Hermitage
Hermitage
2007年7月9日 14:48登録、会員番号は782です。 2016/6 新しくブログを作りました。 https://hermitage-netaudio.com/ 2018/4 zzz…

マイルーム

どこにでもある屋根裏部屋
どこにでもある屋根裏部屋
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~7.1ch
2016/6 新しくブログを作りました。 https://hermitage-netaudio.com/ 2018/4 忙しいので活動縮小、zzz... 定期投稿はお休みします。 代わりに…
所有製品
  • ハードラック
    TAOC MSR-3S
  • 電源機器
    IFI AUDIO iPower
  • プラグ/接点保護
    ACOUSTIC REVIVE 500/BFA
  • 電源機器
    ACOUSTIC REVIVE YTP-6R
  • オーディオボード
    ACOUSTIC REVIVE RST-38H

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

日記

ラックレイアウトの変更(5)電源ケーブル配線とサブウーファーの設置

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年08月08日

ラックの仮設置と信号ケーブルの接続が終わり、
長さに問題がないことが確認できたので、
サブウーファの設置位置の確定と
電源ケーブルとタップの配線をして、
3台のラックの位置を確定します。

ほとんどの電源ケーブルは単線なので
一度曲げるとその形に固定することができます。

コンセントの位置とサブウーファの位置はかぶるので
コンセントに接続する電源ケーブルはほぼ直角に曲げ
そのケーブルに接しない位置にサブウーファを固定します。
このサブウーファの位置に合わせて
3台のラックを寄せてラック一を確定します。

電源ケーブルの長さの都合で
メインタップをラック左側の裏に仮想アースと合わせて
ウェルフロートボードの上に設置。

サブタップ2つをラックの右裏にすることになりました。

サブウーファを移動するときスパイク受けが床目に引っかかって
うまく移動できないことがあったので後日見直しが必要ですね。
さてテレビを載せて残りの配線をしなくては。

※詳細、画像はこちら↓へどうぞ。
ラックレイアウトの変更(5)電源ケーブル配線とサブウーファーの設置

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. お疲れ様でした。

    詳細を知れば知るほど、訳が分かりません(笑)

    Herさんのアレを見ると(アレとは各配線の様)、私のは「the・シンプル」ですね(笑) リーズナブルに(安物で)仕上げていますしネ ヽ(^o^)丿 まぁー機器の量も違いますからね。

    間も無くですね (^-^)/ その為に頑張ったんですから。 でも机上の計算通りに行かないのが音!! さぁーどう鳴りますか?? ワクワク&ドキドキですね。 ユックリと視聴出来る日々は目の前に来ていますよ! \(^▽^)/!

    byアコスの住人 at2017-08-09 13:42

  2. Audio、Visual、Power、Network
    この4つのケーブルが入り組むことになるので、
    確かに複雑になってしまいますね。

    1つの機器に雪像する種類が多いので、
    種類ごとに分類をしてそれぞれ確認しないと
    私自身もわからなくなってしまいます。

    こういう作業の計画を立てたり
    実際にケーブルを配線したりするのは
    仕事柄慣れてはいるんですけどね。
    多少の計画変更も想定の範囲内で進んでいます。

    byHermitage at2017-08-09 14:00

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする