珈琲好き
珈琲好き
私はよくコーヒーを飲みながら音楽に浸っております♪ 一応コーヒーマイスターの資格を取得しておりコーヒーは豆の焙煎から行っております。 もしオフ会でお越しの際は私の自慢のコーヒーでおもてなしさせてい…

マイルーム

「音・映像・寛ぎ 癒やしへの探究心」
「音・映像・寛ぎ 癒やしへの探究心」
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーン~60型
『インテリア』  限られたスペースに演出を施したり、椅子・ソファを日本製にする事で日本人に合った寛げる空間に仕上げています、そして家具の配置バランスにより飽きのこない雰囲気作りを目指していま…
所有製品
  • その他アナログプレーヤー/関連機器
    PHASEMATION CS-1000
  • カートリッジ
    PHASEMATION PP-500
  • カートリッジ
    AUDIO-TECHNICA AT-ART9
  • カートリッジ
    AUDIO-TECHNICA AT-OC9/III
  • XLR(バランス)ケーブル

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

お気に入り製品

日記

Made in YOKOHAMA

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月08日

Phasemation PP-500を導入しました。
元々音の傾向はクラシック向きで特に弦楽は一見の価値ありなカートリッジです。
是非ともメメントで鳴らしたいという事でPhasemationを検討しておりました。

グレードでPP-300、PP-500、PP-2000と視野に入れておりまして、PP-2000に関しては丁度ヤフオクで付属品の揃った程度の良い物が出ておりました為、検討の内に入れておりました。

特徴として磁気回路の構造は
PP-300とPP-1000
PP-500とPP-2000
といった共通点があります。
そして、フラグシップでもあるPP-2000の構造を受継いだPP-500がシリーズ中では最新モデルとなります。

PP-2000に関しては恐らくクラシックや弦楽を聞く上で昇天出来るレベルだと思います。
中古ならば落札価格的に手に入る価格でしたが、それ以外に純正ヘッドシェルでは重量が結構行ってしまい手持ちのプレーヤーでは少し改良が必要な事、物の高価さで取扱いに自分自身が緊張してしまう事、そして 程度はいいといっても中古品なので実際にどんな環境で扱われていたか分からない上に一応丁寧に扱っても消耗品に変わりない事から気持ちを抑えて止めておきました。

2つに絞ったPP-300とPP-500ではオーディオ逸品館の視聴テストで聴き比べてバイオリンやエレキギターを意識して聞いてみると 実在感、力強さ、そしてピリッとした緊張感がその差を明確なものにしていました。
ここで価格的に10万のPP-300にしてしまうと恐らく今後PP-500が心に残る事を考え奮発してPP-500に決めましたʕ•̀ω•́ʔ✧

早速開梱、カートリッジの第一印象は小さくて黒光りしていてとにかく美しい✨
触ったら早速手垢が付きました。
ネット上で何方かが綺麗とコメントしていたのを思い出しましたが、ここまでとは思いませんでした。
早く純正のヘッドシェルと組み合わせて全体のデザインを確認したいです。

因みにヤフーショッピングでこの購入によりポイントが18000近く入るのでポイントが加算され次第純正ヘッドシェルを導入予定です。
それまではDENONのヘッドシェルで代用です(^。^)

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. tomoさんPP-500の購入おめでとうございます。

    何となくですが、次はこれに行くのでは?と思っていました。
    私もPP-2000なら聞いたことがありますが、
    本当に素晴らしい音ですね。
    MCカートリッジのお手本のような音だと思っております。

    早く良いシェルと組み合わせて本領を発揮させてください。

    byニッキー at2019-06-08 18:13

  2. ニッキーさん

    有難う御座います。
    PP-2000聞かれた事があるんですね。
    私は比較動画でしか聞いた事がありません。
    でもおっしゃる通り選択は間違ってませんでした(^^)
    最初リード線の繋ぎ方を間違える(今まで所有していたものとは繋げるのが逆のようです)というアクシデントはありましたが今では問題無く宇多田ひかるのレコードがSACDになりました(•ө•)
    レコードの音という面からは離れましたが、CDを超えられるという、これはこれでレコードの可能性を見る事が出来ました。

    by珈琲好き at2019-06-09 03:44

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする