そねさん
そねさん
2006年12月、定年後の趣味として、スピーカー・PIEGA TC-70Xを中心にアキュのCDP・プリメインアンプによりオーディオライフを始めました。ピエガのトールボーイ・スピカーはその美しさに…

マイルーム

マンションでのリビング・オーディオ
マンションでのリビング・オーディオ
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
PIEGA TC-70Xをコーナー設置型の交差法、その手前に小型2wayを平行法で設置し、2組のSPで楽しんでいます。このセッティングに際しては、当コミュニティの大先輩お二方(GRF様、ベルウッド様)…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

お気に入り製品

日記

ソロ~リと再開します

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月12日

皆様お久し振りです。
昨年末に転倒し骨折の術後経過の不調から再手術を余儀なくされ、以来、次々と体の不具合が表れ、リハビリが生活の中心となる日々を過ごしております。こうした不具合はある程度は残ってしまうとのこと、上手く付き合っていくしかなさそうです。この間、体の痛みから音楽を聴くことに集中できず、phile webの方もすっかりご無沙汰してしまいました。

そんな味気ない日々にあって、4月の末にROON+HQplayer・NAA仕様のMF-PCの導入という素晴らしい出来事もありました。現金なもので、MF-PC廻りで遊んでいるときは痛みはあっても鬱々とした気分にはなりにくいですネ、これを機に、少しづつソロ~リとオーディオ中心の生活を再開させたく思っています。

■ROON始めました。合わせてTAIDALも。

MF-PCの導入にともない触らざるを得なくなったROONですが、「このボタンはなんじゃろう、押してみよ。へぇ~、こんなことができるの~っ、面白っ!」、使うほどに新たな発見の日々です。

当初は、これまで自分なりに考え構築してきたフォルダー構造による管理ができなくなり、なんじゃコレ全然駄目じゃんとかブツブツ言いながら触っておりましたが、それは自分の持っている音源を聴こうとするから旧態に惹かれる話。旧態では自分の持っていない演奏持っていない楽曲には当たり前ですが手も足も出なかったのが、TAIDALと合体したROONでは新たな音源へのアクセスもスムーズ、既存所有音源と同様一体で管理できるなど何か面白いことができそう、ということでTIDALにも手を出しています。
まだ初級編の入口辺りでウロチョロしているだけですがとっても面白そうです(^^♪

ためしに、AMGSQ(apollon musagete SQ)を検索してみると、Amazonでは3枚ヒットしたものの全て在庫なしかつ入荷未定、CDでは聴くことが叶いません。他方ROONで検索したTIDAL上には5枚のアルバムがあり、しかもTIDALは月額定額制のサービスなのでお好み放題(^^♪。


AMGSQの演奏するハイドンの1枚を聴きながら、あ~時代はこうなんだ~、と。これまでダウンロード音源やストリーミング音源に手を出しませんでしたが、もはや時代はファイル再生やアナログ再生を趣味性の高い高音質再生世界のものとしそうでない多くをストリーミング再生に誘っているのかな~、と思ったのでした。

■MF-PCへ梃入れ

トラポのもつ本源的能力を引き出すべく、ケーブルの入れ替えをしてみました。対象としたのはDCケーブルとLANケーブル。自作は叶いませんのでリーズナブル(と思える;笑)な範囲での購入です。

【DCケーブル】モバイルバッテリー駆動のMF-PCでは、DCケーブルとしてUSB-A to microUSB-BのUSBケーブルを沢山使います。太く短くを基本に、機器付属や市販のto microUSBケーブルより通常のUSB2.0のケーブルの方が太かろう、休眠USBケーブルの有効活用にもなる、ということで購入したのがコレ、 USB-BをmicroUSB-B に変換するアダプター。

使ったUSBケーブは手持ちのsaec SUS380の20㎝を2本、NAA-PCと親機ルーターへの給電に使ってみました。

【LANケーブル】某ブログで見かけたもので、作りがシッカリしており価格が「パーツ代+工賃+利益等」として妥当と思えることから導しました。単線仕様(VIABLUE EP-7S SILVER)と撚線仕様(VIABLUE EP-7 SILVER)を各一本づつお試し購入です。各々1万円+の出費です。
聴いてみるとエレコムのcat6aとは大違い!HUBと親機ルーター間に入れた単線仕様のものは音場の構成・見通しが良く、ROON core+HQplayer-PCとHUB間に入れた撚線仕様はディテールをきめ細かく表現し艶やかな音色。

そして全体をラックに入れました。キャスターを付けたので使い勝手が良くなりました。


■最後に真打登場、MSB network renderer module の導入

MSBのDACはインプットがモジュール形式になっているのが特徴。自由に組み合わせて使います。そして後からモジュールの追加も可能です。
そこで今回導入したのが、MSBのDACをネットワークオーディオプレイヤーに、あるいはLAN-DACに変身させる入力モジュールです。実現機能は、ROON ready、DACからクロック供給、MQA対応、LAN-DAC機能等々であり、一気に流行の諸機能を備えたDACに変わります。

拙宅のMSB-DACはDAC Ⅳ signatureというかなり以前のものですが、基本性能面では、サンプリング周波数は384KHzまで対応と実用上問題なく、諸特性も発売時には当時の最高スペックを確保、DACチップを使用しないラダー型といわれる方式なので音質面での陳腐化も限定的(と思いたい!;笑)、ということで私的にはこれで十分まだまだ現役で頑張って欲しいので、DAC Ⅳ用にmoduleを特注しました。

これで2通りの再生が楽しめます。1つは、プレイヤーをROONとしDACのMSBモジュールにLANケーブルで接続するLAN-DAC方式。MQA-CDやTIDALのMQA音源はこれで聴くことが出来ます。
今一つは、プレイヤーをHQplayerとしNAAまでLANケーブル、NAAからUSBでDACに繋ぐMF-PC方式。HQplayerで再生するので、音質はこちらの方が良いのかな~。〔拙宅では、間にDDCを噛ませ、NAAからDDCはUSB、DDCからDACはAES/EBU〕

さて、モジュールは2月に発注したのですが諸事情から納品は6月末になるそうでまだ聴けていません。
MF-PCとの比較は?お楽しみはこれからです(^^♪

MSB-DACをセットアップに出している間はEM-audioさんのコチラのDACで聴きます。画像中段がそうです。下にDAC、上にボリュームを乗せてあり、奥の黒い箱は10Mのクロックになります。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. そねさん

    ご無沙汰しております。
    日記を拝読した限り、全然ソロ~リという感じじゃないですね。ぶっ飛んで再開中というようにお見受けします。

    RoonはWAV、DFFでタグ無しで来られた方には厳しいでしょうが、そうでなければ慣れれば使い易いソフトウェアだと思います。
    TIDALと組み合わせると音楽の楽しみ方が一気に広がりますね。

    MSB network renderer module は楽しみですね。Select DACでのModuleと基本的には同等でしょうから現代最高のネットワーク・モジュールの一つであることは間違いないでしょう。
    それでも、個人的にはRAATを使用しないMFPCの方が音が良いと予想します。その辺りの結果をまた教えて下さい。

    また、最新のDDCを試されるのも面白いですよ。Gustard U16が良いという評判を某所で聞いて、DAVE用に使用しています。
    USB出力をDAVE直結、M-Scaler経由、DDC経由で切り替えて楽しんでいます。どれが良いというより好みの問題だと思いますが、DDCの進化を実感します。

    お体大事になさって下さい。
    また近いうちにお目にかかりたいです。

    byのびー at2019-06-13 15:32

  2. そねさん、こんばんは!

    TIDALも始められたのですね!
    network renderer module楽しみですね(笑)
    LANDACとは一般的にiPv6ベースのDirettaがそれですね。
    network renderer moduleはDLNA/UPnPのiPv4ベースのプロトコルなのでLAN-DACと言うよりDLAN対応ネットワーク機能が正しいかなと思います(笑)
    roonのRAATもiPv4がベースなので、HQPlayerのiPv6が伝送では優位かなと思います!

    「伝送では」です!(笑)

    ラックも導入されてまたお伺いする楽しみが出来ました!
    7月以降にまたお伺いさせて下さい。

    byMF at2019-06-13 23:28

  3. のびーさん
    こんばんは レスありがとうございます。

    やはりフォルダービューがない、というのが厳しかったです。でもTIDALを統合したROONは、それを埋め合わせて余りある楽しさがありますね(^^♪

    これまでフォルダーの設計では苦労を重ね、ようやく、リッピングの質(dbpoweramp、リニア電源)、フォルダーの作り(階層の持ち方、要素、順序、入れ子にするしない)、音楽情報(クラシックでは作曲家がKEY、ジャンル、boxもの)がフォルダー名をみればわかるように設計することで落ち着きました。ただ、1つのアルバムがリッピングの新旧やあえて複数個所に保存するなどから、複数のアルバムになっているものがある状況でした。
    これがROONでは同一アルバムが複数一覧表示されることとなり、区別がつきません。これには参りました。
    例えば、クラシックの最新のフォルダ、トラックの切り方のイメージは以下のようになっていました。
    フォルダー:00_classic 000 30_concerto / 000は最新の体系を示す
    → リッピングが古く低音質のものは 00_classic 200 など
       BOXは300_karajan'70 とか、一部は30 concertoにダブって保存
    トラック:mozart gulda pianoconcerto アルバムム名 を各トラックに付与 
    → アルバム単位にフォルダを設けず、上位フォルダのジャンルフォルダー
       に放り込む(フォルダの入れ子を極力回避)
       以前はcomposer artist アルバム が入れ子のフォルダ階層だった
       が、今はトラックにアルバム情報として付加するイメージ

    ROON+MSBmoduleよりMF-PCの方が音が良いだろうと想定しているのは私も同様です。伝送方式の差、プレイヤーの差は、MSBといえども埋められないだろうと思っています。

    日本にいらして、仕事が上手く運んで、ポッカリ時間ができたときは一声お掛けください(^^♪

    byそねさん at2019-06-14 00:11

  4. MFさん こんばんは。MF-PCの音の良さには感動ものです!もうこれ以上は(少なくとも当面は!)ないですよねっ。

    やっぱりTIDALやりませんと。ROONだけではフォルダービューを失うマイナスを埋め合わせるのは困難ですョ。

    6月12日付で大家さんの方にDirettaの技術解説記事が掲載されていますね。ここでのDLNA vs DirettaをMSB module(RAAT) vs MF-「PC(NAA)と読み替えるとわかり易いと感じました。

    「伝送」が決めてですネ、ipv6…ipv6。LANDACといえばNADACが嚆矢(とこの度知りました)。あれって本質はipv4なんですかね~。Direttaは日本発ですよね、これをもってLAN-DACというのが術語として定着するかどうか、頑張って欲しいですね。

    byそねさん at2019-06-14 01:16

  5. そねさん、こんばんは。

    ケガとか病気で音楽が聞けない、聞く気にならないのが続くのは辛いですよね。
    その反動か、少し回復してくるとソロ〜リやろうとしても、全開モードになってしまうのも良く分かります(笑

    RoonとHQPそれにTIDALが加わると最強ですよね。
    早速、そねさんがTIDALで探した楽曲、私もTIDALで聞いて見ました。
    また、良い楽曲、ご紹介下さい!
    すぐ、TIDALで聞けますよので(笑

    あまりご無理せず、くれぐれもお大事に。

    byいたちょう at2019-06-14 19:35

  6. いたちょうさん こんばんは。

    音楽を聴けないのならまだしも、音楽を聴く気にならない自分がいることを意識してしまうのは辛かったです。
    気を付けます、とにかく体調改善を最優先に、オーディオは体も心も楽しくなるものであるように!

    TIDALって、どんな演奏だろう、どんな曲だろう、チョイ聴きしたい、っていうときには最強ですね。結構MQA(ハイレゾ)もあるので、気に入ったらマジ聴きもできますし。

    byそねさん at2019-06-14 21:51

  7. そねさん、こんばんは。

    ご無沙汰しております。かなり全開モードで全然ソロ〜リではないですよね。(^^;)

    MFPC、実は公開されていない次があるようです。おっ口が滑った。聞かなかったことにしてください。(笑)

    お身体をいたわりながら好きな音楽を楽しまれてくださいね。
    またご訪問する日を楽しみにしております。

    byHarubaru at2019-06-14 21:57

  8. エッ、公開されていない「次」?!

    おっと、Harubaruさん こんばんは、デス。

    そんなものが…
    期待を裏切られることがないのがMF-PCです、ワクワクしますネ(^^♪
    滑った口は盆に返らず、刮目してお待ちします。

    MSB moduleが良かったら是非聴きにいらしてください(^^

    byそねさん at2019-06-14 23:16

  9. そねさん

    お怪我からの回復がままならないご様子ですが、オーディオ熱はいぜん下がらないようでお気持ちはお元気そうで何よりです。

    MSB DACを最新モジュールに交換というのはちょっと楽しみですね。実現したらぜひ聴かせて下さい。モジュールの交換で最新技術にアップグレード可能というのはなかなかよいですね。

    roonには、私も夢中になっています。

    とにかくクラシック音楽好きとしては、いろいろ懸案でハードルが高いと思っていたライブラリ管理がほぼ全面的に達成できてしまいました。そのことについては近々日記にアップしたいと思っています。

    これまでSONY HAP-Z1ESを使っていたので、FLAC中心にID tagをこまめにメンテしてきました。そのことが決して無駄ではなかったようで、そこで蓄積したライブラリやノウハウがroonでも大いに威力を発揮しています。

    roonでは、ストレージ上のファイル管理としてのツリー構造はそのまま活かしつつ、それとは別にプレーヤーの操作は別に考えるのがよいと思います。つまり、音楽を聴くときの操作は、ファイル構造のことはすっかり忘れてroonでの操作をエンジョイされてはいかがでしょうか?

    byベルウッド at2019-06-15 09:27

  10. そねさん、大変だったようですね。
    私も一昨年の秋、歩いていてすってんころりんと転倒し、左手首をポキッと。
    幸いギブスだけで済み、完治するのに二か月ほどでした。
    手術まで行うと治癒するまで、時間がかかり大変そう。
    文字通り”ソロ~リ”とやってください。

    BBより(=^・^=)

    byブルースブラザース at2019-06-15 13:26

  11. ベルウッドさん、こんばんは。

    覇気のない生活を送っていましたが、新MF-PCを聴いてこれは凄い、使えるようになりたい、と怠惰一色の生活から抜け出しました。ただ、まだ無理がききません、あくまでソロ~リと、です(^^

    自分の音源はCDをリッピング・ここ数年はDBPowerampしたものですが、そもそも検索をまずしないのでタグを意識することがありませんでした。それでも、composerや albumartistは注意してましたが、genreは拙宅では頭でジャンルにより保存フォルダーを区分していますので、どのジャンルのフォルダーにリッピングデータを保存するかが重要でタグのジャンルをどうするかには重要性を意識するに至りませんでした。今となれば、ジャンル情報がシッカリしていれば、roonへの頭の移行もスムーズな方法があっただろうに、と思いますが後の祭りってやつです(^^

    >roonでは、ストレージ上のファイル管理としてのツリー構造はそのまま活かしつつ、それとは別にプレーヤーの操作は別に考えるのがよいと思います。

    今は既保有ファイルを見る機会が圧倒的なわけですが、近い将来尾ではTIDAL発のファイルをROON思想を意識せず通して眺める割合が圧倒的になりましょう。
    そして操作は、既存ファイルもTIDAL情報も一体でROON思想ですから、ストーレージの操作のときにむしろ違和感を持つようになる方が近いのでしょうね~(^^

    byそねさん at2019-06-16 00:03

  12. BBさん、こんばんは。

    エーッ、BBさんも骨折されたんですか!2か月で完治とはうらやましいです(なんのこっちゃ

    自分はゆ~くり倒れ込んだのでまさか骨折しているとは想像もしませんでした。
    事実、転倒してから帰宅までに2時間程経過していたと思いますが、その間痛みはなかったんですよ。それが急に強い痛みに襲われ、救急でとあいなりました。
    検査したら肋骨2本と肘を骨折していると、言われた自分が吃驚しましたね~。

    ここ数年で今までしたことのなかった入院を4回を数えます。退院のつど、体力が入院前より低下したと感じます。歳を経たら手術=入院はできるだけ回避した方が良いですね。
    そのためもあってか、座骨神経痛とか頸椎ヘルニアとかたて続けに神経障害を発症、ここ数年で体を支える筋力が大分落ちてしまったのだ、と今では思っています。

    骨折した骨の隙間が埋まるのに半年ほどと言われました。再手術から数えると8月がテーゲット、6、7月はソロ~リ、ですネ(^^

    byそねさん at2019-06-16 00:13

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする