Hermitage
Hermitage
2007年7月9日 14:48登録、会員番号は782です。 2016/6 新しくブログを作りました。 https://hermitage-netaudio.com/ 2018/4 zzz…

マイルーム

どこにでもある屋根裏部屋
どこにでもある屋根裏部屋
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~7.1ch
2016/6 新しくブログを作りました。 https://hermitage-netaudio.com/ 2018/4 忙しいので活動縮小、zzz... 定期投稿はお休みします。 代わりに…
所有製品
  • ハードラック
    TAOC MSR-3S
  • 電源機器
    IFI AUDIO iPower
  • プラグ/接点保護
    ACOUSTIC REVIVE 500/BFA
  • 電源機器
    ACOUSTIC REVIVE YTP-6R
  • オーディオボード
    ACOUSTIC REVIVE RST-38H

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入り製品

日記

ネットワークについて知っておきたいこと⑤~機器の選定について~

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年04月13日

前回までネットワークの技術的な観点について書いてきましたが
オーディオ的観点も欠かせません。

今回は技術的なことを踏まえた上で
よりノイズが低減できる機器の選定する基準について書きたいと思います。

ネットワークオーディオに最低限必要な機材は「ハブ」と「ケーブル」です。
内部へ混入するノイズ、外部へ撒き散らすノイズを極力少なくしたいのであれば
以下のような基準でハブやケーブルを選ぶといいでしょう。

<ハブ>
①筐体は金属製
②電源コネクタは3Pタイプ
③EMI規格の「VCCI ClassB」もしくは「FCC ClassB」対応
④電源は内蔵タイプ

ACアダプタは周囲にノイズを撒き散らして
悪影響を及ぼすので、内蔵タイプの方が良いですが、
ACアダプタをアナログ電源などに交換できるのであれば
外付けタイプの方が良いと思います。

また、ハブを買う際に選択するのは難しいですが、
品質の良いコンデンサを搭載したものが選べるとなお良いと思います。

<ケーブル>
①ケーブルは極力短いケーブルを選び最短距離で接続する。
②丸型を選択し、フラット型は使わない。
③高い規格(Cat.6やCat.7)のケーブルを使う。
※ハブが対応していることが前提
④より線ではなく単線のケーブルを選択する。

ノイズに強いケーブルとして
シールドタイプ(STP)のケーブルがあり、できれば使いたいところですが
シールドタイプのケーブルはハブがSTPに対応しており
適切な接地(アース)がないとノイズがのる場合があります。

オーディオ用のLANケーブルには
シールドタイプ(STP)が採用されているものが多いですが
使ってみて音が悪くなるのであれば、ハブ、アースを見直してみましょう。


また、オーディオに使うプレーヤーとNASなどをつなぐハブには
必要のない機器を極力接続しない方が良いと思います。

市販されているハブにはスイッチング機能が搭載されており
関係のない端末には不要な通信を送信しません。
※本来はスイッチング機能を持っている機器をスイッチと呼称します。

スイッチング機能を搭載していないハブは
受信した通信を受信したポート以外の全てのポートへ送信し、
ハブに接続された機器が受信した通信の中から、
自身に送信された通信を取り込み、それ以外は破棄します。



現在では入手することが難しいと思いますが
もしネットワークオーディオに使うことがあれば
余計な通信がプレーヤに流れてくるのでノイズの量は多いと思います。

一方スイッチング機能を搭載しているハブ(L2スイッチ)は
各ポートに接続されている機器のアドレス(MACアドレス)の一覧を記憶しており
その情報を参照して、各ポートに必要な通信だけを送信します。



上記のことを踏まえて比較すると、
1つのハブやルータに直接全ての機器を接続する場合と
ルータやハブに1つオーディオ専用のハブを追加する場合とでは
プレーヤが接続されているハブやルータを流れる通信の量が全く異なります。

例えばパソコンでWEB上のHPにアクセスしたり、
他のパソコンと通信したりする場合、接続されているルータを経由します。
プレーヤが同じルータに接続されている場合、
ルータの負荷に応じてプレーヤはノイズの影響を受けます。



このとき、オーディオ専用のハブが用意されていると
ルータはオーディオ専用のハブに接続されている機器には
関係のない通信は流しません。
その結果、オーディオ専用のハブの負荷は下がり、
プレーヤへの影響も低減されます。



ノイズの低減を狙うなら、周波数は低い方が良いので
通信速度は遅い方が有利だと思います。
全二重通信であれば10Mでも転送速度は足りると思いますが
もし音切れするようでしたら100Mに、環境に合わせて使ってください。


…とここまでノイズを低減する方法を書きましたが、
ノイズが少ないからといって、
実際の音質が必ずしもその人にとって好ましいものになる、
というわけでもありません。

基本的にノイズ量をできるだけ低減することは大切だと思いますので
基礎としてノイズの少ない機材を選択して、
アクセサリなどで好みの音質に調整されるのが良いと思います。

以上、皆さんの参考になれば幸いです。
これでこのシリーズは最終回となります。(多分)
お読み下さいました皆様、ありがとうございました。m(_ _)m
※Myブログhttps://hermitage-netaudio.com/

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 詳しい解説感謝します。具体的なお勧めハブとか、ご紹介いただけると嬉しいです。
    私は以下です。

     SW-HUB:BUFFALO Giga対応 電源内蔵 5ポート スイッチングHub ブラック LSW3-GT-5NS/BK
     約3千円 http://buffalo.jp/products/catalog/network/lsw3-gt-5ns/

    アコースティックリバイブ LANアイソレーターACOUSTIC REVIVE RLI-1
    http://www.acoustic-revive.com/japanese/pcaudio/lan_isolator.html

    byYongJoon at2013-04-13 15:22

  2. よん様さん、こんばんわ

    私がネットワークオーディオをする中で使ってきたハブは以下の3つです。

    Corega CG-SW08GTLX
    筐体は金属、EMI規格 VCCI ClassB
    電源は内蔵で、電源ケーブルは2Pタイプ

    これ自体はネットワークオーディオのためではなく
    Gigabit対応だったのでに買いました。
    音は良く覚えていませんが、やたら発熱して困りました。

    BUFFALO LSW4-GT-8NS/BK
    筐体は金属、EMI規格 VCCI ClassB
    電源は内蔵で、電源ケーブルは2Pタイプ

    AVアンプでネットワークオーディオを始めたときに買ったものです。
    LSW3-GT-5NS/BKの後継機種ですが、電源ケーブルは2Pタイプです。
    これに変えたときは、SN比が向上したように感じましたね。

    アライドテレシス CentreCOM GS908XL
    筐体は金属、EMI規格 VCCI ClassB
    電源は内蔵で、電源ケーブルは3Pタイプ

    これはネットワークオーディオのために買ったものです。
    業務用モデルの比較的低価格(15000円位)なタイプのもので
    試してはいませんが、各インターフェースを固定する事が出来ます。
    これに変えたときは、ハブでこんなに音が変わるのかと驚きました。

    オススメといえるほど試した機種は多くありませんが、
    使った中ではアライドテレシス社のハブが良いと思います。

    byHermitage at2013-04-13 20:41

  3. ご回答ありがとう御座いました。
    アライドテレシス社のハブ 検討してみたいと思います。

    byYongJoon at2013-04-13 22:12

  4. ぜひ電源ケーブルやコンセントなども変更してみてください。

    byHermitage at2013-04-14 00:11

  5. >③高い規格(Cat.6やCat.7)のケーブルを使う。

    現在Cat.7と言って量販店で市販されているケーブルは規格外ですので薦めないほうがいいでしょう

    byRadiusRocket at2013-04-14 10:10

  6. 色々ありがとうございます。
    >現在Cat.7と言って量販店で市販されているケーブルは規格外ですので薦めないほうがいいでしょう

    具体的には どのLANケーブル使われていますか?
    自分でもびっくりしたのですが、オーディオ用LANケーブルで、HUB > ネットプレーヤ接続したら、確かに音がかわりました。CRCエラーが変わる関係でしょうか?

    オーディオクエスト Ethernet Cinnamon イーサネット シナモンです。知人が無理やり貸出てきたので、試しに使ったら、確かに変わったので、購入してしまいました。
    http://blog.joshinweb.jp/ichinose/2012/06/lanethernet-cin-7ac0.html

    byYongJoon at2013-04-14 11:34

  7. RadiusRocketさん

    前回もそうでしたが、もう少し丁寧にご指摘いただけると助かります。

    市販されているCat.7のケーブルは
    現在規格策定中の状況で発売されているケーブルなので
    規格上「Cat.7ケーブル」でないことは存じ上げています。

    粗悪なものもあるかもしれませんが、
    メーカがテストをした上で発売しているものであれば
    性能的には十分な能力を有していますので
    市販品の中ではノイズ低減には有利な選択であると思っています。

    今は、逆にCat6のSTPケーブルを探すほうが困難ですし。

    byHermitage at2013-04-14 11:51

  8. Hermitageさん こんばんは。

    今回のシリーズ。丁寧なわかりやすい日記で素晴らしいです。
    ネットワーク・オーディオを始めようとする人の羅針盤になる記事ですね。
    LinnDSユーザーの私もHermitageさんの言うとおりだと思います。


    以下はあくまで個人的な感想、私の経験です。


    1)高価なので導入していませんが、
    試聴ではアレイドテレシスの上位HUBはバッファ・メモリの量が多いほうが良いと感じます。電源ケーブル・置き場所・置き方でも変わります。


    2)去年の日記で、LANケーブルの比較試聴をした時に経験しましたが
    LANケーブルは同一メーカーのものでは、なるべく短い方が有利です。
    オーディオ用、普及用を問いません。
    オーディオ用の長いものは、普通のCAT7・20cmに私の環境では及びません。

    自費で0.5mを購入しましたので感想を書きますと
    例えばアコースティック・リバイブのLANケーブルは2.0m、1.0m、0.5mを同条件で聞き比べましたが、明確な音質差があります。
    0.5mであっても、CAT7・20cmの方が私は好みです。

    これを踏まえて
    販売店を通して「LANケーブルの長さで音質差はあるのか」お伺いしました。「長さによる差は無いと考えています」との回答を頂きました。

    他の「オーディオ用LANケーブル」を製作しているメーカーでも、長さと音質についてキチンと言及したいるケースを私は知りません。
    長さが長いほど高価ですから、メーカーにとっては微妙な質問であったのかもしれません。



    3)LANアイソレーターについては
    LINNではKlimaxDS/k、AkurateDS/kにはLAN入力にトランスを挿入しています。
    LANケーブルを通しての高周波ノイズについて問題であることを当初から認識しているのだと思います。
    従って、上記機種にはLANアイソレーターはトランスが直列に挿入されることになり、音質上のメリットがあるかどうか疑問です。音は変わるのかもしれません。

    Majik、スニーキー、Sekrit、KIKO、マランツがどうかは私には経験がありませんので、わかりません。


    これからネットワーク・オーディオを始められる方は
    CAT7・20cmは安価ですから、試聴の際はこれを2本販売店に持ち込んで、プレイヤー・HUB、NAS・HUB間で試せばよいと思います。「オーディオ用」と名がつくと、途端に値段がつりあがります。
    まず、自分の設置環境で可能なできるだけ短いCAT7ケーブルの音質を基準として聴いてみて、それから次へ進むのが良い。と私は考えております。
    (今はなんちゃって自作改造CAT7・20cmとなっております)


    違う意見もあるでしょうが、それもオーディオの面白いところ。
    結局自分で決めるしかありません。


    今後もよろしくお願いいたします。

    byakahanamizuki at2013-04-14 22:01

  9. akahanamizukiさん、ありがとうございます。

    ハブのスペックもある程度余裕があった方が
    バッファリングできるデータ量も多く
    CPU負荷なども抑制できるので有利と思いますが
    データ転送量に必要な量積んでいれば十分だと思います。
    必要以上に高価なものを導入してももったいないので。

    ケーブル長の問題については、ケーブル長が短い方が
    ノイズが混入する可能性やケーブル内部で発生する損失などの
    可能性が低くなることによって生じる現象ではないかと思います。

    アイソレータについては、ハッキリわかりません。
    理論的にはノイズを除去しますので、
    ノイズの低減には有利と思いますが
    電源環境同様、ノイズの多い環境であれば
    良い方向に働くと思います。

    過剰に導入すれば音に活力がなくなる場合もあるでしょう。
    アイソレータによる接点の増加が悪い方向に働く事も懸念されます。

    基本を抑えた上で自分好みに選択されるのが良いでしょう。

    byHermitage at2013-04-15 00:46

  10. Hermitageさん

    これまでの連載大変参考になりました。有難うございます。

    ネットワーク経由のオーディオ再生は今後ますます帯域幅が重要となると思います。個人的には、マルチチャンネルが好きなので、WAVやDSDのマルチチャンネルをNAS経由で再生しているのですが、ビットレートは16Mbpsくらいでしょうか。。。地デジ放送のコンテンツくらいあります。。。(笑)

    byモニオ at2013-04-15 10:32

  11. モニオさん、ありがとうございます。

    更なるハイレゾ化、マルチチャンネル化の流れになっても
    音声はしばらく100Mで十分だと思いますよ。
    4K動画のストリーミングとなれば話は変わると思いますが…。

    byHermitage at2013-04-16 01:21

  12. こんにちは。何度みても良くまとまったいい日記です。

    写真をお借りしましたので、ご連絡いたします。リンクもさせていただきました。以下です。
    http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20150412/46972/

    byYongJoon at2015-04-26 19:21

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする