たびびと
たびびと
暴走も一段落~(´▽`)~

マイルーム

オールマイティを目指して!(…はいるけれど(^^ゞ )
オールマイティを目指して!(…はいるけれど(^^ゞ )
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~120型 / ~4ch
出来るだけ色付けなく、でも楽しく、を狙っています。 Esoteric K-01X ↓ Dussun R-10i ↓ Classe CA-M400 ↓ Avalon Eidolon
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

いざ静岡!GW旅行はバズケロ邸

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月06日

「GWどっか行きたいとこない?」
「バズケロさんち」(即答)
「遠すぎる」

なんてやりとりがありまして。
その時(3年前でした)は遠いからと却下になったのですが、また今年
「どっか行かない?」
「バズケロさんち」(即答w)

で、仕事のリズムが変わったばかりで自分のオーディオさえ聴く時間が取れなかったこともありそのまま放置していたのですが、
「決まったよ」
「え?マジすか?」
「朝4:30集合ね」
「…マジすか?」

でもまぁ、決まってしまえばオフ会は楽しみなもの。しかもずっと前から聴いてみたかったお宅です。
そんなこんなで日帰り弾丸ツアーで行ってまいりました、バズケロ邸!
今回はコーディネートから運転まで全てお任せ。「市場よって朝飯食いましょう」とか我儘放題です(笑)


バズケロさんと言えばファイルウェブの中でも屈指の実践派。
独自の解析と理論。膨大な試行錯誤を繰り返しそのプロセスを惜しげもなく披露する懐の広いお方。
イメージでは「ガハハハッ」とか豪快に笑う大男のイメージだったのですが、お会いしてみると物腰の柔らかい気さくなおじさん(失礼)…というかボンさんとアイドルトークで盛り上がっているのを見るとそこらのおっちゃんというか(超失礼)

でもやっぱりオーディオを語るときは只者では無いオーラがビシバシと。


最初のハーベス部屋。
生活の一部に組み込まれ、インテリアの一部に溶け込んだ機器と音。
聴く位置によって音楽との距離感も自由自在。

80年代のアキュがインテリアに馴染んでいます。というか、今のよりずっとカッコいいと思う。
ハーベスもスタンド込みで実に佇まいが良い。音よりデザインで選んでます?

実は最初は古色蒼然とした、ハーベスのエンクロージャーそのものの色が乗っていて、完全に癒し方向に振っているのかと思っていたのですが、数曲かけるうちにどんどん鮮度が上がってきて実に中庸な音色に。
ニュートラルとリアルの中間。空間や音像もこれ見よがしなところはなく、しかし十分オーディオ的にも聴ける絶妙なバランス。
「対向面に同じ素材は使ってない」とか「ロフトは音が飽和したときに対策できるように用意してあったけど要らなかった」とか、聞けばリビングオーディオと言いながらも恐ろしいほどの抜かり無さ。

それはJBL部屋も同様で、徹底的に計算して作られたとんでもない造り。


石井式+天井裏のレゾネーター。
床と壁の縁切り。
造りながら考えていったのでは絶対に工期に間に合わない、完璧な事前準備の賜物。
私のようにアースすらその場で決めて詰め切れなかったのとは訳が違います(^^ゞ

そしてその効果は音に表れており、部屋の癖の無さは特筆に値します。
この狭さ(といってもエアボリューム的には20畳分くらいはありそうですが)で、この気密の良さで、この気圧の変化のなさは異常です。おそらく同等のエアボリュームで気密も近い私の部屋だと感じる僅かな圧迫感が全くありません。
響きはかなりデット。
パッと見た感じで吸音は少なめなのに一切変な響きはありません。

「ルームチューンは嫌い」
「部屋の響きを使うのではなく、その場の間接音は音源に既に入っている」
「だから直接音メインでいいし、部屋の広さも必要ない(というか寧ろ邪魔になる)」

部屋の響きをどこまで使うかはオーディオにとって終わりと答えのない議論だと思うのですが、普通は「逃げられないのだから上手く使う」と言うのが落としどころになりがち。
というかうちが正にそれ(笑) 通に部屋を作って、音を聴きながらルームチューンと進めて来ました。
しかしバズケロさんは上記のような方針で部屋を作ってしまいました。
これは物凄く危険な賭け…

だったと思うのですが、バズケロさんは見事に賭けに勝ってしまいました。
しかしこれは賭けだったのか?
運に頼るギャンブラーは二流。
勝負は始まる前に既に決まっている…みたいな?
しかしバズケロさんの建築当時は今よりさらに情報量は少なかったはず。
いやはや。それでこれを設計段階で決められるのって本当に異次元。


とは言え音が部屋だけで決まるはずもなく。
部屋にかけたのと同等、いや、もしかするとそれ以上の情熱がセッティングには込められていました。
バズケロさんと言えば
『1点アース』
『縦リジッドの横プリン』
などの独自メソッドが有名ですが、今回念願かなってやっと実物を見ることが出来ました。


実は私もそれっぽいことをやってみようとしたことがあったのですが、これって高さ調整が激ムズなんですよ(;´Д`)
私は早々に諦めました。まったく良く水平取れるもんだと…。
でもこの音を聴いた後だとまた挑戦したくなりますね。


そんなこんなで真剣勝負のJBL部屋で刺激を受けまくってからのハーベス部屋。
十分オーディオ的なのにめっちゃホッとする(笑)
これはセカンドシステムの理想形じゃ~!!


そんなこんなで朝10時から19時まで、じっくりバズケロサウンドを堪能させていただいてつくば一行は帰路に着いたのでした。
バズケロさん、ありがとうございました!!

そしてボンさん、運転ありがとうございました!
燻製さん、音のインプレありがとうございます!私は燻製さんの後にブログに追記します(笑)


無限多様の無限調和

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. おー!
    酔っぱらってるのに日記UPお疲れさまです。

    対抗面、ロフト、天井レゾネーター、縦リジット横プリン
    技術的説明ありがとうこざいます。
    (こういう説明、自分は苦手なんす)
    後は燻製さんですね(笑

    本当に楽しかったですね
    お疲れさまでした。

    byボン at2018-05-06 21:36

  2. >ボンさん

    昨日はお疲れさまでした。

    ネタは列記しただけで何にも(笑)
    技術的なことは全てバズケロさんの日記に書いてあります!(笑)


    いやー、良い刺激を受けました。
    オーディオは楽しい!!

    byたびびと at2018-05-06 21:56

  3. たびびとさん
    こんばんは!

    昨日は長旅お疲れ様でした。
    皆様をお迎えするのに、楽しめない音だったらどうしよう(汗)って気を揉んでいました。
    皆様との時間は笑顔、笑い声が絶えず、嬉しかったです!

    流石たびびとさん。
    日記の解説もクールにバズケロのルーム特徴を的確に捉えていただいています。
    オーディオルームを作るのは、賭けなんですよね!
    初めて音出しするときの緊張といったらもう、たまらんです。
    たびびとさんのオーディオルーム構築日記は今でも鮮明に覚えていますよ!

    縦リジッド&横プリンはJBL4338に手を触れてみて感じて見ることが、とてもわかり易いのです。
    直接音に勝負をかけているJBL部屋では、出音というのは生命線です。
    あのお部屋が出来てからの勝負は、電源と設置だったのです。
    バズケロは部屋、電源、設置の3つをオーディオ環境と言っています。
    それらの条件が整って、初めてニアフィールドの威力が表現できるという気持ちで取り組んでいます。
    ニアフィールドでもオープン型のヘッドホンのイメージに近いコンセプトですね。
    部屋の音抜け、逃げ道はとても重要な要素です。

    その辺りのニュアンスをきちんと把握していただいたのは嬉しく思います。

    JBL部屋があればこそのハーベス部屋という空間が活きてくる。
    ハーベス部屋に戻ったときの、日常に帰るという気持ちも共有できたみたいですね。
    バズケロにとっても、重要な世界です。

    それにしても茨城4人組はとても楽しい組み合わせでした!
    笑が絶えることなく、音楽とオーディオがもたらしてくれた楽しい出会いに乾杯しましょ。

    音楽とオーディオって、本当に楽しい!
    今後ともよろしくお願いします。
    有難うございました。

    では、では

    byバズケロ at2018-05-07 00:14

  4. たびさんこんばんわ!

    技術的なお話を書いて下さりありがとうございました!
    私なんぞではチンプンカンプンな領域なので非常に助かります(。´゜σii゜`)

    翌日にバーベーキュウとは羨ましいですね
    私もあの時のJBL部屋の素晴らしい音を脳内再生させながらやっすい酒を飲んで泥のように眠りたいと思います!

    by燻製一年目 at2018-05-07 01:43

  5. おはようございます。

    私は賭けに大負けしましたが、認めるのがくやしくていつまでも引きずり、最近ようやく目が覚めてこれはもう別宅しかないなと思い始めてBIG買っています。
    たびさんクラスがこういったテクを目の当たりにするとどんな受け答えが待っているのか、ブログ続編も楽しみです。

    byにら at2018-05-07 07:22

  6. こんばんは 初めまして。

    茨城から 袋井まで 約300kmということは 新潟から 茨城と ほぼ 同じ距離ですね。 ちなみに 新潟, 袋井 間は 460kmですね。 バズケロさんとは 砂箱を持ちこんでからの 交流になりますが,最新砂箱の 威力は なかなかのものだったようですね。
    どんな音楽を聴いたのか 分りませんが 楽しめたようで何よりです。 

    私も 来月 3回目の訪問をしますので 前回からの 変化(進化??)を 楽しみにしております。 部屋も 大切ですが 機器のセッティング次第で 音楽が とても 楽しく聞こえるから とても大切なんですね。 バズケロさんの 思考力を盗んで 楽しいオーディオライフを送りましょうね。

    byX1おやじ at2018-05-07 18:39

  7. たびびとさん、はじめまして!

    バズケロさんてオーディオにはラオウだけど優しい人なのですよね。(笑)
    たびびとさんのシステムの事はボンさんからチョット伺っていて、
    察するに私が目指す音場表現の何段も先に行かれているようなので、
    私としては勉強させて頂きたいと思っています。
    バズケロさん邸でインスパイアされた事が有りそうなので、
    これから少しイジられますかね?
    落ち着かれた頃に是非お伺いさせて下さい。

    byCENYA at2018-05-07 20:54

  8. >バズケロさん

    5日はありがとうございました!
    システムそれ自体はもちろんですが、それを鳴らすバズケロさんのお人柄あってこその楽しいオフ会でした。
    そしてボンさんの食いつきがいつもの5倍くらいの勢いで、そこも楽しんでしまいました(笑)

    新ルームでの初めての音出しは緊張しましたね…。
    私の部屋はルームチューン前提だったのでがっかりする準備をしつつも楽しみの方が大きかったのですが、JBL部屋だと最後の審判みたいな気分であったろうと想像します。


    部屋から始まり電源、セッティングに至るまで一切の妥協の無さ、良い塩梅オーディオの私とはほぼ対極にある世界観を楽しみ、刺激を受けまくるオフ会でした。
    音楽とオーディオって、本当に楽しい!

    今後ともよろしくお願いいたします。
    茨城のご親類をお尋ねの際には是非うちにもお立ち寄りください。

    byたびびと at2018-05-08 06:11

  9. 燻製さん

    5日はお疲れさまでした。
    楽しかったですね~。

    技術的なことは何も書いておりませんが、ネタ列挙して
    第二走者としてのバトンは渡しました。
    あとよろしく!(笑)

    byたびびと at2018-05-08 06:14

  10. にらさん

    私はBIGも大負けしております…。
    あれだけ買って300円すら当たらないって何なのさ!?(^-^;


    バズケロさんの手法は私というか、一般のオーディオとはスタート地点(部屋)が違いました。
    ただ、ルートは違えど向かうその先はかなり近いとも感じました。

    今回はその違いを楽しむのがメインでしたが、盗めるところは盗ませていただこうと(笑)
    でも何を使うか考えるてもなかなか思い浮かばないんですよね~(^^ゞ

    byたびびと at2018-05-08 06:22

  11. X1おやじさん

    はじめまして!

    今回の日記は部屋への違いが衝撃的過ぎてそこメインになってしまいました(あと全部書こうとすると長すぎるので…(^^ゞ)が、そこから一貫した電源、セッティングへのアプローチもまた刺激的でした。

    特にセッティングは独自理論と実践の気の遠くなるような過程を経てこの音が出ているというのがハッキリわかりました。
    1点アース、縦リジッド&横プリンも勿論ですが、バズケロさんも「この音はX1おやじさんとの出会いによって~」と仰っておられた砂箱はオリジナリティ溢れていて楽しいですね!
    オリジナルを考案されたX1おやじさんの思考力は素晴らしいと思いました。
    創意工夫のあるオーディオって楽しいですね!

    byたびびと at2018-05-08 06:35

  12. CENYAさん

    はじめまして!
    道中車の中でCENYAさんとのオフ会話にも花が咲きました。
    CENYAさんもまたオリジナリティ溢れるアプローチで楽しそう!
    しかも聞けばCENYAと私は同年代らしいとのこと(もしかすると同い年?)


    バズケロさんから受けた刺激は現在脳内で揉み揉みされていていつ外に出てくるか分かりません(^^ゞ
    多分先にAV系から試すことになるような…。
    そんな状況ですので、もしこちらに来られることがあれば気楽にお立ち寄りください。
    …うちの音場はボンさんも燻製さんも「前の方が好きだった」と言うのですが(^^ゞ、

    byたびびと at2018-05-08 06:44

  13. たびびとさん、こんばんは。

    静岡の音野次衆
    筆頭のバズケロ城に、つくば軍団の総攻撃ですね(笑)
    ピクリともしなかったと思います。

    私が訪れたのは既に数年前ですが、その時でもあまりにも対策が複雑過ぎてバズケロさんの解説無しでは理解出来ませんでした。(説明していただいても理解できているか今でも自信がないです)
    あれから更に進化しているとは言うまでもないでしょう。

    私もまた訪れてみたいですね。

    byニッキー at2018-05-08 21:26

  14. ニッキーさん

    こんにちは。
    バズケロ邸、細部を徹底的に詰めて行く姿勢。
    まるでクスコの石垣みたいな、究極の精度。
    あれは崩せませんな(笑)
    大いに堪能させていただきました。

    byたびびと at2018-05-09 12:35

  15. 再れす すみません。
    オーディオは たくさんの要素の総合芸術かな?
    機器の持てる能力を最大限に活かして 音楽を精一杯楽しむ。

    こんな仲間が たくさん集まると楽しいですね。

    機会があれば 新潟にも おいでください。 私の部屋も 少し 面白い構造していますよ。  

    たくさんの引き出しを 持つほうが オーディオ道 楽しめますね。

    byX1おやじ at2018-05-09 19:29

  16. X1おやじさん

    こんばんは。
    総合…まさにそれですね。
    何か一つでもボトルネックを作るとそれまで。という恐ろしさもありますが、色々な要素を練り上げていくパズルみたいな要素が面白いです。
    そして色々な手法で楽しまれている方の音を聴かせていただくのは本当に刺激になります。


    お誘いありがとうございます。
    次のつくば軍団遠征か、家族サービスでお近くに行けた際には是非よろしくお願いいたします!

    byたびびと at2018-05-10 22:32

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする