Hermitage
Hermitage
2016/6新しくブログを作りました。 http://hermitage-netaudio.com/ ブログ開設の目的としては 写真のアップロード容量の制限などをなくすこと 校正、アクセス…

マイルーム

♪散財シアター♪
♪散財シアター♪
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~7.1ch
2016/6新しくブログを作りました。 http://hermitage-netaudio.com/ 切妻屋根の天井裏に10畳ほどの専用室設けて ホームシアターをつくり、楽しんでます。 …
所有製品
  • 液晶テレビ/ディスプレイ
  • RCA/BNCオーディオケーブル
    AUDIO-TECHNICA AT6A56
  • その他アクセサリー
    ACOUSTIC REVIVE RLT-1
  • その他アクセサリー
    ACOUSTIC REVIVE RUT-1
  • 電源機器
    PS AUDIO POWER PORT

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

お気に入り製品

日記

DBSユニットの電池が切れた…

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年04月16日

最近ここでAudioQuestの高級ケーブルを
購入したという日記はほとんど見かけなくなりましたが、
人気ないんですかねぇ。高すぎるのかな…。

AudioQuestのケーブルの最大の特徴である
DBS(Dielectric-Bias System):誘電体バイアス・システム
は上位ケーブルのみに搭載されるシステムで、
搭載された電池は直接信号導体には全く働きかけませんが、
電池の持つ電圧が電界として絶縁体に作用し、
信号導体の周囲の絶縁体を安定させることによって、
結果として、信号導体も安定した状態に導く働きを持ちます。

この電池は自然放電とほぼ同じ時間をかけて
消費していき何年も持つといわれていますが
先日アクセサリ類を整理していたら
使っていないケーブルが出てきて、
チェック用のボタンを押してもランプが光らない
電池切れのものが発見されました。

そのケーブルのDBSユニットを開けてみると
中から出てきたのはGP社の12V23A仕様の積層電池でした。

私が所有しているDBSユニットつきのケーブルを
全部交換すると仮定して必要な電池の数を計算してみました。

Meteor(2mペア) DBS 72V → 6本 × 2 = 12本
SUB-3 DBS 36V→ 3本
Sky2(XLR 0.5mペア) DBS 72V → 6本 × 2 = 12本
Colorado(XLR 0.5mペア) DBS 72V → 6本 × 2 = 12本
Colorado(XLR 0.5mペア) DBS 72V → 6本 × 2 = 12本
Jaguar(XLR 1.5mペア) DBS 24V → 2本 × 2 = 4本
Jaguar(XLR 1.0mペア) DBS 36V → 3本 × 2 = 6本
Hawk Eye 0.5m DBS 36V → 3本

合計:645本(ぐぬっ…!)
※当初SUB-3が48Vと記載していましたが、
実際は36Vでしたので修正しています。

AudioQuestの代理販売をしているD&M Importに
問い合わせをして教えてもらった電池は
1本300円ほどしますが、全部交換するとなると
約2万円ほどかかります。

とりあえず現在使っているケーブルについては
交換することにして電池を調達することにしました。
2万円はかかりすぎるので、互換性のあるとある電池を購入しました。
届くのを待って実際に交換してみたいと思います。

同じ時代のケーブルを所有している方は
そろそろ電池の寿命が近いと思うので
メンテナンスしてみてはいかがでしょうか?

※詳細、画像はこちら↓へどうぞ。
AudioQuest DBSユニットの電池の寿命と交換の検討

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. Hermitageさん、こんにちは。

    すごい本数の DBS ですね。
    私は、Diamond RJ/DIA/0.75M しか持っていないので、
    電池代は600円か〜
    ちなみに、DBS の電池はどれぐらいの期間で切れましたか?

    byレパード at2017-04-16 12:26

  2. レパードさん、レスありがとうございます。

    結構シャレにならない本数の電池が使われていました。
    電池が切れているのが確認できたのは10年弱くらいです。

    また電池が届いたら全てのケーブルをチェックしてみる予定なので
    購入時期と照合してみて大体の寿命が分かると思います。

    byHermitage at2017-04-16 12:41

  3. Hermitage さんこんにちは。

    Audio QuestのDBSは忘れた頃に電池が切れるのが欠点ですよね。
    まあ、電流を流す訳ではないので(途中でバイアスかける為のケーブル切れてるし)
    結構長持ちするんですけどね。

    気をつけないといけないのは、DBSバッテリーボックスのバッテリーチェックボタンが
    なにかの拍子に押されたままの状態になっているとバッテリーが無くなってしまうのと
    Audio Questの端末処理が微妙な奴があってバイアスかけるケーブルが
    ショートしている状態になった奴も直ぐにバッテリーが無くなってしまう事でしょうか。

    このQuestが採用しているGPの23Aは一時、1本50円位でゴロゴロしてたんですが(ぇ)
    最近は無いみたいですね。

    あと、コネクタとDBSのバッテリーBOXが経年変化で加水分解を起こして
    ベトベトになってしまうのが難点(最近は改善されたのかな?)。

    バッテリー交換がんばって下さいね。

    byぶちょう at2017-04-16 15:34

  4. ぶちょうさん、レスありがとうございます。

    7~8年は持ちそうですから、忘れてしまいますよね。
    ボタンの押しっぱなしやショートには気をつけないと
    電池交換した意味がなくなってしまいますから気をつけます。

    加水分解のベタベタは以前アルコールで拭き取ってしまいました。
    http://community.phileweb.com/mypage/entry/782/20161107/53522/
    消しゴムとアルコールで試しましたがアルコールの方がいいですね。

    電池届いたら交換頑張ります。

    byHermitage at2017-04-16 20:10

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする