たびびと
たびびと
暴走も一段落~(´▽`)~

マイルーム

ようやく…!
ようやく…!
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~120型 / ~4ch
出来るだけ色付けなく、でも楽しく、を狙っています。 dCS scarlatti transport ↓ dCS Vivaldi DAC ↓ Dussun R-10i ↓ Classe…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

ラックを作ってみようかと

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月29日


ずっとAV用のラックを探していたのですが、なかなかピンとくるものに出会えず、だったら自分で作ってしまえとアピトン合板を手に入れました。
ポールは余っているJ1のアルミポールを利用して2段の予定です。

レコーダー+外付けHDDとか、オーディオPC+電源とか、そんな感じでちょっと横長したいので15㎜厚では強度的に心配かとも思ったのですが、流石アピトン。
持った感じでは強度不足は感じません。まぁ、乗せるものがメインと違って軽いですしね。


工具は近くのホームセンターで借りられるので、ドリルとジグソー、あとはサンダーあたりを予定します。
本体しか借りられないのでホールソーとボアビットは自前で購入となります。


ボアビットの方は別件でして、メイン用のJ1ラックのトップキャップがScarlatti Transportの足に干渉してしまうので、このキャップ部分に被さるように座繰りを取ったボードを作って天板にしようと考えています。

が、座繰り自体は5㎜もあれば十分なのに、50㎜以上のボアビットって先端の尖っている部分が長過ぎるんですよね。15㎜厚しかない合板を貫通しかねません。貫通しないまでも正に足が乗る部分が一番強度が弱いっていうのは気分良いものではありませんので何とか綺麗に座繰りたい…。

うーむ。何か良い方法は無いでしょうか?
小さなボアビットで何回も掘る?
ホールソーで途中まで切り込みいれて自分で彫る?

そしてサンダーはどのくらいかければ良いのか?
塗料はオスモが安定かなぁ…。


なにせ木工経験ゼロなので何も分かりません。
それなのに最初からベストを目指したいという…(^^ゞ
さて、どうなることやら。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. たびびとさんこんばんは。
    近くに木工職人のボンさんがいるのではないですか?

    という私はまだボンさんとは会った事は無いですけど
    CENYAさんの時と同じく、
    きっと困った人をほっとかない人だと思います。

    byニッキー at2018-09-29 21:34

  2. ニッキーさん、こんばんは。

    仰る通りなんですが、今年から休みのサイクルがボンさんとなかなか合わなくなってしまいまして。
    実は近所にはオーディオマニアで本職の木工&鉄工屋さんがいるのでその方に依頼してしまえば楽に完璧なものが上がってくるのですが…なんかそれも違うだろう、と。

    趣味なんだから色々苦労したい、しなくちゃいけないなんて変な使命感が邪魔をします。でもアドバイスは大歓迎です(笑)

    byたびびと at2018-09-29 22:35

  3. いやいや 素晴らしぃですよ!   使命感とは・・ マニアの鏡ですね (^_-)-☆

     不器用な私には 絶対無理むりムリ!! 

    ワタシ、工具大好き人間だが(笑) 不器用ですから 使い切れていない。 でも無ければ もっと捗らない。  下手は下手なりに使ってる。

     たびびとさんが 何をしたいのか? 文面からは私には理解無理でした ((+_+)) 

     立派なラックが出来上がる事を お祈りしています。

    byアコスの住人 at2018-09-29 23:00

  4. 「木工経験ゼロ」と言う事なので、出しゃばってみました。
    たびびとさん、今日は、
    アルミポールが揃っていて二段程度のラックであれば、それほど難しくはないでしょうー。
    ホールソーの穴あけ
    ポイントは、まっすぐ開ける事が、けっこう大変です。
    2~3mmのドリルで事前に穴を空けて置くことを進めます。
    ホールソーがスムーズに入っていくハズです。
    サンダーを当てる際は、紙よりも布製の方がよいでしょうー。
    #100と#800ぐらいで、よいかと。
    「小さなボアビットで何回も掘る?」
    「ホールソーで途中まで切り込みいれて自分で彫る?」
    ↑、これについてですが、
    穴を貫通しないのであれば、トリマーか、ノミしかないでしょうね。

    「先端の尖っている部分が長過ぎるんですよね」
    ↑、これには意味があります。
    径が大きい穴を開ける場合、木材の食い込み大きく、取られやすく安定しないので、深く長くなっています。

    今現在、私もチョットした陶器を利用して照明器具を製作中です。
    単純に木材で円盤をつくるだけなんですが、これが結構大変。
    私も以前、0からラックを作ろとしたのですが、いい部材が揃わないので、結局諦めました。
    ケガしないように頑張ってくださいな。

    BBより(=^・^=)

    byブルースブラザース at2018-09-30 09:16

  5. たびびとさん、おはようございます!

    良いですねー。(笑)
    私も自作にこだわって頂きたいと思います。
    メインの作業を誰かにやってもらったらそれは他作ですもんね。
    満足感がないですよ。

    やったことは無いのですが、座繰りはルーターというのを使えば楽そうに思います。
    ちょっと掘る位ならインパクトドリルにヤスリビットを取り付けて削るのでも行けそうな。
    できればルーターを買って下さい、使い終わったら安価で引き取ります。(商)

    byCENYA at2018-09-30 09:23

  6. アコスさん、こんにちは。
    アコスさんは工具マニアなのですね。
    私は興味ありつつも使用頻度に対するコストパフォーマンスの悪さからずっと買えずにいます(^^ゞ
    でもインパクトくらい買っておけば死ぬほど苦労したアレやコレやが楽だったんだろうなぁ…。


    ラックの方は単純でして、単に穴を開けて塗装するだけです。

    座繰りの方は、既製品ラックの天板の出っ張りに干渉しないような大きなボードを作りたいのに必要かな(違う方法もあるのか良く分かっていないのです)、と。

    色々試行錯誤してみます(^^)/

    byたびびと at2018-09-30 13:07

  7. ブルースブラザーズさん、こんにちは。
    アドバイスありがとうございます!
    早速YouTubeで穴あけ動画を検索しました(笑)

    トリマー!!
    これがあれば棚板のエッジにR加工したり端材でケーブルインシュレーターを作ったり、色々夢が広がりそうです。が、近所のホームセンター(コーナン)にはトリマーのレンタルが無いようなので、大人しくノミでしょうか…(^^ゞ

    byたびびと at2018-09-30 13:57

  8. ルーターは間違いで、トリマーでした。
    いやー恥ずかしい。

    byCENYA at2018-09-30 14:22

  9. CENYAさん、こんにちは。

    ルーター!!
    早速調べてみました。トリマーの簡易版?みたいな捉え方で良いのでしょうか。

    こちらもコーナンにレンタルが無かったのですが、ルーターヘッドを購入すればOKみたい(レンタル品はBLACK+DECKERというメーカーのものです)

    CENYAさんが同じメーカーの物をお使いであればルーターヘッドを買ってもいいかなぁ、なんて思うような思わないような…(^^ゞ
    安定はヤスリビットかなぁ…

    byたびびと at2018-09-30 14:30

  10. あ、調べながら書いてたら入れ違いに(^^ゞ
    でもルーターでも行けそうな気がしてきました。

    BLACK+DECKER
    今ならアマゾンでタイムセールやってるんですよね…
    レンタルすれば1/30の出費で済むと分かっているのですが(^^ゞ

    byたびびと at2018-09-30 14:35

  11. たびびとさん、はじめまして。

    私はQuadraspireのポールが余ったので白木の集成材18ミリでラックを作りました。細いポールと柔らかそうな板でしたので十数キロのアンプを載せたらユラユラして使えなくて、今はプリンターなどの置き場になっています。やはりQuadraの棚板のように硬さが必要なんだと痛感しました

    アピトン合板は強度が高そうだし、ポールも太いのでそんな心配はいらないかもしれませんね。ただ、ザグリを入れるんなら15ミリでは薄いじゃないかと心配いたします。
    それにザグリは難しいので、例えば表面に6ミリ程度の薄板や厚手のシートを貼ってキャップの部分は穴を開ける、といった方法もあります。

    塗料ですが、私は無臭柿渋を使っています。これもオスモと同様自然原料で、部屋で塗っても臭くなりません。

    自作頑張ってください。

    byTON2 at2018-09-30 18:55

  12. TON2さん、はじめまして。

    経験談、ためになります。


    >6ミリ程度の薄板や厚手のシートを貼ってキャップの部分は穴を開ける

    なるほど!それは盲点でした。
    ボードが厚くなりすぎるとキャラが大きく乗りやすいので薄目のボードに無理やり座繰りで行こうと思っていたのですが…
    例えばABAのメタルボードなんかに穴を空けても良いかも…と思ったらこれは厚み1.4㎜しかないんですね(^^ゞ
    しかしちょっと色々探してみます。

    無臭渋柿…なんか良さげです。
    体に良いものは音にも良いと信じているのでこれまた調べてみます!

    byたびびと at2018-09-30 22:10

  13. たびびとさん、こんばんは。
    自分だけの気に入ったラックの製作は楽しみですね。
    拝見しましたが、さすがにアピトン合板といえど15mmは薄いかと思います。
    私は普段32mmを使用しています。
    そこでですが、深さ30mmくらいの箱を作って、中に焼き砂を15mm~20mm敷き詰めてその上に15mmのアピトン合板を敷いて使うのはいかがでしょうか。
    そうすれば、パイプを留めたところが表に出ないでザグリに悩むことないし、加工も楽だと思います。
    この砂箱は、新潟の×1おやじさんから教えてもらいました、砂の中にシールド板を入れてアースを取るとなおベストかと思います。
    後加工について、サンドペーパーはオープンコートの240番以上のものを使うと目詰まりもしないで快適ですよ。
    オープンコートだと、塗装面もそのまま目詰まりしないで研ぐことができますので大変便利です。
    仕上げについては、経年変化も考えて私は2液のウレタン塗装にしていますが、簡単に見栄え良くというとオイルフィニッシュもいいかと思います。
    ホームセンターに行くと何種類かおいてあると思いますよ。
    完成しましたら是非アップしてくださいね。

    bycocoa at2018-10-01 20:58

  14. cocoaさん、こんにちは。
    アドバイスありがとうございます。

    15㎜では薄いですか。15㎜にした理由は特に無く、世の中のラックの棚板が大抵MDFで20㎜も無いので「まぁ、十分だろう」と(笑)
    しかし強度が取れないようであれば2枚重ねとか横桟を入れるとか検討してみます!


    砂箱!!
    バズケロ邸で拝見しました。
    これもまた興味津々なのですが、木工素人の私には箱を作るのはハードルが高そうです。出来れば鉄工でやりたいところですが、そっちはハードルどころか棒高跳びくらい高く…(^^ゞ
    しかし確かに天板に置くものならもっと自由であって良いかも知れません。検討してみます。

    byたびびと at2018-10-02 11:22

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする