山田野案山子
山田野案山子
オーディオ歴38年とは言っても、オーディオが分かり始めたのはここ数年の事です。現在はLINN製品が中心になったシステム構成で聞いています。主に聞くのは1950年代から70年代にかけてのJAZZでそれ以…

マイルーム

リビング兼用ルーム
リビング兼用ルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
2012年6月より建築工事を始めた、故郷でのオーディオ専用棟が年末も押し迫った12月に完成しました。建物自体は10月には完成していて、引っ越しも10月には完了していたのですが、最後まで仕様が決まら…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

日記

LINN DSの生産終了

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月13日

Philewebの記事で、LINNが遂にDSの生産を終了させることを知りました。今後は全てDSMに集約するようです。

逆に言えばDSのアップグレードは、今後一切無くなるので、これ以上の出費が無くなるという事で、ある意味めでたいことでもあります。

デジタルのスペック競争は、何処まで行くのでしょうかね。CDでも録音の良いものは、充分に良い音がします。昔のオーディオ機器がカタログスペック競争に明け暮れた記憶が、蘇ってきます。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 山田野案山子さん、今晩は、

    「CDでも録音の良いものは、充分に良い音がします。」
      ↑、まったくもって、その通りですねー。

    「LINNが遂にDSの生産を終了」
    LP12などのアナログは残し、それ以外の所では時代に則して変えて行く、リンらしいー潔さが。
    それでも、CD12などのプレイヤーのメンテナンスパーツは残してある。これもまたリンらしいー。

    「カタログスペック」
    今でもこの数値データを気にする人が多くて、ガッカリすることがあります。
    ”おい自分の耳で聴いて選べよ”と小さな声で。

    BBより(=^・^=

    byブルースブラザース at2018-11-14 21:23

  2. ブルースブラザースさん今晩は。

    音を言葉で表現するのは、至難の業ですから、客観的要素としては電気的なカタログ数値しか無いわけで、そういう意味からすると、カタログ数値の競争にならざるを得ないのでしょう。

    でも使う側がそれに便乗することは無いと思うのですが、世の中何かにすがりたい方は大勢おられるので、仕方が無いのかな。

    生産中止は仕方の無い部分もありますが、問題はメンテナンスが突然中止になることです。機械はいつかは必ず壊れますから。

    LINNは軽くて、小さいので使っている部分が多く、壊れても簡単に変更が利かない。

    by山田野案山子 at2018-11-14 23:00

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする