えるえむ
えるえむ
PCオーディオに興味のある方,電源対策に興味のある方,デジタルアンプに興味のある方,オーディオアクセサリーに興味のある方は是非お立ち寄りください。 お気に入り登録はご自由にどうぞ^^

マイルーム

いつも実験中
いつも実験中
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

「音場」の読み方

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年01月26日

 音場っていう単語は非常に良く見かけますが,皆さんどのように読まれますか?おんば?おんじょう?どちらでしょう?
 マクドナルドをマックといったりマクドどいったりするみたいに,東西で違いがあるとおもしろいですねw できましたら,アンケートページのコメント欄にて,(1)どちらを選ばれたか,(2)その理由,(3)お住まいの都道府県をご記入いただけますと幸いです。

http://www.spatiality.jp/modules/hdpoll/

 大変恐縮ですが,アンケート終了まではこちらのコメント欄では回答を明かさないようお願いいたします!

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ログハウスさん,コメントありがとうございます。

    すいません(汗)。またアンケートです。
    多くの方が読まれているので,こういう時にはついつい宣伝させていただきたくなっちゃいます。ご容赦ください。
    Philewebで毎回サイトの宣伝をするというのも皆さんに申し訳ない感じがいたしますので,拙サイトとどのように両立させるかは正直難しい課題です。


    さて,読み方はさておきオーディオ用語はその意味内容がいまいちわからないものが多いですよね。「この機器/アクセサリーは高解像度な音だね」なんてよく使いますが,解像度ってなに?といわれると難しい…。

    音場というのはどなたが言い始めたのかはわかりませんが,英語でも表記が統一されていないようですね。Sound StageまたはSound Fieldでしょうか。オーディオ雑誌等のwebサイトではSound Stageをよく見かけます。

    ちょっと話がそれましたが,音場と音像について私の解釈を申し上げておきます。大抵は対比して言われることが一般的ではないかと思います。
    私の場合,音像というのは「再生装置によって感覚上認識される発音体の虚像」とでもいいましょうか。これに対して,音場というのは,「直接像を結ぶことはないが,音として認識することを媒介として感覚上想起される虚構空間」とでもいいましょうか。そのように解釈しています。書いてて笑っちゃう表現ですが(笑)。
    平たくいうと,能動的に音を発するような歌手,楽器が音像であり,音の広がり方・消え方で予想できる空間が音場である,として話をすすめてしまっていますね。

    次に,音像派,音場派の区別についても書いておきます。
    結局は何をリスナーがリアルだと感じるかということに集約されますが,音像派は発音体そのものの聞こえ方を基準にリアルさを感じ取っているのに対して,音場派はホールトーンなどの残響成分の聞こえ方を基準にリアルさを感じ取っているのだろうと理解しています。

    いかがでしょう?参考になりましたでしょうか^^

    byえるえむ at2010-01-26 18:41

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする