珈琲好き
珈琲好き
当初私のシステムは高解像度や音の実在感の追求から始まり幾度とシステムの変更を行ってきました。 そして音楽を聴き込んでいる内に辿り着いた音は一日中聞いていられる癒やしの音です。 オーディオの音は…

マイルーム

「音・映像・寛ぎ 癒やしへの探究心」
「音・映像・寛ぎ 癒やしへの探究心」
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーン~60型
『インテリア』  限られたスペースに演出を施したり、椅子・ソファを日本製にする事で日本人に合った寛げる空間に仕上げています、そして家具の配置バランスにより飽きのこない雰囲気作りを目指していま…
所有製品
  • その他アナログプレーヤー/関連機器
    PHASEMATION CS-1000
  • カートリッジ
    PHASEMATION PP-500
  • カートリッジ
    AUDIO-TECHNICA AT-ART9
  • カートリッジ
    AUDIO-TECHNICA AT-OC9/III
  • XLR(バランス)ケーブル

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

お気に入り製品

日記

ハム音の改善とテーブルマットの自分流使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月11日

久々の更新です。

今までレコードプレーヤーの音量を無音時に上げるとハム音がなっておりまして、それが悩みでしたが下記の変更でだいぶ改善され、尚かつ音がスッキリしたので本日久々の投稿に至りました。

このハム音の現象に関して当初アース線や端子の接触、ホコリの付着など色々と改善を試みてきたのですが改善せず、途方に暮れていたのですが、本日、ひょんなことからRCAケーブルの端子カバーを外して機器に繋げた所かなりハム音が改善された上に、音もスッキリしました。


私もケーブルが原因ではないかとは密かに思ってはいたのですが、どうしてもこのケーブルを他社に変更したくはなかったのです。
それだけ私の音作りに貢献しているアクセサリーでもあります。
何はともあれ改善に至ったのはほんとに胸を撫で下ろす気持ちです。
問題はこのまま使用するとホコリを被ってしまうのでそれをどうするかといったところです^^;


次に先日オフ会にお招きいただいた際に話題となった、ターンテーブルマットというのでしょうか、名称など詳しくなく伝わりにくいかも知れませんが、私は下記の二種類を重ねる事で好みの音に近付けました。
本体のアクリルガラスの上に「ACHROMAT SL1200」を乗せその上にTEAC社の「和紙」を乗せております。

ACHROMAT SL1200だけですと、音が硬質化して高音に違和感を感じました。
和紙だけだとどうしてももっさりした音に感じてしまいます。
そして、どうしたものかと考えていてふと思い浮かんだのはこの2つを重ねる事です。
テーブルが高くなってしまったのでアームの高さも再調整しまして再生しましたところ信じられないくらい自然な音になりました。
私のシステムにはこの組み合わせが相性良かった感じです(*^。^*)

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 珈琲好きさん、はじめまして。

    カートリッジがハム音を出すのは煩わしいですね。
    特にMCですね。

    私もバイクのエンジン音やどこかのノイズに悩まされ、イコライザーやアンプを彼方此方に移動して何とか回避できた事がありましたが、ケーブルのカバーを外しただけでスッキリするとは知りませんでした。
    今度そんな時があれば参考にさせて頂きます。

    和紙のテーブルマットはネットでも時々拝見し、興味はあるのですが滑りそうで手を出していません。なかなか使えるって言う事でしょうか〜?

    byTON2 at2020-02-12 12:06

  2. TON2さん

    はじめまして、レスとアドバイス 有難う御座います♪
    ハム音は様々な要因が考えられますので、原因を探すのが大変ですね^^;
    カートリッジもいくつか変えてみて症状が変わらなかったので、私の場合は違いました。
    機器同士を離すのはしてませんでした(^^ゞ
    ただケーブルの長さ的に向きを変える程度しかできません^^;

    スッキリというのはおそらくハム音が減少したことで、聴きやすくなったのだと思います。音そのものの変化はないと思います。
    表現が紛らわしかったです(・。・;

    私の場合はレコードをセットして軽くレコードを押して密着させるので滑る事は今のところありません。
    滑るという事をおっしゃる方が多い様ですが、皆さんは軽くレコードを押す事はされないのですか?
    私は当然の様に行っていたので言われるまで滑るという症状を気にした事がありませんでした(^^)

    by珈琲好き at2020-02-12 16:14

  3. 珈琲好きさん、ご回答ありがとうございます、「滑りそうで」って書いてご気分を悪くされていたらすみません m(_ _)m

    確かに私も最近はスタビライザーなるものを必ず使っております。ただ、押さえていても、レコードを掛ける前に軽くブラシをかけるだけで滑らないのかなぁ、なんて感じたものでして、、、、、m(._.)m

    後、マットがくっついて来るのは、静電気でしょうか、そっちの対策も必要という事ですね、ありがとうございました。

    byTON2 at2020-02-12 17:53

  4. TON2さん

    気分は全然悪くなってないですよ、逆にそう思わせてしまってすみません(・・;)
    私は結構思った事をストレートに言ってしまう上に自分なりの音への拘りが強い方でして(^^ゞ
    それと、スタビライザーは使用しておりません。
    レコードをセットした時、軽く指で押してマットとレコードの間に隙間を無くすんです。
    そんなもので、レコードを持ち上げた時に一緒にマットまで持ち上がってしまうんです。

    by珈琲好き at2020-02-12 21:27

  5. 珈琲好きさん、こんばんは。

    以前、TEACの和紙使っていましたが、良かったです。
    最初、ガラスシート使っていたのですが、どうもキンキンして、
    和紙を重ねたところ、良い塩梅になりました。

    確かそのときは、スタビライザー愛用者(今はちがいますが)だったので、滑りませんでしたね。あと、シートが一緒に持ち上がること無かったですね。

    byいたちょう at2020-02-12 21:35

  6. 何度もすみません。

    そういう事ですか。
    前に使っていたLP-12のフェルトマットが、演奏が終わって盤を持ったら、いつもくっついて来たんで、そのことかと勘違いしていました。
    私は珈琲好きさんとは逆に、回ったままのターンテーブルに盤をふわっと載せ、スタビライザーをそっと置いて聴くタイプです。

    そして、お気に入り返し、します。フランコセルブリンは憧れです、私も欲しい。

    byTON2 at2020-02-12 21:35

  7. いたちょうさん

    先日は有難うございました。
    アッコルドの美しく繊細な響きにうっとりしてしまいました(*^_^*)
    いたちょうさんも重ねて使われていたのですね^_^
    和紙は材質が薄い為下に何を敷いているかで傾向がかなり変わってくると思います。
    和紙に関しては重ね技が合っているのかもしれませんね^_^

    by珈琲好き at2020-02-13 21:37

  8. TON2さん
    レコードのセットのしかた1つでも音が変わってくるのでしょうね
    回っている状態でそっと置いてスタビライザーを乗せるというセットの仕方もあるのですね。
    勉強になりました^_^

    セルブリンの音にも興味がおありと聞き嬉しく思います。
    セルブリンの音色は常識にとらわれない音作りをしています。
    セルブリン他界後は徐々にセルブリンの音やオーディオヒストリーを知る人が減っているようで寂しく感じています。
    是非、お時間のある時にでもオフ会しましょう。

    by珈琲好き at2020-02-13 23:15

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする