Hermitage
Hermitage
2016/6新しくブログを作りました。 http://hermitage-netaudio.com/ 機能の不足(アクセス解析や校正機能)を補い AV機器以外の話題を自由に書ける場が欲しかっ…

マイルーム

♪散財シアター♪
♪散財シアター♪
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~7.1ch
2016/6新しくブログを作りました。 http://hermitage-netaudio.com/ 切妻屋根の天井裏に10畳ほどの専用室設けて ホームシアターをつくり、楽しんでます。 …
所有製品

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

日記

T-PROPをTAOCラックのスパイク受けに

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年08月03日

今回のレイアウト変更を検討するずっと以前から
TAOCのラックの足に使えるスパイクを検討していました。

ただ、スパイクとスパイク受けは
大きな地震が来ると外れてしまい
2011年にはスピーカーに使っていた
スパイクによって床に爪痕を残し、
その後ウェルフロートボードに切り替えました。

この程度の被害で済んでよかったんですが、
TAOCのラックにスパイクを装着したくて
KRYNA TPROPを検討しました。

T-PROPはスパイクがスパイク受けから
外れない構造なので理想通りでしたが、
縦型ラックに重量級の機器をいくつも載せた状態では
耐荷重が足りず、使うことができませんでした。

しかし今回横型にレイアウト変更することで
ラック1台当たりの荷重が減ることになり再検討を行いました。

それぞれのラックに搭載される機器を合わせた
ラックの総重量はそれぞれ以下の通りになります。
左側:57kg
中央:135kg
右側:49kg
T-PROPは1つあたり15kgの耐荷重なので、
4本の脚に取り付けると合計耐荷重は60kgとなります。

左右のラックには使えそうですね。
TAOC MSRシリーズはM8のネジだと思われるので
TP-4 M8を2つ購入しようかな…。

※詳細、画像はこちら↓へどうぞ。
TAOCラックのスパイク受け~T-PROP導入の検討~

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする