の形成だけでなく再生音質に与える影響が極めて大きく、SPの焦点が合った場合の音質を知ると1㎜でも外れたときの音質は聴くに堪えない場合もあります。私にはシンプルな音源の方がわかりやすいので、写真の2音源を音質チェック用音源として常用しています。
            
皆様夫々に感性に合うチェック音源をお聴きになるようです。
  

【監査2】電ケーのインレット・プラグのガタ取り

・SPの焦点合わせ後、拙宅の音質に対する問題意識をお伝えすると、やおら取り出されたコルク・テープ。≪ア~、それ対策済みなんですけど…≫と心の中で呟くも、なんと、緩々ガタガタのプラグがっ!コルク対策をした痕跡はあるものの何故か現在は機能していません。未対策だったプラグにも対策を施すと…ァラ~、SPセッティングの課題と思い込んでいた音質への不満は電ケーの接続が原因の大層であったという。まこと汗顔の至りであり、本日記を投稿するかどうか随分と悩みました。
・また、お持ちのテープを使い切ることとなり誠に申し訳ありません。

【基本が大切;2】
コンセント側プラグにジョデリカ、インレット側プラグにフルテックFI-15の無メッキが拙宅の基本セット。FI-15はフルテックの中でもインレットとの間のガタが少ないことから好み。とはいってもガタがないわけではありませんから、少しのガタも甘くみることなくガタはしっかり取る!定期的にガタ有無のチェックも大切ですね^^。
※こるくくらぶ コルクペット NO.9(糊付き21x280x1mm)アステージ株式会社 がお勧めとのことです;^^

■監査講評です。
皆様の仰られたことを纏めていますが、ちょっとバイアスがかかっているかもしれません。今後の励みとします。

低域の再生が安定し、また抜けの良い音となりました。
PIEGAは音像が交差法らしく前に出てくるようになり、音場に厚みがでました。
平行法の小型2wayは低域の厚みが増し、響きが雄大さを感じさせ、リスポジの自由度が増してSPから離れても聴けるようになりました。ブラインドで聴いたらわずか容積7リットル用BOXの小型2wayが鳴っているとは思えないのではないでしょうか。

■監査を終え、歓談モードに入り音楽を聴きながら…

【基本が大切;3】機材の設置に際しまずは水平確保とガタツキない設置

・3点インシュはガタつきは生じないが機材の安定確保に難。4点インシュの方が機材は安定するがガタつきなく設置するのが難しく、また時間の経過でガタが生じることも。定期的チェックが大切!
・使用パーツ・素材に注目が集まりがちだが、まずは機材の水平確保とガタつきない設置が基本として大切であり、次いで横プリン・縦リジット、1点アースといった改善策を導入する順番ではないか。使用するパーツ・素材は更なるチューニングとして応用編で成果を狙うのがよいのでは。
・SPのボディがラウンド形状の場合の水平出しは底板部分で確認できるのではないか。


皆様がお持ちくださったCDも合わせてバッハやモーツアルトのVn協奏曲のハーンと他の方の演奏を聴き比べながらハーンのバッハ演奏の速さやモーツアルト演奏のそっけなさは確信犯、とか、内田光子さんのモーツルト協奏曲新旧の演奏、とか、最近はJ-POPもオフ会の定番だねなどといいながら柴淳かけたり、ホストお薦めのJ-POP~Fried prideやSmooth Ace~をかけたりしながら楽しく過ごし、、、飲みに流れ込んだのでした。
  

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. そねさん

     おはようございます。   音源は単なる「類」ですから、良い物はより良く、そうでない物は「それなりに~~」は、装置や、そのセッティングにより違うのは当然ですね。  最近の流れは、ソースが立派に成った事だけに浮かれていて、本当の良さは見出されていないんじゃないの?って感じです。  ここに来る大方は理解されていますが、世の中はコトバだけが独り歩きしている様で・・ (笑)  話題に上がり活性化するのは有り難いが・・ 本物はもっと凄いんだよ!って言ってあげたい (^_-)-☆ 

     大先生方のクリニックは流石ですね!(^^)!   やはり2組のスピーカーを満足に鳴らすのは一筋縄ではいきませんね。 

     良いとこどりをして、そこそこ良さを引き出すか、どちらかは犠牲にして仕舞うか・・  そねさんは前者を選ばれて、試行錯誤の結果、良い結果を出されましたね。

     写真を見た感想では視覚的な抵抗が私には有りますが、そねさんには、それ等が目に入らぬほど、素晴らしい音場が展開しているのでしょうね。   目を瞑ったり、薄暗くすれば抵抗感は私も減るかな?(笑)

     そねさんのお部屋は余裕がマダマダおありですから(笑)これからも追及の道は止まらないでしょうね。


     苦労した後に聴く女性ヴォーカルとドラムは私には至福のひと時です \(^o^)/


     アコス…。

    byアコスの住人 at2016-06-30 08:10

  2. そねさん おはようございます

    先日はありがとうございました。楽しかったですねぇ~。

    これまで突き詰められこられて細部まで整理されていたのでしょう、最後に到達したサウンドにはイジった当人の私自身驚いてしまいました。たったあれだけのこと(?)でこんなに変わるのかという衝撃でしたが、逆の意味で「らくだの背を折った最後のわら(the straw that broke the camel's back)」ということなのでしょうね。

    ふたつのスピーカーシステムがハイレベルで両立できるという見事な実例ということになりました。

    byベルウッド at2016-06-30 11:22

  3. アコスの住人様

    こんにちは。いつもレスをいただきありがとうございます。
    仰るように、2組のSPを鳴らすことは大変なことでした。この度はコーナー型交差法と平行法の組み合わせによる設置のご指導を受け良いとこ取りが出来ましたが、私の独力ではおそらく挫折していたであろうと思います。ファイルの皆様の親身なご指導には感謝の気持ちでいっぱいです。
    「視覚的な抵抗」はさすがに当初気になりましたが、再生に支障はありません。今はスッカリ慣れてしましました。音さえ良ければ、たいていのことは受け入れられますね;^^

    byそねさん at2016-06-30 11:30

  4. ベルウッド様

    こんにちは。今もDIANA KRALL のWallflower を小型2wayで聴いていましたが、音の微粒子に包みこまれるようで本当に気持ち良く聴けます。こんな音楽体験は拙宅では初めてのことです。
    これまで、電源・信号ノイズ面を中心にコツコツやってきたことが、SPのセッテイングのご指導を頂戴し詰めていく中で、全てのベクトルがよい方向に重なったかのようです。
    駱駝の曲がった背中が折れずにまっすぐに伸びたような、でもそれが「あれだけのこと(?)」だったという訳ですから、半べそ半笑いですネ;^^。でも楽観主義の私は今は大笑いでしょうか~。
    皆様には心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

    byそねさん at2016-06-30 12:17

  5. そねさん、こんにちは。

    先日はありがとうございました。楽しかったですね。オフ会の最初と最後であんなに音が進化したのは私も初めての体験でした。

    ベルウッドさんがメインにやられていましたので、私はちょっとお手伝いした程度でしたが、やはり基本が大事だということが良くわかりましたね。

    PIEGAは交差法、小型2wayは平行法なのですが、その両方のメリットがうまく出せるようになって良かったですね。

    お決まりの懇親会も楽しかったです。これだからオーディオもオフ会も止められないですね。(笑)

    byHarubaru at2016-06-30 12:54

  6. Harubaru様 こんにちは。

    先日は急なご連絡ながらご快諾いただき誠にありがとうございました。おかげ様で、とても楽しいときを過ごすことができました。
    また、Harubaru様が仰っていたように音の回り込みが感じられるようになり、今までより下がったリスポジでゆったりと音に包まれて聴くのが楽しくなりました。
    Harubaru様邸でのオフ会への参加がなかりせば、皆様に甘えてこの度のような集いを設けさせていただくこともなかったのだろうな~と思うと、せっかくの御縁を大切にせねばと思う次第です。

    >オフ会の最初と最後であんなに音が進化したのは私も初めて

    穴があれば入りたい、とはまさにこの度のためにあるような。でも、終わりよければすべてよし、ということでご寛容ください。
    それに、音が進化したのは監査の中であり、その後がオフ会ですから~(大笑^^

    今後ともよろしくお願い申し上げます。

    byそねさん at2016-06-30 15:19

  7. そねさん、PIEGAのスピーカーが懐かしいです。

    相変わらずのお人柄で、話もきちっと整理してあり、わかりやすいです。こういうまとめは、見る人にとって役に立ちますね。様々な訪問者をたてる様子もさすがそねさんと言ったところでしょうか。

    今はPCオーディオを主体にやられているのでしょうか。

    byヒジヤン at2016-07-01 02:39

  8. そねさん、おはようございます。

    チェコフィルとオフ会、先週末は連続でのご一緒となりましたが、これもご近所さんならでは出来事でした。ありがとうございました。

    オフ会は途中から参加となりましたが、連休時からの変化が明確に出ていて良かったですね。まず部屋がすっきりしたことに驚きました。オーディオは部屋と電源を聴くと言われますが、部屋の貢献もあったように思います。男の城の雰囲気は後退しましたが、何より音が優先ですね。

    平行法のbrefore&after、私は比較できませんでしたが、充実の低音と部屋が音で満たされる様子には、参りました。おめでとうございます。

    基本が大切とのことで、いくつか貴重な情報もアップしていただきありがとうございます。こちらのコミュニティの良さの一つかと思います。

    by横浜のvafan at2016-07-01 05:43

  9. そねさん 平行法と交差法の両立おめでとうございます。少しずつ詰めっていって、最後に青空が見えたのですね。よかったです!ベルウッドさんのご指導のたまものでしょう。平行法の前にあるSPの存在が無くなれば本物です。一度、拙宅のT4の平行法も聴きに来てください。

    byGRF at2016-07-01 09:56

  10. ヒジヤン様 こんばんは。
    レスを頂戴し誠にありがとうございます。

    PIEGA TC-70X。このクール・ビューティーとともに2006年12月よりオーディオの道を歩んできました。後継モデルは少しグラマラスになっており、ボーイッシュ系が好みの私にとっては今後も替えることのない生涯の伴侶です。

    PCをトラポに加えたのは2009年の春先でしたが、本格的には定年を迎え当地に住み替えした2014年からでしょうか。始めるにあたり本日のコーヒー様から手解きをうけたものですが、ご当人はアナログに向かわれました~(笑;
    ヒジヤン様に続いてヤマテツ様がお帰りになるとよいですネ;^^

    byそねさん at2016-07-01 19:04

  11. 横浜のvafan様 こんばんは。

    この度の変化の一番大きな要因は、vafan様がお見通しのように部屋の整理整頓ではないかと私も思っています。例えは大袈裟になりますが、美しいホールからしか美しい響きは生まれないということに通じるものかと;^^。

    この整理整頓こそ基本中の基本ですが、これを大の苦手とする私が後回しにしていたため、ベルウド様の「トントン」という最高のタイミングで皆さんにお披露目できたということかと思っています。

    byそねさん at2016-07-01 19:07

  12. GRF様 こんばんは。

    なんとか実用レベルのSPセッティング力を身につけることができたかな~、これも拙宅にて実地指導してくださったベルウッド様、GRF様のお陰と、感謝の気持ちでいっぱいです。
    オフ会を前にまだ自分のセッティング力に不満な点があったことから、GRF様へのご報告を控えていたところにレスを戴くこととなり誠に申し訳ありません。

    この度の試行の肝となるのは、SPのセッティングを独力で出来るようにすることと、2セットのSPを本格的に鳴らすこと、の2点だと思っています。
    1点目は、GRF様、ベルウッド様のご指導を得て実用水準までほぼ独力でできるようになったと思います。最後の詰めがまだ甘いので引き続き精進せねばと思っております。2点目は、コーナー型交差法でPIEGA、ニアフィールド・リスニング型平行法で小型2wayを鳴らすということであり、まさにこれこそGRF様に設計いただいたことであり、この設計なかりせばこの度の試みは挫折しかなかったと思っており、心から感謝申し上げます。

    また、平行法設置のSPをどこまで前に引き出すか、最善点はどこかなど、まだまだ今後の課題が残されていると思っております。引き続きご指導の程よろしくお願いいたします。

    byそねさん at2016-07-01 19:20

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする