Hermitage
Hermitage
2007年7月9日 14:48登録、会員番号は782です。 2016/6 新しくブログを作りました。 https://hermitage-netaudio.com/ 2018/2 通算1…

マイルーム

シアター&オーディオ二部屋体制で店じまい
シアター&オーディオ二部屋体制で店じまい
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~7.1ch
2006年7月に家を建替えシアタールームを確保。 2016/6 新しくブログを作りました。 https://hermitage-netaudio.com/ 2018/12オーディオルーム…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り製品

日記

家庭用蓄電池の比較~ELIIY POWER Power YIILE 3とニチコン ESS-P1S1~@にゃんす邸

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月11日

先日、にゃんすさんのお宅で体験させていただいた
家庭用蓄電池の比較試聴のオフ会について
抜粋形式で掲載させていただきます。

新しく導入したスピーカーB&W 802D3と
ウェルフロートボードをフルコンメカ化する作業を
見せていただいたのは記憶に新しい所です。

それから1ヶ月もしない内に3度目の訪問です。
同席されていたのはHarubaruさん、ベルウッドさん
そして、MFさんのお三方でした。

にゃんすさんはオーディオ用の電源に対する
こだわりが非常に強く、電源環境には200Vを引き、
アイソレーショントランスを入れ、
電源ケーブルや電源タップ、ノイズフィルタなど
多種多様なアイテムを試し、
駆使されて環境を構築されています。

そのこだわりの電源に家庭用蓄電池システム
ELIIY POWER Power YIILE3を導入されたと聴いて
聞きに行かせていただいたんですが、
そこにはもう1台ニチコン ESS-P1S1がありました。


<システム構成>
LINNのフラグシップモデルを中心とした
豪華なハイエンドシステムです。ザックリとご紹介。

フロントスピーカー:B&W 802D3(Pair)
プリアンプ兼プレーヤー:LINN KLIMAX DSM/2
モノラルパワーアンプ:LINN KLIMAX SOLO/d× 2
NAS:DELA N1ZH
NAS:QNAP HS-251+
ハブ:日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH
サーバー:Roon Nucleus+

LINNのシステムは100Vや115Vでは
本領発揮できないとマニュアルに書かれていますが
バッテリ駆動はすべて100Vということになります。


<ELIIY POWER Power YIILE 3>

電力の出力が大きいためか、
システムから出てくるとは力強いですが、
S/N比は高くありませんし、
なぜか音の定位が中央に集まって聞こえ、
音が部屋に広がっていかない印象を受けます。

通常、残響音が空間に広がって消えていく様子が
音から感じられ、その残響音が繊細なほど
空間の広がりを感じることができるものですが、
あきらかにそういった音の広がりがありません。
音はスピーカーの間にしか存在しないという
奇妙な音場でした。

ちなみに歪み率(%THD)は一般家庭並みです。
後段へのトランスは使用しないよう
説明書に書かれています。


<ニチコン ポータブル蓄電システム ESS-P1S1>

Power YIILE 3に比べるとS/N比が高く、
残響音の細やかなニュアンスも表現され、
音も左右に広がりを出してきますし、
Nyansさんの好みである高音のキレも出てきます。

ただ出力が弱いためかにゃんす邸のシステムでは
低音の迫力、力強さは少々物足りない印象を受けます。

こちらの歪み率(%THD)はクリーン電源並みです。

Power YIILE 3とESS-P1S1には
それぞれメリットとデメリットがあり、
特にPower YIILE 3は使い方が限られますが、
Power YIILE 3では使えなかった
アイソレーション・トランスを
ESS-P1S1の後段に入れると音がガラッと変わります。


<ESS-P1S1+アイソレーション・トランス>

追加されたアイソレーション・トランスは
CSE IP-2000(主に上流機器)と
TX-2600Z(主に下流機器)です。

ステレオ再生については、
ESS-P1S1単体で動作していたときは、
RoonでRoon Nucleus+からの音源を聴くと
音に力感が不足していて頼りなさげでしたが、
IP-2000とTX2600Zを間に入れただけで、
音の鮮度がパンとはじけるように変わります。

DELAの直結で再生した
ネットワークオーディオの音はさらに充実し、
S/N比の向上による弱音成分の繊細な描写に
磨きがかかり、音の粒立ちがよくなり、
ピアノの音などはタッチ感が強く出るようになります。
何より低音の力強さと迫力には驚きました。

各メーカーの家庭用蓄電池を使ったデモは
そう聴くことができるものではありません。
とても貴重な体験とありがとうございました。

※本稿はブログで書いた物を抜粋したものです。
詳しくご覧になりたい方は以下の記事をご覧ください。

蓄電池システム ELIIY POWER Power YIILE 3によるバッテリ駆動
ニチコン ポータブル蓄電システム ESS-P1S1のバッテリ駆動
ニチコン ESS-P1S1のバッテリ駆動+アイソレーショントランス

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 私も 全く同じ感想でした @ にゃんす邸
    バッテリーはそれ単体では成立せず トランスなりなんなりをその後につないで真価を発揮すると思います
    この記事を読んでいる方は 信じられないかもしれませんがバッテリーはその後にトランスを繋ぐことによって 、まあもっともそのトランスの質次第ですが、その歪みの少なさ、クリーンさを失うことなしにむしろ力強くなるのです
    バッテリーは買ってから始まるのであって、買ってあがりではないのです。

    byグルマン at2019-07-11 21:12

  2. グルマンさん、レスありがとうございます。

    グルマンさんもお聞きになったそうですね。
    トランスで激変するのでESS-P1S1はいろいろ遊べますし、
    一方でPower YIILE 3は自由度が低いのは否めませんね。

    ふかひれさん宅にPower YIILE 3をもって行きましたが、
    商用電源よりはクリアな音でしたよ。

    いずれにせよ、バッテリは使いこなしが重要ですね。

    byHermitage at2019-07-12 00:19

  3. 平蔵さん、レスありがとうございます。

    Power YIILE 3は実測の値ですから
    カタログスペックはわかりませんが、
    綺麗な波形とはいえないようです。

    ただ、ふかひれ邸で体験した感じでは
    商用電源と切り離すメリットはありそうです。

    byHermitage at2019-07-12 00:21

  4. Hermitageさん、おはようございます。

     日曜日:チクマのコンセントボックスを追加、土曜の最後と同じいい音がしています。
     月曜日:うううん。なぜか音が悪い。パワーアンプの家庭電源のせい?
     火曜日:塩田電線の電源ケーブルに交換、日曜日の音に戻りました。
     水曜日:昨日と同様。
     木曜日:スピーカー位置調整、本日は一番良い音。
    と日々音に変化がみられます。

    本日、トランスのうなりを取るというにゃんすさん紹介の
    KOJO TECHNOLOGYForce bar H1P(中古)がきますので
    どう変わるか・・・・。

    byふかひれ at2019-07-12 04:06

  5. Hermitageさん

    家庭用バッテリーでここまで差異があるとは思いませんでした。
    誰かが人柱になって比較しないとわからない貴重な情報です。

    DELAとNucleus比較は拙宅でも全く同様の印象です。

    Nucleus導入当初は失敗したと思いましたが、ネットワーク、電源周りを改善してからは、比較しなければ十分満足できるレベルまで良くなりました。

    利便性が多少の音質劣後を帳消しにしてくれ、TIDAL 再生にも不満はなくなりました。

    byvanilla at2019-07-12 07:28

  6. ふかひれさん、レスありがとうございます。

    スイートスポットの小さいPower YIILE 3ですが、
    うまくて手なずけてやれば、効果はありそうですね。
    Force bar H1Pがどれほどの効果があるものか…
    いろんな意味で楽しみです。

    byHermitage at2019-07-12 08:16

  7. vanillaさん、レスありがとうございます。

    人柱となってくれたにゃんすさんのおかげで
    面白い体験ができました。

    利便性と音質のトレードオフは
    少なからずあるものだと思いますが、
    それをどう感じるかは主観なので
    どこで、それを良しとするかは本人の選択ですね。

    byHermitage at2019-07-12 08:20

  8. 門外漢の横レスで大変申し訳ございません。

    以前にもどこかでレスさせていただきましたが、ELIIY POWER Power YIILE3は、内蔵されているDC→ACインバーターに問題がある様に思います。

    医療機器の非常用電源にも用いられる、この例のようなDC-AC正弦波インバーターの場合は、歪率が3%以下を謳っている製品も存在するようです。
    http://www.denryo.com/products/inverter/index.html

    ご参考までに。

    byロクハン好き≒さくどう親父 at2019-07-12 11:51

  9. さくどう親父さん、レスありがとうございます。

    ご紹介のインバータが家庭用で使うには
    専門的な工事が必要でしょうね。
    ニチコンの歪み率はかなり低いので
    歪み率を気にするならニチコンでしょうか。

    Power YIILE 3は出力を上げるために
    何か細工があるのだと思いますが、
    それが歪みの原因ではないかと推定しています。
    出力が高いのが魅力でもあるんですけどね。

    byHermitage at2019-07-12 12:01

  10. Hermitageこんにちは
    funa3と申します

    横からスミマセン
    ロクハン好き≒さくどう親父さんの言われる通り
    通常のDC→ACインバーターはスイッチングノイズが盛大に洩れており
    オーディオに使うと音が良くないのは当然と思われます。

    音の瞬発力確保≒大容量として考えると
    医療用DC-AC正弦波インバーターを使うよりも
    オーディオ用クリーン電源を使った方が近道かもしれませんね。

    byfuna3 at2019-07-12 16:36

  11. funa3さん、レスありがとうございます。

    確かに1台で電源環境を改善しようというのであれば
    オーディオ用のクリーン電源がいいかもしれませんが
    工業製品に比べたら価格が割高なのがデメリットでしょうか。

    家庭用蓄電池のメリットは商用電源と切り離せることで
    外来ノイズの変動の影響を受けないという点ですね。
    インバータノイズは何かしら対策は必要ですが。

    byHermitage at2019-07-12 17:04

  12. 他人のことSNSで「バカ」呼ばわりするのはいかがなものでしょうか。

    byHermitage at2019-07-13 12:49

  13. まさか同一人物(@sinshusoba)とレスをくれた方が
    思いたくなかったんですけど、残念です。

    さて、「バカ」とか「オーディオ暴走老人」とか
    「老害」や「キ○ガイ」とかお書きになったそれを
    この後どうされるのでしょう?

    byHermitage at2019-07-13 20:32

  14. 平蔵@sinshusobaさんから
    返信もない。
    謝罪もない。
    投稿の修正もない。
    全部スルー。
    良い人って聞いてたんだけどなぁ…。
    もう少し様子見しとくか。

    byHermitage at2019-07-14 18:26

  15. Hermitageさんあんなの相手しない方が良いと思いますよ
    あんなの構ってるだけ時間と労力の無駄ですよ
    彼のブログやphileweb等の言動からアレな人なのはみんな知ってるでしょうし
    腹立つのは分かりますが本性はあーな人なんだって事で今後一切関わらないようにすれば良いだけです

    byアスラン at2019-07-14 21:10

  16. 腹を立ててるというよりは…、
    まぁそうですね、ありがとうございます。

    byHermitage at2019-07-14 21:14

  17. 残念な出来事…の記事の非公開化に伴い
    関連する一部レスを削除しました。

    byHermitage at2019-07-26 16:37

  18. 一部レスを削除しました。

    byHermitage at2019-08-02 15:30

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする