アコスの住人
アコスの住人
動画22. 2017年9月17に撮影 https://youtu.be/jcnBoVS2YcY 2017年6月10日潮氏来訪(Hi-Vi8月号) レイアウト変更 動画21. 2017年3月…

マイルーム

 2017年2月の現状
 2017年2月の現状
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン130型以上 / 8ch以上
2017年8月現在 (同年6月潮氏の訪問を受け改修す) フロントステージを片付ける 上段左より NO390SL、C03、DVDA1UD、DMPUB900、HDXA2 下段左より MM…
所有製品
  • パワーアンプ
    TECHNICS SE-A3000
  • HD DVDレコーダー
    TOSHIBA RD-A300
  • BDプレーヤー
    DENON DVD-A1UD
  • SACD&DVDオーディオ/ビデオプレーヤー
    PIONEER DV-S747A
  • BDプレーヤー
    PANASONIC DMP-UB900

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

お気にいられユーザー

日記

Technics見参!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月29日

連投 お許し願います (@_@)

付き合いが長い ↓。 1986年に発売が開始されたPOA-3000ZR(¥38万:DENON:デンオンと言っていた時代の白物) 

歴代の我が家のスピーカー 4344(JBL)やNautilus801(B&W:現有機)を鳴らしていた時もあった。 それ以前からもだ・・   当時の人気の一品である。  購入は中古で。 東京(アキバ)まで出向き購入して宅配して貰った。 昔は大変だった・・・ (笑)
実は最近・・ ランプが切れた。  私はパワーアンプのメーターが大好きだ。 あの動きは見てるだけでも3杯は飯が食える(笑)  3000ZRは30年経過してるが未だ元気だ。要所要所ガタが来てるが、音の問題は無い!  で、つい最近ランプが終わった。  修繕は出来るかな? 私でも出来るかな?  これは後日考える事に・・・

最近、大きな物は買っていない。 それは目的が別にあるからだ・・ と、言ってもソレも中々叶わない(泣) 
ネットでヤフオクを徘徊していたら見付けてしまった・・ ↓

初めまして Technicsの【SE-A3000】です。 
1999年モデル。 18年は経っている・・・またまた古いモデルがお仲間入り(^_-)-☆ 

既にAV用とも考えられ他製品なのか? 底面にはメーター用ライトのon/offスイッチが存在しています。 
ゆったりと動くメーターとその明かり。 見事です !(^^)! 

このモデルは出品者がメンテナンスを施して売られモノの様である。

端子はとてもキレイだ。 18年経過してるとは思えない程の程度の良さが光ってる。  仮設置をして動作チェックを試みる

SNが高く、ノイズ感は無し! とってもマイルドな音を奏でる。 
SXV1Aはアンプ(パワーアンプ)の半値! とっても気に入ったSXV1Aなのでアンプは奢りたいですね (^^♪ 


ACコードは着脱式だが、スピーカー端子は懐かしい!  昔のモデルは、こんな感じが多かったですよね。
梱包は見事でした。 

外箱は加工されているが(純正ではない)中の緩衝材は大きさピッタシ。。 

注意書きも至れる尽くせりな改心出来。 ヘビーな此の重さが腰を襲っていました(笑)

 昨晩はとても心地よい音を奏でていた。 買い替えは「成功」と言えそうです。  明日には(正確には半日後)ラックに収めたいと考えます。  

メーターは実に美味しい !(^^)! !(^^)! 

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. アコスさんこんばんは。

    テクニクスといえば、私はSL-1200シリーズを連想してしまいます。

    >>私はパワーアンプのメーターが大好きだ。 あの動きは見てるだけでも3杯は飯が食える(笑)

    私もリスポジ正面のスピーカーとの間にパワーアンプを無理矢理2台突っ込んで、計4本のメーターの針の動きに悦になっているのでその気持ち良くわかります(笑)

    私も好きな機器に囲まれての生活で幸せです。

    byニッキー at2017-10-29 01:23

  2. アコスさんへ

    テクニクスといえば私のイメージはタイマーの如く液漏れするケミコンのイメージが
    (ぉぃぉぃ)。

    メンテ済みという事なので、多分全て交換済みだとは思うのですが・・・。

    メータ付きのパワーアンプといえばヤマハのPC2002Mは結構好きでしたね。
    ただ、もう古いのでちゃんと動くの生きてるかどうか・・・(汗。

    現行だとラックス・アキュ系、マッキン辺りかな。ただパワーメータになってないのが
    多くて残念ですね。ピークメータになってたら言う事ないのですが・・・。

    くれぐれも腰には気をつけて。

    でわでわ。

    byぶちょう at2017-10-29 02:02

  3. ご無沙汰しております。

    当時(今でも?)は、オーディオ界では、テクニクス(ナショナル・パナソニック)は、アンチが多く、敬遠されるメーカーでしたので、そこそこ売れているけど、表に出てこない機種が多いですね。

    性能的には、滅茶苦茶高度な、自然な音なんですが、デザインが地味で、音の主張もないので、それが「ツマラナイ、味がない」と、批判されていました(残念)。


    使ってみると、良い機械なのですが・・・。

    byおっさん at2017-10-29 10:49

  4. ご無沙汰です。

    当時の国産高級機には確実にメータがついていましたよね!
    それが音に合わせて振れるのがとても楽しくって見とれていました。
    各社こぞって、大型メータをうたい文句にしていました。

    照明が点かないのは、修理してしまいましょう!
    今時は、LEDに換装することで、色々な色調を楽しめます。

    電源系は、ケーブルを含めあまり豪華にするとバランスが悪くなると思います。
    当家のプリで色々と試してみましたが、オリジナルが意外にもベストだったりして?

    ナショナルも好きだったけど、テクニクス懐かしい響きです。
    いっそ、4台まで増やしてしまっては如何?

    by at2017-10-29 12:07

  5. こんにちは

    私も、アンプのメーター、大好きです。

    ただ、歴代の使用パワーアンプが、Luxman M06α、Sony TA-NR1、Yamaha B-5など、なぜかメーター無しが続いたので、Luxman M10にした時は音よりメーターで感動しました。確かに、ご飯三杯いけます(笑)。ただ、メーターのランプが切れた時は、落ち込みますねぇ。私も一度修理しましたが、「早く元気になって帰って来いよ〜」(超大げさ)と、入院していくのを見送ったのを覚えております。やっぱり、「メーター付き」は擬人化しやすいのかも・・・。テクニクスのメーターも精密感があって美人さんですね。

    byOrisuke at2017-10-29 16:12

  6. ニッキーくん

    ちょいとご無沙汰です。

    実は私、テクニクス通!! 初めて買ったコンポはテクニクス。 スピーカーにプリメインアンプ、レコードプレーヤーは気が付いたら皆、テクニクスでした。 まぁー コレが最初で最後だったんですが(笑)それでも生まれて初めて試聴をして選んだコンポですから思い出の深さは尋常ではありません(⊙⊙)

    その後、SBーM10000を聴いた時は感動したな~ アンプも豪華絢爛!! テクニクスが衰退する中でSL1200シリーズが活躍していたのは嬉しかったです。 そして今、復活のTechnics嬉しい限りです。

    そうそうメーターでしたね(笑) ONKYOもメーターが歴代の代表格。 私のニッキーくんくらいの時代は、こんなアンプの全盛期! すべての国内ブランドがこの手のアンプを生産。 皆、メーターがあたり前田のクラッカー! 各社には色があって(音色じゃなく本体色)それで見分けていましたね。

    ただ今、ようやく所定の場所に収まり、昨日は午後中聴き入ってしまいました(^-^)/ 時々近づいてはメーターを眺めたりしてね(笑)

    byアコスの住人 at2017-10-30 14:46

  7. ぶちょうさん

    そっそっそんな事言わないで (*゚-゚)

    売り手の詳細は分からないのですが、梱包の状態を見る限り愛を感じました(笑) 外観も最高にキレイですし18年も経過してるとは思えない状態です。 写真では確認致しましたが… なにせ十八年ですからね。

    機械モノですから経年劣化は避けられません。 その時はその時で考えて(笑)しばらくは視覚的にも楽しみたいと思います (^O^)

    前の日には立ち仕事でラックの改修、昨日はアンプの引越しと腰には疲れが溜まってきてます。 今朝はいつもの時間に目が覚めなくて「あっ!!疲れてるな~」と実感してます。 薬飲んだ方がイィかな~~~(^O^)。

    ありがとーござい〼。

    byアコスの住人 at2017-10-30 14:59

  8. おっさん ご無沙汰しています。

    私にはおっさん=SBM1000なんで、テクニクス話には出て来るだろうなーと期待していました(笑)

    ウチの様な田舎では松下ブランドは絶対ですね。 何をとっても価格が上な松下ブランドですが、それは「安心料金」も含まれている事を指していますね。

    オーディオに至っては可もなく不可もなくでしょうが、レコードプレーヤーに関しては世界を席巻した優秀機が多数ありましたね。 1200シリーズは有名過ぎですが(笑)リニアトラッキングも一規格で終わらせなかった優秀機ですよね。

    テクニクスは家電メーカーのオーディオブランド部門で終わらせること無く、一ブランドとして画一させたのは立派でしたね。

    私には個性もあるし、良いデザインに写っていますよ(笑)

    多くのブランドが潰れた様に、AVへの転嫁、扱い方が失敗した一つの典型例ですね。 とっても残念ですが、日本を代表する企業ですから、今後も頑張って頂きたいです。

    byアコスの住人 at2017-10-30 15:17

  9. 昌さん

    メーターなんて、所詮飾り物で、取説には「メーターを見ながら、スピーカーの許容入力以下で聞きましょう」と書かれていても、ソンナ奴は居ませんよね(笑)

    昨日も数時間A3000でSXV1Aを鳴らしました。 プリのヴォリュームは12時くらい、メーターを見ると20wくらいでしょうか? SXは4Ωでちょい鳴らし難いのですが、優しい音を奏でてくれました。

    DENONは私にも直せますか? 時間がある時に分解してみますね (^-^)/

    byアコスの住人 at2017-10-30 15:28

  10. こんにちは、アコスさん。

    私が、生まれて初めて単品コンポの触れたのは、小学生の時で父親のテクニクスのセットでした(型番失念)。

    これがまた、当時の私には、目が覚めるくらいの良い音でして、中学に入学したばかりのときに発売されたばかりのCDラジカセを父親に買って貰いましたが、上記テクニクスの単品コンポとの違いに驚いたのも良い思い出です。

    その後、90年代(大学時代)に再びオーディオ熱が再発して、現在に到るわけですが、テクニクスのバッテリー駆動プリアンプSU-C1000、SBM1000、ダイヤトーンのDS205,サンスイの907、ビクターのSX-V1とか、今見ても欲しい製品が沢山ありました。

    大学生のバイト代では購入できませんでしたが、この頃の製品には未だに心惹かれるものがあります。
    アコスさんもお持ちのSX-V1、オーディオフィジックのブリロン1.0、アコースティックエナジーのAE2sig、ソナスの初代ガルネリ・オマージュ、この辺りは今でも欲しいスピーカーです。

    しかし、今、確認するとマホガニー製のSX-V1が約15万円。
    当時は、もの凄く高額で買えないと感じたものですが、今から考えると、かなりのバーゲンプライスですね。

    この20年ちょいで、大卒初任給は、さして増えていないのに不思議な話です。
    ネットで私が20数年前に入社した会社の初任給を確認したところ、当時から月額6050円だけ増額してます。
    オーディオ製品も、このくらいの増額幅に止まっていたら良かったんですが・・・

    bykaku18 at2017-10-30 17:17

  11. Orisukeさん

    メーター好きな方が多くて嬉しいですね。 オーディオって武骨な物が多くて見た目で惚れるってことは少ないのですが、音が良い(気に入る)とだんだんと容姿も良く見えてくるものです。 逆に容姿が良すぎると音を聴いてガッカリしたりもします(笑)

    アンプにメーターがあれば華々しくも見えますしね。 のっぺらぼうのアンプも沢山出ていましたが、最初から選択肢からは外しました(笑) 今回の偶然の出会いです。 音の方は長年のカンといいましょうか、ブランド力を信じて買ってしまいました (^O^)


    見てるだけで嬉しい限りです。 ほんと美人さんですね。 和服が似合う和装美人って感じですね。

    byアコスの住人 at2017-10-31 15:26

  12. アコスさん

    私もメーターの美しいテクニクスのSE-A7000を使っていました。バッテリードライブのプリアンプSU-C7000と合わせて、きれいな音色を奏でておりました。

    おっしゃられているテクニクスの「安心料金」、わかります。
    修理中も音楽が聴けるように、同機種のSE-A7000を貸与していただき、修理後もバイアンプ駆動を楽しんでくださいと、数か月間楽しませていただきました。保証期限が多少過ぎていての対応でした。

    その後スピーカーがダイアトーンからインフィニティーに変わり、バイアンプにした際も駆動力不足であったため、ゴールドムントを経て、現在のレビンソンに至りました。

    しかしながら、松下の対応は冷蔵庫等でも良かったので、我が家の多くの家電が松下ブランドです。

    byもろこし at2017-10-31 23:02

  13. もろこしさんへ

     レスありがとうございます。

    今ここにTechnicsが在るのは本人が一番驚いています(笑)

    メーターランプが光らない!と言う我儘な理由で探していたら出会って仕舞いまいました。   時々BDプレーヤーが不調を来す時が合って、安く出てた旧モデルを買おうかと迷っていたのですが、まだまだ使えそうでしたので、これはお蔵入りとしました。  それもあって(お金もあって(笑))A3000は手に入れる事が叶いました。 今も同年(世)代のVictor(SXV1A)とYAMAHA(YSTSW1000)とペアで気持ち良く鳴っています (^_-)  大事に使いたいと思います。

     A7000も素敵なアンプですよね。 黒いフェイスのアンプだった頃は只々憧れの存在でした。 シルキーゴールドのこの時代は一番輝かしい時代でしょうかね。 SB-M****シリーズのスピーカーも好きでした。 M10000を数台のパワーで駆動してたのは壮観でした。  音は正に美音! 日本の美を奏でる最右翼的な存在でしたからね。

     今友人がパナショップに勤めています。  彼とは量販店時代の同僚で、その時は未だ日本ブランドはイケイケの時代でした。 よって各社には得意部門が有って、強いて言えば松下は無難に平均点を若干上回る存在でした。 家を建てた10数年前は未だそんな状況だったので自分なりに考えた「得意」を導入したつもりでしたが・・・ 

     今後、大きなモノの入れ替えは彼を頼る事になりそうです。 一時は松下も危機に陥りましたが、上手く回復してくれました。  SもTも既に先行き不安。 HもMもグループ内での存続であり起死回生は無いでしょうから・・・   AV関連ブランドも統合が花盛りで5年後10年後にはどうなっているやら・・・

     まぁ-  今を楽しむ事にします。

    私的には 早くスピーカーを替えたいな (笑)

    .

    byアコスの住人 at2017-11-01 12:53

  14. kaku18さん

     同世代ってイィな~~  言ってる事 み~~んな分かります。

    当時は指を咥えて雑誌を眺めていただけでした (*_*)

     小型スピーカーはインパクトのあったモデルを多数上げて頂き、ホント懐かしいです。  Victorのコレは、実のトコロ先代のSX-V1を買うつもりでいたんですよ。 これはオーディオフェアの別室(ホテルの一室)で聴いてトテモ気に入りまして、いつかは欲しいと思っていました。 V1Aの登場を知って旧モデルのV1「安く成らない?」と営業マン(当時の私、量販店勤務)打診したら・・・ 「う~~ん、価格は新型とあまり変わらないし手元には無いんですよ」って。  メーカー在庫は既に底をつき(そもそも生産数も少なく、かなり前から調整に入っていたらしい)有力店の在庫しかないとか。  もう買う気満々だった私だったので「じゃー 新型でイイよ!」と言う事で今に至っています(笑)

    それと購入ギリギリまで行ったのは、TANNNOYのオートグラフminiとYAMAHAのClassic1と7ですね。 特にヤマハのCl1は大のお気に入りで店に展示すると自分で決めて(笑)しばらくは自宅で聴いていました。(特権!) 幾度か買換えのチャンス(中古で見つけた!)もあったんですが、V1Aとの別れも辛いので今に至っています。  適価で買い取ると言ってくれる人が居れば「ハイ」と言って仕舞いそうですが(笑)一般下取りの値段じゃ可哀想過ぎですから普通には手放さないでしょうね。  

    Victorも事実上オーディオとは決別ですから寂しいですね。  多くの国内ブランドに言える事ですがAVとの関わり方の失敗が今の状況を生んだ様に思えます。   DVDの登場とデジタルサラウンドへの参入で躊躇したブランドが今は消えちゃいましたからね。   技術云々ではなく、経営サイドの先読みのミスでしょうね。   とっても残念です。

     

    byアコスの住人 at2017-11-01 13:42

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする