アコスの住人
アコスの住人
動画24. 2018年9月13日撮影 https://youtu.be/s7yCVz7Rhdc サラウンド(リア)スピーカーに4319(中古)を導入 リスポジを2ウェイに。 V系は200mmほど…

マイルーム

 2018年4月の現状
 2018年4月の現状
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン130型以上 / 8ch以上
2018年4月現在の様子。 2018年1月よりスピーカー変更に着手 Nautilus801からJBL4365に変更 それもスタック仕様として・・・(無謀) センタースピーカーは不動の4…
所有製品
  • スピーカーシステム
    JBL 4319
  • スピーカーシステム
    JBL 4365
  • パワーアンプ
    TECHNICS SE-A3000
  • HD DVDレコーダー
    TOSHIBA RD-A300
  • BDプレーヤー
    DENON DVD-A1UD

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り製品

日記

ウーファーを増し締めた! いィ感じ (^^♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年04月12日

前回はお騒がせ致しました m(__)m  

多くの方からご意見やアドバイスを頂き、改めてココPhilewebの素晴らしさを実感しています。  持つべきものは友であり仲間ですね。

そして コレ(締め)を実行に移すべきアイテムを入手いたしました。(by amazon)

SK11シリーズの SDT3-030です。 ¥13.450- 高いか?安いか?は微妙なラインなのですが、今作業を終え素直に・・ 「買って良かった!」です。

↑ 化粧箱。 能書きが色々と記されている・・
中央 ハード収納ケース。  一応、精密機器扱い?
↓ ビットのセット。 ここにはお目当てのサイズは含まれてはいないが、一通り有ってもいぃんじゃね~と言う事で。  ¥2.358-
そして絶対必要な5/32インチ。 ヘッグスビットと言うらしい。


作業風景や使い方も残そうと思ったのですが・・ 作業に夢中で忘れちゃいました(笑)  動画が有ったので見て下さい。  チャリの調整ですが・・(チャリなどと言ったら怒られそうですが・・(笑))
https://www.youtube.com/watch?v=X-M7vffNDKg


それで懸案のトルク値なのですが・・・ 正解が見つからず右往左往していたら最後にJEFFさんから有意義なアドバイスを。  それは2.49N・mと言う物でした。 4365に対してのデータではないのですが、同じJBLのデータですから目安にはなるでしょうと・・ 色々と注意書き付きで頂きました。


 手始めに これも酷使してる4429でお試ししてみました。 このウーファー部も8本のボルトで固定されています。 4365との違いは「+」のドライバーであると言う事。  セットを買っておいて良かった (^_-)

普通のドライバーでは固く締めたつもりでもSK11で締めると軽く動く(締まる)。  設定数値を2.4にして締める・・・ 「なるほどコンナ感じね」  2.4で締めた後、ドライバーで確認するとかなり固めになってるのを確認。 適性なのかは分からないが、全てのボルトが同じ(ほぼ(笑))トルクで締められた事は事実である。 (^_-)-☆

続いて本番!

2.4はそのままに恐る恐る回す。。。。  30°くらい回したトコロで手応えと緑点灯。 そして赤点灯・・・  いいぞいいぞ。
これを対面のボルト、対面のボルトと締めました。 3回繰り返して均一になる様に・・・
ココでの発見は・・・ 緩み方に「バラつき」があったと言う事実。  ボルト数にて32ヶ。 ほぼ動かなかったのは1ヶ所のみ。 30°~45°くらいが一番多く、90°や180°、一周の360°もありました。  まぁー 出荷したまんまでこー成っていたのか? 途中で誰かが増し締めしたのかは分かりませんが、この作業により全てが均等に締まったのは確かです。 
まぁー 工具がレンチに比べると大きいので締めればもっと締まって仕舞うので(***の原理なのでしょう、レンチでは力いっぱいですがSK11では余裕)、事前にトルク値の目安が分かっていたのはとても有り難かったです。 JEFFさんには感謝感謝です。

で、結果ですよね。 締めたらどうなった??  変わった?? 

自分的には変化が無くても了承の範囲でした。 緩んでいるかもしれない物を、シッカリ締めて、それも均等に締めれたんですから・・・ 精神衛生上この上ない至福感です !(^^)!

ところがです・・・ これはヤバいですよ 皆さん。 
最初は声を聴いて・・ ん? 静かに成った??  定位の方はシンメトリーな配置を追求した事で、4365のユニットから発せられてる感じがしなく、4429もしくは その上のTVから聴こえる様になったんですが(笑) 口がググッと小さくなった感じ。
静寂性とリアリティが増して怖い・・・
じゃー 「ドっかん」は?と言う事で定番CDから
THE DAVE BRUBECK QUARTETのTIME OUTより

3曲目 TAKE FIVE
FOURPLAYのTHE BEST OF FOURPLAYより

5曲目 Chant
前者は50年以上前の録音だが生々しさは特筆出来るアルバム。 後者は今どきと言えるがChantは出だしからイケイケの高録音。

両曲とも大音量派の者には定番のモノだが・・ N801の全盛期を上回る鳴りに背中ゾクゾクでしたよ(笑)  スピーカーを巨大化にした事で、ある程度は諦めていた節があったのですが・・・ それが払拭されました。  N801の良さを引きずって(笑)更にその上が聴こえてきた感じです。 

トルク値の管理までが必要なのか? この辺りは微妙なのですが(笑)『均等』と言う事で精神衛生上の有難味は確実に向上しました。  まぁ- そうは言っても バラバラ過ぎたトルクチの方が問題だったのかも?(爆)

購入したSK11の SDT3-030はこのシリーズの中でも最小値の物。 トルクの測定範囲は1.5~30N・m。  売れ筋のSDT3-060は3~60N・m。 コッチの方が遥かに安い・・ 危なかった(*_*)。  まぁー スピーカーユニットの締め付け様に買う者はそーは居ないんだろうが(笑) 

でも、次に日の目を見るのは半年後?1年後?だろうね・・・ 誰か使ってみたいかな? レンタル業でも始めようかな?(笑)  ウソウソ・・・


 大成功の巻!  でした。。。  ヽ(^o^)丿

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. アコスさんこんにちは

    トルクルレンチ導入おめでとうございます。
    2.49という目安がわかって良かったですね。
    私の予想より少し堅かった、よくなって良かったですね。

    私もマルチチャンネルの仕様書を読んで、良く分からず試していたら
    書いてあることの意味がわかり、映画がとても良くなりました。
    観せることが出来ないので、自己満足ですがね。

    うちのスピーカーは、エッジがネジ穴を隠していて
    増し締めができないんですが、どうしたものだろう困った。

    byrabbit_yuho at2018-04-12 15:04

  2. こんにちは

    なるほどー、適正トルク値は使用箇所やボルトサイズで違うのでメーカーに提示もらえない以上は把握できませんが、むしろ「均一化」の方が重要かもしれませんね。それにはもうこれを使うしかありません。
    そしてトルクレンチがアマゾンで売り切れ続出!?なんてね(^^)

    byにら at2018-04-12 15:40

  3. アコスさん こんばんは 

    やはり びったし締め付けトルクが 合うと 違ってくるのでしょうかね。 私は L型レンチで 手の感覚で 締めることを教えてもらったので それ以上のことは しなかったのですが やはり数値で 均一にすると 違うんでしょうね。

    私も チャレンジしてみます。 どれほどの違いが有るか?

    楽しみですね。

    byX1おやじ at2018-04-12 17:39

  4. yuhoさん

     トルク値の目安があったのは大きな利点でした。 ほんとJEFFさんには感謝です。

     サラウンドは配置と調整次第です。 配置がいい加減でも自動調整すればある程度の結果は出てきますが、テキトーな配置では出てくる音は違ってきます。 機械では判断出来ない異なった音。 

     よってコレが良く出来た環境では、サラウンドの出来は素晴らしいですね。

     努力努力ですよ。  (^^♪


    にらさん

     そうですね~~ 適正トルク値は教えてくれないので(私は責任を放棄してると思う) 合わせる事を本意にして行いました。

     緩んでいるであろうは想像の域でしたが、各ボルトがここまで違っていたと言う事は驚きですね。  普通に締めればソレで終わったかもしれませんが・・・ トルクレンチを使う事で、均一にそして適正に近く?締めれた事は大きな収穫でした。 そして結果が出た様なので・・ 嬉しくてたまりません。 (笑)

     売れ切れなんですか? それはないだろうな!(笑)  まぁ-オーディオ的なアクセサリーとして考えれば、そんなに高くないかもね。


    X1さん

     ハンドパワーがあると良いのですが・・・ 力はあっても感覚は鈍いんで(笑) レンチはサイズでその大きさが決まりますよね。 4365のは5/32インチ。 どちらかと言えば細い部類。 これでは力が入り難い事も今回分かりました。 しっかり締めたいなら適切な工具を使う事も大切だと言う事も学べた! 

     緩んでいる事も問題だが、均等じゃない事も問題だろうな?と数値を出した事で分かった収穫でした。

    byアコスの住人 at2018-04-12 22:16

  5. アコスさん、こんばんは。

    良好な結果おめでとうございます。

    PAスピーカーのJBL VRX932LAのマニュアルを貼り忘れていたのでこちらに貼っておきます。

    http://www.jblproservice.com/pdf/VRX%20Series/VRX932LA-WH.pdf

    全ての機種に詳細なTechnical manualが有れば良いのですが、JBLでもシリーズや機種によって統一されていないようで必要な情報が得られないことが多いですね。

    これから作業される方への注意事項ですが、コーン紙保護のため段ボールやプラスティック板でウーファー径の円盤を作って養生テープ等で固定し、ヘックスビットに左手を添えて滑らないようにしましょう。トルクドライバーよりトルクレンチの方が安全です。

    byJEFF at2018-04-12 23:46

  6. トルクルレンチになってた
    トルクレンチなのに
    トルクスレンチをトルクルレンチと呼んでた癖が

    サラウンドが大きく感じて、資料みながら調節したら
    読み間違い設定に、だけど、その方がいい感じ。
    部屋が狭いのと等間隔ではないのが、問題なんだと思う。
    キッチリの方にしましたが、違和感は当分続きそうです。

    byrabbit_yuho at2018-04-13 03:03

  7. JEFFさん

     お世話になりました m(_ _)m   やり始めると、難しい作業ではないのですが、色々な発見もあって、工具まで買え揃えた価値があったと思いました。

     そー言えば あのユニットはどう固定されてるのかな?(所有してる他のスピーカー達)とか気になったり(笑) まぁー今は 結果が出たので、色んなソフトを見聞きしていきたいと思っています。

    本当に ありがとうございました。


    yuhoさん

     okですよ。  大した事じゃありません (^_^)/

    自分の好きに合わせちゃうと、本来ソフトの持つ音場の考え方が出なくなりますし、重箱の隅をつついてばかりでは疲れます。  信号音(調整用の雑音?)を聞きながら自分の耳を信じて合わせるのが一番です。

     今のサラウンドは、センターを中心に構成されていますから、フロントスピーカーとサラウンドスピーカーに大きな違いがあると違和感が生まれます。  重視するならセンタースピーカーであり、他はシームレスな展開が出来る様な同一スピーカーを揃えるのも一つの手段です。。

     ステレオ再生とサラウンド再生、どちらに重きを置くかにもよりますね。 共存は難しいですから・・・

    byアコスの住人 at2018-04-13 07:05

  8. アコスさん、おはようございます。

    まずは均一になって良かったですね。

    動画をみましたが、最初の画面がほにゅほにゅと登場しとうとうアコスさんも映像加工の技を身に着けたのかと思いました。

    byふかひれ at2018-04-14 06:42

  9. ふかひれさん

      おはようございます。。  投稿の翌朝は必ずふかひれさんのレスを頂けるので楽しみにしています。

     あんなレンチを買うのも使うのも初めてなので、事前調査?の中であの手の動画も見つけました。  トルクがあるタイプだと自動車とかバイク。 弱いタイプでも自転車(と言っても趣味の領域の高そうな・・・)が精々でしたが、なんとなく使い方は見えてきました(笑)

     カチッカチと力がそれ以上かからない、いわゆるトルクドライバーでもと思っていたのですが、「デジタル表示、イィジャン!」と思いコレ買っちゃいました (^_^)/  ユニットのボトル的には強固に締まってはいるのですが、トルクレンチ的には数十分の一のパワーだけ(笑)  締めるのにはこの形状がベストですが、勘で締めたら一発でボルトが逝ってしまうでしょうね(笑)   ソレもあってトルク管理の重要性が身に滲みました。  

    スピーカー酷使のふかひれさん、ユニット緩んでるかもしれませんよ (-_-;)  均等じゃないかのしれませんよ~~??

    byアコスの住人 at2018-04-14 07:35

  10. アコスさん

    miyaです。
    自分の日記が少しでもお役に立てたようで、とても嬉しいです。
    というか半月遅れでの超亀レス、すみませんm(__)m

    私はオーディオによって奏でられる音楽が人の心にどう響くのかは聴く人の心の状態にも大きく依存するのでは?と思っています。
    ですので、こう言っては身も蓋もないのかもしれませんが、私も実際に帯域劣化の解消のように所謂音質が向上したように感じたのですが、それ以上にアコスさんのおっしゃっていた「『均等』と言う事で精神衛生上の有難味は確実に向上」という部分が実は一番大きな効果なのかなぁと思っています。

    これからも少しづつでも、より自分の心に響く出音を目指してオーディオを愉しんでいければと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

    bymiya at2018-05-03 20:29

  11. miyaさん

     ご丁寧にありがとうございました。

    スピーカーユニットの増し締めなど昔から行ってる事なんですが、今回miyaさんの日記を見て「管理」もしてみようと思いました。

    分かった事は今までの締め方が如何にテキトーだったか?と言う事。 小さなスパナでは満足に力が入らなかったと言う事も分かりました。  と、色々と勉強になりました。

     強いて言えばJBLが適正トルクを公開してくれれば良かったのに(笑)

    byアコスの住人 at2018-05-03 21:49

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする