アコスの住人
アコスの住人
動画25.2019年5月4日に撮影 https://youtu.be/yX_MNr9ycKw 新規に UDP-LX800/TH65GX850/CX-A5200。  TV視聴用(1.5h~2h)ポ…

マイルーム

 2019年5月の現状(令和元年5月)
 2019年5月の現状(令和元年5月)
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン130型以上 / 8ch以上
2019年(令和元年)5月の様子です。 この1年で変更があった部です。 サラウンドスピーカーに JBL 4319を採用(以前はBOSE 464) サラウンドバックスピーカーに …
所有製品
  • 液晶テレビ/ディスプレイ
    PANASONIC TH-65GX850
  • プリアンプ
    YAMAHA CX-A5200
  • BDプレーヤー
    PIONEER UDP-LX800
  • スピーカーシステム
    JBL 4312SE
  • スピーカーシステム
    JBL 4319

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入り製品

日記

専門誌として この対応はどうなの? 2

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年12月27日

 1はこれ。

 第二弾である。



  『アトモス&DTS:X時代のAVセンター選び』 前編

atmos等対応のAVアンプ15モデルの一斉視聴である。 前編は内蔵パワーアンプ7chまでの普及クラス7モデルです。

 この手のテスト記事は良くあることで買う身になれば役立つモノである。 

内容は薄めだが(笑) 対応機フルテストである事に間違いはありません。  多少なりとも参考にはなるでしょう。 

 ところが後書きに、こんな文言が「インピーダンスが4Ωと低いが、今回のテスト機はいずれも問題なくこのシリーズを駆動してみせた」と。  使用していたスピーカーはピエガのClassicシリーズ フロントに5.0、センターにCenterLarge、サラウンドに3.0  いずれも4Ω仕様である。

 調べてみました。 今回のテスト機の中で4Ωに未対応は(=スピーカー適応インピーダンス:6Ω~16Ωと明記されてる) オンキョーのTX-RZ810、インテグラのDRX-3、ヤマハのRX-A1060(このモデルはフロントのみ4Ω可) 

 私はメーカーの適応インピーダンス範囲を尊重しています。 むかし、範囲外を使用しアンプを壊した事が有ります。   この手のQ.(質問)「インピーダンスが逸脱してるスピーカーの使用は大丈夫なのか?」  無責任なA.(答え)としては「小音量なら大丈夫」  今回も小音量だったのか? では、どこまでが小音量なのか?  

 今回のモデルは比較的低価格(と言っても10万超。もっと低価格のデノン・マランツは4Ω適合仕様)であり、atmosにチャレンジしたい方には受け入れやすいクラスです。 が、あの一文は戴けないです。 専門誌としてはあるまじき言動だと。  前回とイイ、今回の「あえてのPIEGAの使用」とイイ、大人の事情(笑)が有っての事とは想像出来るが、節度が無さ過ぎと思いました。  こう言う姿勢だけは改めて頂きたいですね・・。


 アコス 苦言の巻。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. アコスさんおはようございます。

    私もアコスさんの考え方に賛成です。
    本来ホームシアターは爆音になるもの。

    特にシアターの場合は爆発音など瞬間的に大音量になるのに
    『小音量だから問題は出なかった』
    は専門誌の記事としていかがかと思います。

    byニッキー at2016-12-28 08:16

  2. 昔、DENONの人は「定格の1/4まで大丈夫ならOKと判断している」
    と言っていました。
    2000年頃です。
    今はわかりません。

    byだてぐん♂ at2016-12-28 18:27

  3. 専門誌ならむしろこういう使い方は
    「壊れる恐れがあるのでしてはいけませんよ」
    と周知する立場であるべきかな、と思います。

    リモコン踏んだりとか間違ってボリュームボタンを
    上げてしまうこともあるでしょうからね。

    byHermitage at2016-12-28 23:21

  4. ニッキーさん、だてぐん♂さん、Herさん

     毎度のクダラナイねたにレス頂きありがとうございます。

    時代を追いかけているだけの三流誌なら「テキトーな事、言って!」と一笑で出来るのですが、この誌は歴史もある専門誌です。  当然の事として、ユーザーがこの手の質問(スピーカーのΩとアンプの適合範囲の関係)をすれば、「アンプの故障に成るので使用は止めて下さい」と回答されるでしょう。 アンプメーカーは適合範囲を明確にしてるわけですから、適合外の使用は故障を意味してるわけです。 

    それが、あの様な曖昧な文言で濁してる体質に疑問を感じました。  大人の都合で、あのスピーカーを用いないとダメな事は想像できますが、逆にあの文言は不要であったと思います。 あの文言が無ければ私だってスルーしています(笑)  当然の如く、適合範囲のスピーカーを使用されていると思いますからネ。 

     故障となる電気的な意味合いは私には説明出来ませんが、単純にアンプ側に負担が多く掛かり、最悪は故障して仕舞うと言う認識です。   今では情報が多く、雑誌に頼る事も少なく、ここのメンバーでも雑誌購入者は少数派でしょう。  それでも、専門誌としてのプライドを持ち真実を伝える役割は果たして行って欲しいですね。  私は、こんな事を言いながらも、今後も買い続けて行く事でしょうね(笑)

    byアコスの住人 at2016-12-30 13:01

  5. アコスの住人様
    全くそのとおりだと思います。
    インピーダンスの範囲を守りましょう。ダメ、絶対みたいな。

    by貧乏人のオーディオ好き at2017-01-03 06:15

  6. 貧乏人のオーディオ好きさん

     ありがとうございます。

    ですよねー (*_*;  メーカーが定めた仕様を捻じ曲げた様な文言は歴史のある誌としては実に情けなく思いました。

     壊れたらどうするの? 一応、権威のある誌なんですから馬鹿な真似はよして欲しいものです。

     今の若手編集者は「壊れていないんだからイイんじゃない?」程度の体たらくなノリなんでしょうかね?

    byアコスの住人 at2017-01-05 08:32

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする