アコスの住人
アコスの住人
動画25.2019年5月4日に撮影 https://youtu.be/yX_MNr9ycKw 新規に UDP-LX800/TH65GX850/CX-A5200。  TV視聴用(1.5h~2h)ポ…

マイルーム

 2019年5月の現状(令和元年5月)
 2019年5月の現状(令和元年5月)
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン130型以上 / 8ch以上
2019年(令和元年)5月の様子です。 この1年で変更があった部です。 サラウンドスピーカーに JBL 4319を採用(以前はBOSE 464) サラウンドバックスピーカーに …
所有製品
  • 液晶テレビ/ディスプレイ
    PANASONIC TH-65GX850
  • プリアンプ
    YAMAHA CX-A5200
  • BDプレーヤー
    PIONEER UDP-LX800
  • スピーカーシステム
    JBL 4312SE
  • スピーカーシステム
    JBL 4319

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入り製品

日記

再始動 7.何故5200なのか? どうして8802Aを捨てたのか?(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月20日

桜の便りがようやく我が地にも・・ 暑くなるのも時間の問題ですかね (*_*;

Newモデル CX-A5200が入荷してからひと月と半余り・・  段々と分かって参りました。 次々と???が多発して(笑)納得と解決?の繰り返しの日々です。

基本的には「良」への変わり様なので問題はありません。 まだまだ発展途上中ですが高過ぎるCPが最高です。

では何故? 充実したAV8802(A)との蜜月に決別を告げたのか?  先代のAVプリVX-700(accuphase中古品)でAVアンプの呪縛から解放されて 充実した日々を送っていたものの AV機器の一気の進化に 流石に10数年前のモデルでは対応しきれずAV8802(A)への買い替えとなりました。
 atmosは設置のハードルが高く またソフトの行く末が心配だったので アマリ乗り気ではなかったんですが ちょうどAV8802Aが発売されるタイミングで 旧モデルであるAV8802がバージョンアップされ かつ処分価格と言うありがたいタイミングが重なりました。  確かに、あの時でもYAMAHAの選択肢もあったんですが atmosは対応待ちだった期であり(ヤマハは最後発) どうせならと当時は唯一のatmos対応のプリであるAV8802(A)に決めました。 その後のatmosへの対応は予想以上の大変さがあり 数か月に及ぶ大改修となりました。


買い換え・・・  事の発端は4kTVを導入して仕舞った事が一番の要因です。

 少ないですがUHDBDも何枚か所有しています。(atmosや3Dソフトとの抱き合わせ販売が原因) サイズは65インチですが近接視聴(推奨1.5h 実際は2h程度)なら没頭出来る大きさ。 リアル4Kは初体験だが「本物は違う!」を実感。  TV内蔵スピーカーもまんざらじゃないが・・・ ちゃんとした(笑)スピーカーで聴くサラウンドは格別です。  だが問題が・・・ スピーカー配置と調整は150インチの指定ポジション、スクリーンからは約4.5mの位置が指定席。 TVでの視聴ポジションは 其処から2.5m前方です。  位置がコレだけ違うとサラウンド感はボロボロです。 各スピーカーへの距離も違えば音量も違う。 これではお話にならない・・(@_@。   そんな愚痴をこぼしていたら「YAMAHAなら出来るよ!」と天使とも悪魔とも言える囁きが・・

 TACKAさんから。 自身の知識の中には全くなかった情報だったので 感謝感激雨霰・・・ですよ !(^^)! 

昨年来のJBLの4365の購入を発端に購入が続いていて懐事情は大変厳しいモノの・・ この新(真)2ウェイポジションスタイルに突き進む事としました。 

一方 AV8802(A)には 私、個人的に「ん??」と思える点がいくつかあって これをプライスタグから考えると「ん?」が「ん"ん"??」と思える程な残念な点がありました。 普段は気に成らないものの やはり気に成る点でありました。。  
**AV8802/Aをご使用中の方も居られると思いますが あくまでも私、個人の感想なので このモデルを否定するものではなく また他のマランツ製品の事は全く私は知りません。

1). やはり Audyssey。  距離の測定や位相のチェックは無難な結果を出すものの、音量合わせが意味不明。  先ずはSWの音が「デカイ!」と出鼻を挫かれる。 「どこまで下げればいいのだ?」ってくらい下げさせられる(笑) 最後にはパスした! 次に音量測定後の結果である。 全てが-(マイナス)。 全てがですよ・・ 
(これはちょっと古い写真です)
それってヴォリュームを下げたのと何が違うの?(この時点で怒ってる) 例えば何か一つでも0(ゼロ/増減なし)ならば コレを基準に合わせているのだと納得が出来なくもないが・・一体何故だ!  と、質問してみたら「仕様なので」byメーカーと あっけない返事(当時)が 自社の物じゃないAudysseyだからなのでしょうかね。。 そんな回答でいいの?って不信感 大!
 後ほど分かる事だが Audysseyは基準となる音量があり これに対して増減を行う方式らしい。 正直よく分からないが(笑)一体型や純正の組み合わせのセパレートなら 分からなくもないが・・・ 音量ですよ! パワーアンプやスピーカーの性能・能力が色々なんだから その発想で良いの?? 
 私は-10dB~0dBのヴォリューム位置で視聴出来るのですが あんなに各スピーカーを-(マイナス)設定をするのは このヴォリュームの位置と関係あるのかな?(笑) なるべく大きなヴォリューム位置で使わせたいと言う配慮? 
 因みにフロント左右に4365×2仕様になった後は-12dBの測定結果。 後で知った事だが-12dB以下は無かった様だ。。。 って事は「本当に正確なの?」って愚問も(笑)

  まぁ- この仕様に対しては メインスピーカーであるセンタースピーカーを0dBと増減無しにして 各サラウンドスピーカーは その差を+方向へと増やしていました。 後は聴感で微調整・・・。  
 また8点(最大)での測定も意味は有るのか?  メイン地点からの600mm以内でと・・ 距離測定はこの成果なのか?(笑)かなり正確だったが 音量調整(合わせ)の結果がアレではう~~ん・・・ 

2). 本体操作のセレクターの触感が・・ イマイチ。  クリック感触がほとんどありません。  実使用ではコレに触れる機会は少ないものの たまに触ってみると 安っぽさが顕著に分かる。  あの価格設定だけに気に成るトコロだった。

3). ヴォリュームの精度?  ヴォリュームの範囲は-79.5dB~18.0dB の範囲で表示されます。   確か-50くらいからカスカに音が聴こえ始めて来ます。 それ以下では何も聞こえない(@_@。 そして-20くらいから一気に上がる感じですね。  ヴォリュームカーブと言うのでしょうかね?  かなり急激に上がるイメージです。  この感触も 値段を考えると・・ なのですがね。

4). かなり熱を持ちましたね。  これは大した問題ではないのですが 奥行きを少なくしてラックに収める難易度を下げたモデルの割には・・・ あの発熱量はチョッと問題では? と、感じていました。


 まぁ- この辺りが 他のアンプ(と言っても選択肢は2択。ヤマハとインテグラだけ)にいつかは!と、思っていた要因ですかね。  とは言っても4kTVが来なければ有り得なかった事ですがね。

 音質・サラウンドに関しては大満足な逸品であった事と ロスレス・HDMI対応機としては 何一つとしてトラブルが発生しなかった 優秀なモデルであった事を最後にご報告して 終わりに致します。

 次はCX-A5200の良い点と 時々見せる ん??な点を綴りますね。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. アコス さん こんばんは

    安いYAMAHAのAVアンプですが、やな所全然有りません。
    強いて言えばディスプレイ表示を消させてほしい位です。
    ボリュームはアニメを見る時は-18db-23dbくらいでみてます。

    また買うとしてもYAMAHAを買おうと思います。
    DSPだって擬似的にだけど、とても良くなってますし。
    良いもののような気がします。

    byYuho... at2019-04-20 00:37

  2. ご無沙汰しております。

    最近買ったのが、ヤマハのネットワークプレーヤーS303。

    外部DAC使えば、S2000と遜色ないですし(ヤマハの最新と最古参の比較・・・笑))、アナログ出力でも、若干、小さくまとまる感じがあるが、ヤマハサウンドは、健在。

    ヤマハサウンドは、DSPのチューニングに、若干癖があり、ハマル人はどっぷりハマる。

    向かっている方向は、若干違うけど、ラックスマンにも、通じる部分(シンパが存在する)でもあるかな・・・。

    byおっさん at2019-04-20 11:31

  3. アコスさん こんにちは 5200ですか うらやましいですね。私のほうは5100でレクストのアクセサリーでバージョンアップを図っています。5200は田舎なのできく機会がありませんが今のところ満足しています。東京なら聞く機会もあると思います。またいろいろ教えてください。

    byELVIS at2019-04-20 18:35

  4. 私は5000を使っておりそろそろ5200に替えようと思いますので、レポートの続編を楽しみにしています。気になるのはこの秋に8k対応機種が出るのではないかということで、ヤマハの回答では今のところその予定はないとのことでした。地産地消ということでyamahaを使い方続けていますが、音の線が細いのが・・・・・

    byトム at2019-04-21 01:45

  5. アコスさん、おはようございます。

    マランツは8点測定している割に各サラウンドSPの角度による調整をしていないようですが、5200(5100から)は角度調整をしているようですね。
    この点がすごく気になっています。

    4)の熱の問題は8805では解消されています。

    続編希望

    byふかひれ at2019-04-21 05:04

  6. Yuho・・・さん

    ヤマハはお久しぶりの使用なので「おーーー!!」と感動が多いです。 まぁー あの当時とは全然違う中身(一部は同じ)が違うので戸惑う事も多いのですが、楽しくやっています。

    ディスプレイは最も暗くしてもアウトでしょうか? お持ちのアンプには「ピュアダイレクト」(確かこんな感じのモード)はありませんか? ウチのはコレで真っ暗です。(笑) ソレが叶わない時にはフィイルムでも貼りましょうね!

    ヤマハは今、唯一 元気のあるブランドでしょうね。 悪い噂も聞きませんしね \(^o^)/

    byアコスの住人 at2019-04-21 13:35

  7. おっさん ご無沙汰ですね (^0^)/

    ヤマハはコレッ!と言うモデルは無いと思っていたら、ココ最近の#5000シリーズは素晴らしいですよネ。 とは言っても一朝一夜で出来る訳もなく、何十年にも及ぶ継続がアレを生み出したんですよね (笑)

    D.Dスタート時からヤマハは数世代使い それ以来のYAMAHAです。 嫌なイメージも抱いていましたが それは今 払拭されています(笑)

    しばらくは使う事にあるでしょうね ∑(๑º口º๑)!!

    byアコスの住人 at2019-04-21 14:23

  8. ELVISさん

    ステレオ再生は追求のしがいがありますが、サラウンドは考えようによってはもっと不味いですよね (º_º)

    スピーカーの選択から その設置、そして調整。 何が不味くても完成度は下がります。 だから楽しいかもしれません(笑)

    そこに映像が絡んできますからね・・・ 苦しみも倍増だ (爆)

    楽しみましょう (^0^)/

    byアコスの住人 at2019-04-21 14:32

  9. トムさん

    5000は atmos等未対応でしたよね。 ヤマハは従来のYAMAHA流のスピーカー配置でも立体音場が満足に出来る様にしてから5100を出して来ていますから、その差は感じられると思いますよ。 5200は更に上を行ってると5100ユーザーの多くが言っていますから間違いは無いと思います(笑)

    どこもアナウンスはしていませんが、BS4kのMPEG4AACの対応はどうなるんだろうネ? ましてや22.2ch!! コレをどーにかして7.1.4に叩き込んで欲しいですね。 この案件は 水面下で詰めているのか? 全く進展していないのか・・・ 配信の方は DD+でもatmosを簡単にやってのけている。 放送はAACに拘りすぎなんじゃないのかな?

    どちらにしても 答えが欲しいですね (^0^)/

    byアコスの住人 at2019-04-21 14:50

  10. ふかひれさん

    AUDYSSEYの8点測定は謎のままです。 一方、ヤマハはシングルとマルチ測定の線引きは ちゃんと表現しています。 私はマルチの必要性は無いと感じてシングル測定です。

    ヤマハの3次元測定?は中々な出来です。 ハイトスピーカーの高さの位置(自分からの高さです)と、フロントとリア、エフェクトスピーカー(トップの奴等)の「角度」を測定しています。 距離と音量だけでは ・・・・・・


    後に続きます。 仕事が入りました(笑)

    byアコスの住人 at2019-04-21 15:01

  11. つづき・・

     ハイトスピーカーと言う存在は その位置を明確にする必要がアルと思っていました。  dolbyは トップスピーカーの位置を 指定していますよね。 このくらいの位置に設置して欲しいと・・ しています。

     その位置のデータを元に トップの信号を振り分けている筈ですから・・  よって リスポジから見た「高さと角度」のデータは必要ですね。  ただし あの程度の信号音とマイクで(笑)正確なのかは疑問です(爆)  現に3度測定を致しましたが 全てとは言いませんが ズレが有ります。  それも微妙なズレじゃないところが 悩ましかったりします。  あまり違うのはパスして もう一度しています(笑)  ただ、このメモリー(記憶)に問題があって・・・  この件は 後ほど書きます。


     8805は熱問題解決ですか? プリなのにパワー並みの熱さでしたからね(@_@。  それに比較すると5200は冷たいですね。  一方音は非常にホットですが・・!(^^)!  またパワーのMM8003は あの位置でもファンが回り出しています(笑) トップ専用なのですが轟音をバラ撒きながら冷却していますよ。  まぁ- 再生音がアレですから 気にはなりませんが(大爆)

    byアコスの住人 at2019-04-21 21:21

  12. アコスさん、こんにちは。

    「天使と悪魔」の画像まで!(笑)

    NHKは素晴らしいと思います。再生手段の無い22.2ch放送をするなんて!ヤマハには早急に対応デコードの開発を願います。(できればやっぱりAURO-3Dにも対応してほしいな、と…。)

    いよいよ次回は「ヤマハの落とし穴!」ですか?

    楽しみにしております。

    byTACKA at2019-04-22 17:46

  13. 悪魔さん  誤認・・・   天使の TACKAさん

     レス ありがとうございます。


    なかなか 腑に落ちない事が多くて 大変です。

     それが実際に 操作上の誤りなのか? 設定上の誤りなのか? 問い合わせをしながら進めています。  今までのは 「だったら 一言 書いておいて欲しいなぁ~」って感じです。

    自分の使い方が それほど特殊とは思っていませんが(特殊なのか?) よってTACKAさんは 既に把握されてるカモしれませんが、何処かで誰かが「へェ~ こんな仕様なんだ!」と諦めているかもしれないのでワタシの様に・・・  重箱の隅を突っつく小舅の様に報告をしたいと思います。   こう言う 一言一言が今後の改善に繋がってくれる事と信じて(大袈裟?(笑))

     ps.  まだまだ 使い始めたばかりですが 色々と難点はあるものの A5200の出来は素晴らしいものです。 CPの高さはダントツですよ (^-^)v

    byアコスの住人 at2019-04-23 07:41

  14. こんにちは、アコスさん。

    うちのNR1609(5.1.2ch、但し、ハイトSPは、イネーブルドのエセアトモス(汗))でも、1点測定です。
    6点測定まで出来ますが、時間が掛かるだけで、大して違いを感じないというのがニントモカントモです(笑)
    とはいいつつも、さくっと測定、即、視聴。
    このお手軽さは、本当に素晴らしいです。
    まさか、ここまで電気的補正技術が進んでいたなんて
    8本のSP、耳と手動で設定、したくないというか、一般人には到底無理(汗)

    但し、ここで終われば単なる趣味レベル。
    マニアというからには、もっと上を目指さねば(by妙な使命感)
    どうやら、デノンもヤマハも、アンプ部分で優劣はなさそうなので、興味は、補正部分の優劣。
    オーディシー・YPAO対決、楽しみにしてますね~

    bykaku18 at2019-04-24 04:38

  15. kaku18さん

     おはよー ございます。  あれ? kakuさんも早朝系の方でしたっけ?  まだ暗い時間帯ですよ(笑)

     昔はストレートなデコードに拘りを持っちゃって・・・ それもあってヤマハから離れた様な気もします。  今もそーですが(笑) 音場の処理に種類がアリ過ぎです(爆) 

     ところがです・・・ audysseyは中々な技量を持っていたと感じていて マランツの時もaudysseyの技術による+αな音場処理が一番の好みでした。 まぁー 家庭向きと言う事で 小音量時への工夫やmaxを抑え込む様な処理がありましたが それらは全て無効にしていましたがね(笑)

     ヤマハからデノンに変えた時はTHXの巧みさに惚れましたね。 まぁー ロッシー全盛の時代でしたし 画像もしょせんDVDでしたから 今とは次元の違う頃ですがね(笑)

     atmosや:Xの恩恵は大きくて ロスレス音声と相まって ロッシーでも、2chや5.1chでも 7.1.4への拡張機能は素晴らしい出来ですね。  そこにヤマハの技術が上乗せされて AIと言う 一体何をしてるのか?分からない・・・ 処理でサラウンドを より一掃 美味しく聴かせています。   まぁー テキトーな スピーカー、その配置、その調整では なし得ないことと思っていますが (笑)

     ヤマハの ん?な部分(←個人的な)をただ今手筆中です(笑)  反感はあるかもしれませんが 「オイオイ! これは・・・」みたいな感じな日記になります。  まぁー この多機能AVアンプからすれば ワタシなんかでは 機能の、出来る事の半分も いや1/3も利用していないと思いますが(>_<) ちょっと愚痴りながらの日記になりそうです(笑)  少しでも賛同を頂ければ嬉しいな❗って感じですかね。

    byアコスの住人 at2019-04-24 07:23

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする