Hermitage
Hermitage
2007年7月9日 14:48登録、会員番号は782です。 2016/6 新しくブログを作りました。 https://hermitage-netaudio.com/ 2018/4 zzz…

マイルーム

どこにでもある屋根裏部屋
どこにでもある屋根裏部屋
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~7.1ch
2016/6 新しくブログを作りました。 https://hermitage-netaudio.com/ 2018/4 忙しいので活動縮小、zzz... 定期投稿はお休みします。 代わりに…
所有製品
  • ハードラック
    TAOC MSR-3S
  • 電源機器
    IFI AUDIO iPower
  • プラグ/接点保護
    ACOUSTIC REVIVE 500/BFA
  • 電源機器
    ACOUSTIC REVIVE YTP-6R
  • オーディオボード
    ACOUSTIC REVIVE RST-38H

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

お気に入り製品

日記

にゃんす邸訪問記~不思議な後方定位~

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年02月02日

以前、AudioQuest Ethernet Diamondや
WaversaSystems WSmartHubをお借りした
にゃんすさんと相互オフ会をすることになりました。

オフ会を開催したのはとある土曜日の午後、
まずはにゃんすさんのお宅へ私が伺い、
そのあと拙宅へ移動するというダブルヘッダーでした。

部屋に入るとゲーマー仕様のパソコンとディスプレイに
目を奪われましたがそれは置いておいて…。

--------------------------------------------------
ピュアとAV環境を両立したハイブリッドシステム
--------------------------------------------------
にゃんす邸の詳しいシステムの内容は
にゃんすさんのページを観ていただくとして…。
http://community.phileweb.com/mypage/4377/

フロントスピーカーにB&W 803 Diamondを要する
プリアンプLINN KLIMAX DSM/2と
モノラルパワーアンプ:LINN KLIMAX SOLO/d2台を
核としたピュアオーディオシステムと

それをフロント環境として共有している
AVプリアンプ DENON AVP-A1HDと
6chパワーアンプ ACCUPHASE PX-650を使った
シアター環境の2つのシステムが融合した
ハイブリッドシステムになっています。

100万円クラスの機器がゴロゴロしている印象ですが、
私のシステムのようなホームシアターのついでに
オーディオをやっているようなものと比較すると、
ピュアとAVを両立すると
ものすごい投資が必要だなぁと実感しますね。

--------------------------------------------------
電源へのこだわり
--------------------------------------------------
にゃんすさん自身がおっしゃっていることですが、
にゃんす邸に供給される電源の柱上トランスが
近隣住宅の終端に当たるらしく、
電源品質の変動が激しく
音がコロコロと変わるのだそうです。

その電源の質を改善しようと
相当いろいろ手を尽くしているようで、
電源へのこだわりが半端ない。

これだけで立派なシステムが組めるくらいの金額が
電源機器たちにかけられているようにお見受けします。

電源ケーブルにはAETの音がお気に入りらしく、
私も使っているAcoustic Reviveの電源ケーブル
POWER REFERENCE-TripleCを
コンセントからタップなどに使ってS/N比を稼ぎ、
機器へ直接給電するのはAETの完成品ケーブルや
プラグを採用したケーブルを主に使い、
好みの音に仕上げていらっしゃるようです。

--------------------------------------------------
独特な音像定位
--------------------------------------------------
実際にいろいろな曲を聴かせていただきましたが
特筆すべきはその音場の展開ですね。

一般的にオーディオショウや、
他のお宅で聞かせていただくと、
音の定位はおよそスピーカーの置いてあるラインや、
スピーカーの前に展開される方が多いですが
にゃんすさんの音場はスピーカーから1mほど後ろにある
YAMAHAの調音パネルのあるあたりに中央が定位します。

にゃんすさんはスピーカーの裏に展開する音場を
目指して作ってこられていて、
それを実現するのに大切なのが
LINNのスペース・オプティマイゼーションという
ルームチューニングアプリなのだそうです。

私はそれほど多くのお宅の音を
聞いたことがあるわけではありませんが、
このスペース・オプティマイゼーションによって、
高域から低域までコントロールされた音は、
とてもキレのある音で、
私の中の優等生のイメージを残しつつ
特徴のある音に仕上げられていました。

全体的には優等生のバランスの良い音なのですが、
膨張させずにインパクトのある低音にコントロールされ
高音は各所にちりばめられた
ロジウムや銀の音を生かして、
ややきつめに切れのある音に
セッティングされています。

好むアクセサリが似ていることもあって、
仕上げられた音はバランスを取りつつ
低音の膨張を抑え、高音を伸ばす点は
比較的良く似ていました。

大きく違うのは高音の処理でしたね。
私は柔らかく伸びて広がる高音が好きなので、
私にはこの高音で長時間聴くのはつらいですが、
先のスピーカー後方に展開する音場も含めて、
オーナーであるにゃんすさんの好みを反映した
イメージをよく具現化された音だったと思います。

スピーカーの裏に音像が定位するのは
なんとも不思議な体験でした。

滞在時間は2時間くらいだったでしょうか。
LINNとB&Wのシステムを使いつつ、
聞きたかったM12 GOLD SWITCHを使って、
ハイエンドネットワークオーディオを
堪能させていただきましたし、
映像面でも4K対応ユニバーサルプレーヤー
OPPO UDP-205と4Kプロジェクタ
SONY VW1100ESを使った
トップクラスの4K映像をみせていただきました。

さらにはお土産もいただいてしまいました。
ありがとうございました。

この後、我が家に移動して
オフ会ダブルヘッダー後半戦となりましたが、
そちらはにゃんすさんが日記を
公開していただきましたので割愛します。
http://community.phileweb.com/mypage/4377/

※詳細、画像はこちら↓へどうぞ。
音像がスピーカーの裏側に定位する不思議な音場~Nyans邸訪問記~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★雑記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1月は上記のオフ会や
iFi-Audioのアクセサリを毎週お借りして
テストしていたこともあって
年末からほとんど映画を観ることができていません。

それなのにまたソフトを購入してしまい
未視聴UHDBDソフトが40作品くらい
UHDBDタワーになって積まれています…。

映画見る時間が欲しい…。

海外版4K Urtra HD Blu-rayソフトを大量発注(4)ダークナイト3部作、トランスフォーマー5部作など12作品

─────────────────────────
★その他トピックス
─────────────────────────
バッテリリファレンス電源RBR-1の電源ケーブルの交換(4)Acoustic Revive EE/F-2.6TripleC

2018年1月のアクセスランキング

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. Hermitageさんこんばんは。

    先週はお忙しいところ都内なのに田舎な!?私の家にお越しいただきありがとうございました。

    記事も私のザックリなものに比べ、私が話したことを漏れなく記事にしていただき感謝です!

    今回ご指摘を受けた高域の処理。
    後ほど日記にしますが、電源の純度があれから多少上がりましたので、現在調整をしております。

    次回お越しいただく機会がございましたら、満足できる音を再現できていると思いますので、楽しみにしていてください。

    今後とも宜しくお願いいたします。

    byにゃんす at2018-02-03 00:22

  2. にゃんすさん、こちらこそお招きいただき、
    そして先行して高価な機器を
    貸し出していただきありがとうございました。

    こちらには書ききれない部分も多々ありますが
    高域の処理については好みの話ですから
    お好みの状態で調整されていけばいいと思います。
    私の満足よりオーナーの満足が大切ですから。

    よろしくお願いします。

    byHermitage at2018-02-03 01:29

  3. Hermitageさん、こんにちは。

    シアターとピュアを高レベルで両立されてる方のお宅は
    どこも凄いですね・・

    自分も以前はスピーカー間に音場が展開され前に押してくる音
    が好みでセッティングも電源ケーブルもそのようにセレクトして
    きたのですが今のスピーカーやPL-100を使うようになって使う
    スピーカーによっては後方に展開されるのも悪くないなと
    そっち方向にセッティングを改めてる最中なので、色々な部分が
    とても参考になりました。
    ヤマハのパネルはそこに音が吸い寄せられて、音がバランスよく
    放射される感じがするので僕も中央に欲しいですね。
    高域にしろまずは突き詰めてのち、アクセで味付けをするのが
    良いのかな?自分の環境では圧倒的に透明感や解像度がまだ不足
    して音離れも悪いので他の人の家で試聴させて頂くたびに
    落ち込んで帰宅する事が多いです(涙

    iFi-Audio iPurifier ACのレビューも期待してます
    義父宅への貢物としては、丁度よい値段だし横浜という
    住宅密集地帯では結構効果あるんじゃないかと気になってます
    ではでは

    byLusio at2018-02-04 12:49

  4. Lusioさん、レスありがとうございます。

    そうですね、にゃんすさんのお宅の機器は
    私には手の出せない領域で
    ピュアオーディオ向けの機器のポテンシャルは高いですね。

    iFi-Audio iPurifier ACの記事は
    明日以降順番に公開していく予定ですので少々お待ちください。

    byHermitage at2018-02-04 13:52

  5. Herさん、こんばんは。

    LINNユーザーの端くれとしてもこの記事は刺激的ですねぇ(°▽°)

    捕捉として、Space Optimisationはあくまで80Hz以下のみを補正するプログラムです。にも関わらず、補正後一番に感じるのは中高音の聴こえ方が明瞭になる事でしょうか?
    私もこれを体験して以降のスピーカーのセッティング時は低音と中音のバランスを聴きながら行うようになりました。

    巷では高級ラジカセとも呼ばれるLINNですが、イベントや店舗でも価格不相応な音で鳴ってる事が多々ありますよね( ゚д゚)
    まぁどこのメーカーの商品も真価を発揮出来てる訳ではありませんが。

    これも一つの御縁!是非とも一度Exaktの音を体感していただきたい!と私は思います。まぁ、機器は苦笑いしちゃうプライスタグが付いてますが(°▽°)

    byおいけ at2018-02-06 23:33

  6. おいけさん、レスありがとうございます。

    にゃんすさんは、私も細かく把握できてはいませんが、
    さらに高音域に手を加えられていたような気がします。

    イベントでのLINNの印象はあまりよくないですね。
    それが実力なのか、セッティングが悪いのかわかりませんが、
    オーディオショウのEXAKTの音は、うーん…。

    いずれにしろ内外格差が大きすぎて手が出せませんね。

    byHermitage at2018-02-07 00:06

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする